1. Home
  2. BODY
  3. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,510

Seina Ozawa(翻訳)

ジェニファー・ロペス

2月初旬、ジェニファー・ロペス(49歳)がボーイフレンドのアレックス・ロドリゲスと一緒に、糖質・炭水化物オフの10日間チャレンジを始めたことが大きな話題となりました。

一緒に挑戦しようとファンに呼びかけ、Instagramでチャレンジの詳細や引き締まった身体の写真などを公開していたジェニファー。その一方で、このチャレンジの難しさについても、ほのめかしていました。

砂糖中毒だって気づいた!

最近、アメリカのトーク番組『エレンの部屋』に出演し、砂糖の摂取をやめた際、かなり深刻な症状に悩まされたと明かしました。「頭痛を感じたうえに、世界がまったく別物になってしまったようだった。自分が自分でないような。そこで、自分が砂糖中毒なんだって気づいたの

さらにジェニファーは、砂糖のことを「常に考えてしまうの。『次に砂糖を食べれるのはいつ?』とか」と話していました。このチャレンジについて、「最初はとても大変だった」と語ったジェニファー。

「自己鍛錬ね。『たったの10日間なんだから、できるでしょ』と自分を励ましたの。そしたら、途中で少しよくなって、最後には問題なくなったわ

10日間のチャレンジが終わると、砂糖への欲求が以前より減っている自分に驚いたとジェニファーは言います。気分は最高でした。「何が起こったかというと、炎症が少し治まったの。だから突然、身体が一回り小さくなって、むくみが引いた。とても気分がいいわ。この気持ちはやみつきなるわね」

砂糖が身体にもたらす影響とは?

フルーツ

image via shutterstock

フルーツ、野菜、穀類、乳製品など炭水化物を多く含む食品には、自然の糖分が含まれます、とニューヨークで活躍する登録栄養士のジェシカ・コーディングさんは言います。食べ物は身体の中でゆっくりと消化されますが、砂糖はそのエネルギーになります。

問題なのは、添加糖をたくさん加えすぎること。肥満や糖尿病などの疾患につながります。「添加糖には中毒的な要素があります」とコーディングさんは指摘します。「添加糖を摂取すると、脳の報酬経路の一部が活性化され、精神的、生物学的、行動的な中毒症状を引き起こします

ジェニファーのチャレンジは、フルーツや炭水化物などを含め、すべての糖質をカットする極端なものだったので、身体がびっくりしたのでしょう、とニューヨークシティの公認管理栄養士ジーナ・キートリーさんは言います。当然、砂糖断ちによる禁断症状を引き起こす可能性は高まります。

砂糖の禁断症状とは?

簡単に言うと、砂糖をやめたとき、身体がどう反応するか、です。コーディングさんによると、脳の報酬経路、特に快感をもたらすドーパミン報酬系に影響を及ぼすそう。

「砂糖が生活の中で大きな割合を占めていた場合、それを一気に排除してしまうと、脳内化学物質の変化が起こります」とコーディングさん。基本的に、最初はそれほど気分が乗りません。

また、急に砂糖を断つと、疲労感や頭痛、エネルギー不足に陥りますとのこと。「気分にムラが出たり、砂糖が異常に欲しくなったり、という症状もよく見られます」(コーディングさん)

砂糖の摂取量を減らすベストな方法は?

砂糖

image via shutterstock

食品に含まれる自然の糖分を摂取するぶんには特に問題ありません、とキートリーさん。前述した通り、身体のエネルギー源となりますし、身体にいい食品に入っている場合が多いからです。

「ジェニファーをそっくりそのまま真似して、エネルギー源となるすべての炭水化物(フルーツや野菜を含めて)をカットしようとしているなら、考え直した方がいいでしょう」とキートリーさんは話します。「糖質と炭水化物を摂りすぎるのはよくないですが、敵ではありません。生活に必要不可欠なものです」

添加糖を減らしたいけれど、禁断症状が出てしまうのが心配という方は、「ゆっくり取り組む」のがいいでしょう、とキートリーさん。糖質の摂取量を少しずつ減らすことで、味覚も徐々に適応してきます。

ただし、すべての人に最適なアプローチという訳ではありません。「段階的に減らしていけば、身体と脳が順応する時間があるので、ほとんどの場合問題は起こりません」とコーディングさん。

しかしながら、なかには砂糖を適度に摂るのが難しいという人もいるでしょう。「そういう場合は、きっぱりとやめてしまうのがいいでしょう。最初は身体がショックを受けますが、それを乗り越えれば、元に戻りたいという気持ちはなくなります」

糖質の摂取量を減らしたいと思ったら、少し時間を取って、自分が最終的にどうなりたいのか、それを達成するためにはどんなアプローチがベストなのか、自分に正直に考えてみてください、とコーディングさんはアドバイスします。

「最終的に、あなたにとってベストな方法がうまくいくんです」

糖について学ぼう

糖が原因で体や肌がコゲている? 糖化を予防するヒント4つ

昨今、話題の「糖化」。タンパク質+糖質+熱で起きる体内の現象を指し、さまざまな病気や老化の原因物質と考えられています。アンチエイジングの観点からもぜ...

https://www.mylohas.net/2019/04/187545sp_aging_saccharification.html

抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

つい甘い物を食べてしまうのは、意思の弱さでなく中毒だから。お菓子中毒を引き起こす食品を医学博士が指摘。依存から抜け出す方法は?

https://www.mylohas.net/2019/03/187151book_addict.html

Korin Miller/Jennifer Lopez Says She Experienced Sugar Withdrawal During Her 10-Day Challenge
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた