1. Home
  2. BODY
  3. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

30日間の「太りにくい食習慣」

22,154

島田ゆかり

0shutterstock_1329375818

今年こそ夏前にすっきりとボディを整えたい! 本連載では、1万人の悩みを解決した管理栄養士、菊池真由子さんのメソッド「食べても食べても太らない法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

なぜストレスがたまると太りやすくなるのでしょうか。それは、ストレスは食欲を増進させるホルモンを分泌させてしまうから。ですが、食べ物で「抗ストレスホルモン」の材料になるものがあります。

それは「パントテン酸」です。ビタミンBの一種で、イワシや納豆、牛ヒレ肉、さつまいもなどに多く含まれます。

その他、抗ストレスホルモンの分泌を促すビタミンCを含む、ブロッコリーやキウイ、抗ストレスホルモンをつくる臓器、副腎をサポートするビタミンEが豊富なアーモンドやアボカドを摂るようにするとよいでしょう。

30日間の「太りにくい食習慣」をもっと見る

図解 食べても食べても太らない法』(三笠書房刊)

201904_diet-3

管理栄養士だから言える「食べて、飲んで、やせる」法。タイトルに込められたメッセージこそ、ダイエットの成功の秘訣。つまり、食事の「量」ではなく「質」を見直すだけなのです。「肉の上手な食べ方」「食べても太らないおつまみ」など、読んでいくうちに「ムダな食欲」が消える、目からウロコのメソッドが満載の一冊。

食習慣を見直そう

やせたい! を口ぐせから現実に変える具体的な9つの方法

ダイエットを目標にしても成功までは難しいもの。一度決めたことを毎日に定着させるコツをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188323pvn_resolutions2.html

低糖質と高糖質を交互に。かしこく糖質カットする「炭水化物サイクル」って?

「低糖質」と「高糖質」の日を交互に行う炭水化物サイクル。その効果のほどは? どう効果的なのか探ってみましょう。

https://www.mylohas.net/2019/04/188346pvn_carb2.html

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?