1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 肌も黄ばむって知ってました? 「糖化ケア」コスメおすすめ5選

肌も黄ばむって知ってました? 「糖化ケア」コスメおすすめ5選

コゲとサビ

4,522

高見沢里子

cosme_white

「なんだか最近、肌がくすんできた気が……」、「肌の黄みが強くなってきたみたい」と感じているあなたは、糖化ケア適齢期かも。最新テクノロジーで挑む糖化ケア、編集部おすすめの5アイテムを紹介します。

1. 美白もくすみもケアして若見え!

糖化コスメ

エリクシール ホワイト クリアエマルジョン T 全3種 130ml 4,212円(医薬部外品・編集部調べ・税込)

ツヤ玉で知られるエリクシールの美白ラインから、「くすみタンパク」をケアする新処方が登場。美白有効成分・4MSKでメラニン生成を防ぐだけでなく、新たに配合された成分「クリアコラEX」が、肌全体のトーンをにごらせる黄ぐすみを防いでくれます

シミやシワがないのも大切だけれど、「疲れているのかな」といったぱっと見印象を左右するのはくすみ感。コラーゲンケアもシミ予防も、くすみまでケアする逸品は、欲張りな現代女性にぴったり

[資生堂]
※エリクシールお客さま窓口 0120-770-933

2. 一晩で肌がふっくら見違える、糖化ケアのパイオニア

糖化コスメ

B.A クリーム 30g 34,560円(医薬部外品・税込)

肌も含めた体の細胞はタンパク質を主成分からできているけれど、これが糖と結びついてしまうのが「糖化」。炊きたての白いご飯は時間とともに固く黄色くなってしまうけれど、これと同じような現象が肌細胞でも起きているというわけ。

そんな糖化に正面から勝負を挑んだのが、ポーラのエイジングケア、B.Aシリーズ

中でもクリームは、浸透力も保護力もパワフルな「複合ダブルエマルション」処方だから、ガチガチになった肌がみるみる柔らかさを取り戻すパワーが。しっとり潤って、まるで数年前のような素直な柔肌も夢じゃない!

[POLA]

3. 敏感肌こそ糖化ケアを! 業界に一石を投じた美容液

0decncia4

ディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレート 36g 8,100円(税込)

甘いものが好き。運動が苦手。ご飯やパン、パスタがやめられない……。そんな「糖化予備軍」に、デリケート肌ケアでおなじみのディセンシアが送り出したのがアヤナスシリーズ。

何しろ、生み出されてしまった糖化物質「AGEs」を分解させる成分まで配合しているというのだから、その本気度がうかがえます。

コクのあるエッセンスには、糖化だけでなく炎症を防ぐ成分も。だからしなやかで、うるんっとエネルギーに満ちた澄み肌が叶うというわけ。ストレスに弱い肌のために満を持して登場した糖化ケア、敏感肌なら試してみる価値ありです。

[DECENCIA]

4. 使うほど肌がクリアに。20年余の研究からうまれたエイジングケア

糖化コスメ

グリコ gg アクティブフェイスクリーム エンリッチ 30g 6,048円(税込)

「お菓子のグリコが、化粧品?」と驚いたあなたはまだ甘い。食分野で蓄積した研究をもとに、化粧品開発に取り組んですでに20年余。実は、優れた化粧品原料を提供するメーカーに進化していたのです。

そんなグリコが挑んだエイジングケアだから、ヒアルロン酸の産生を促す独自成分・EAPグリコーゲンや赤パプリカ由来の抗酸化成分「PapriX(パプリックス)」、それにウメ果実由来の抗糖化成分を入れ込む充実ぶり。美白製品ではないにもかかわらず、使うほどに肌がクリアになっていく手ごたえが感じられるはず。

[グリコ]

5. 美女医の「これ欲しい!」を詰め込んだ贅沢美容液

糖化コスメ

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションV 32ml 11,880円(税込)

美肌で知られる女医・高瀬聡子先生プロデュースで人気のアンプルール。先生自身の実感を反映して生まれたエイジングケアシリーズは、肌の自己再生力をサポートする成長因子・GF植物幹細胞のエキスなど、贅沢な成分てんこ盛り。

糖化ケアはもちろんだけれど、しょんぼりとハリを失った肌、ゆるんで毛穴が目立つ大人肌もふっくらみずみずしく。「クリニックの施術並みのリフティング! 」と絶賛する人もいるほどで、触れて、見てわかるふっくら感には思わずニンマリしちゃいそう。

[AMPLEUR]

バナー

まだ一般的ではないけれど、だからこそ始めた人からキレイに差がつく「糖化ケア」。大人肌を想定したアイテムが多いから、保湿や美白対策を兼ねられるというメリットも。くすみや固さが気になったら、今すぐ始めてみましょう。

老けの進行を徹底的に抑えたい!

糖が原因で体や肌がコゲている? 糖化を予防するヒント4つ

昨今、話題の「糖化」。タンパク質+糖質+熱で起きる体内の現象を指し、さまざまな病気や老化の原因物質と考えられています。アンチエイジングの観点からもぜ...

https://www.mylohas.net/2019/04/187545sp_aging_saccharification.html

餃子とシュウマイ、 老けないメニューはどっち?

糖化現象は年齢とともに誰もが増えていきますが、対策を始めた体と何も対策をしない体では、この先大きく差が開くことになります。今日からすぐに始められる抗...

https://www.mylohas.net/2019/04/188028sp_aging_age03.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ