1. Home
  2. MIND
  3. 「ありのままの自分」を相手に受け入れてもらうには?

「ありのままの自分」を相手に受け入れてもらうには?

3,535

吉野潤子

女性

疲れた現代人の心に効く言葉──それは時に本の中に隠れていることもあります。即効性のあるマニュアル本とは違った、じわじわと自分の心に効く言葉をご紹介していきます。

「ありのままの自分を、世の中に受け入れてほしい」「ありのままの自分で必要とされたいし、愛されたい」「もっと、自分らしく生きたい」……そう思うことはありませんか?

そして、同時に「でも、そんなの無理だよね」とも。

周りの人に受け入れてもらうためには、仮面を被って、本当の自分とは別の素晴らしい人間を演じなければならないのでしょうか?

『すべての涙を笑いに変える黒いユニコーン伝説』#心に効く言葉

つらさ

今回紹介するのは、アメリカの女性コメディアン、ティファニー・ハディッシュの言葉です。

1979年アメリカ・カリフォルニア州生まれのティファニーは、実の両親からの肉体的・精神的虐待、その後入れられた児童養護施設や里親の家庭でのいじめ、元恋人・元夫からのDVなど、つらい経験をたくさん経験してきた女性です。

しかし、それでもティファニーはめげることなく、一流コメディアンとして才能を開花させます。

ティファニーの自伝『すべての涙を笑いに変える黒いユニコーン伝説』(訳:大島さや、CCCメディアハウス)には、冒頭のテーマについて考えるヒントとなるこんな一節がありました。

みんなが憧れる人を演じること。それが、わたしにとって唯一の心の拠りどころだった。ただのティファニーじゃない。自分の殻を破って、より自分らしい自分になること。わたし自身は、そんなに優れた人間じゃないしね。ありのままの自分でいるだけではまったく足りなかった。

両親のためでも、学校のためでも、他の誰のためでもない。芸能の道へ進んだのは、演技をすることで受け入れられた気持ちになれたからだ。ステージの上は、わたしが初めて愛を感じることができた、安全な場所だった。

『すべての涙を笑いに変える黒いユニコーン伝説』357-358ページより引用

子どもの頃から、“周りを笑わせる”、“演技をする”ことで、自分の居場所を作ってきたティファニー。

本当はありのままの自分を受け入れられたいのに、演技しなければならないなんて……と思うかもしれません。

でも、ティファニーの考える“演技”とは、「自分の殻を破って、より自分らしい自分になること」

つまり、“演技している自分”も、広い意味では「ありのままの自分」。自分の中の良い部分、魅力的な部分、カッコいい部分が最大限に表に引き出されている、ということなのです。

「ありのまま」の私を見せるには、演技も必要

仮面

このことについて、もう少し掘り下げて書いている箇所があります。

離婚した後は、エンジン全開!って感じだった。自分のコメディーの質がグッとアップした。コメディーというアートに集中する時間ができたことで、自分自身のことをもっと理解できるようになった。いろいろな場面で自分がどう感じたのか、注意深く考えるようになった。

『すべての涙を笑いに変える黒いユニコーン伝説』288ページより引用

よいコメディー、よい演技をするためには「自分自身のことを深く理解する」「自分の気持ちに敏感になる」ことが大切だというのがティファニーの考えです。

“演技”という言葉からは偽りの自分を作り上げることを連想してしまいがちですが、じつは、それとは真逆の作業をしていることになります。

自分をさらけ出すには、どうすればいい?

愛

スタンドアップでは、リチャード・プライヤーが言ったように自分自身が楽しんでいなくちゃいけないのももちろんだけど、自分のことをいかに深くまで理解できているかもすごく重要だ。(略)

そういうことができるようになるには、まず自分をさらけ出さなくちゃいけない。自分をさらけ出すには、自分がどんな人間かをよく理解して、周りの人が自分に対してどういう反応をするかを心得ていないといけないのだ。

『すべての涙を笑いに変える黒いユニコーン伝説』289ページより引用

ティファニーは表舞台で表現することを仕事にしていることもあり、“自分をとことん客観視して、他人目線で深く理解する”ことを非常に重要視していることがわかります。

ティファニーが言っている通り、ありのままの自分をさらけ出すためには「他人の目で見た自分」を隅々まで熟知していなければならないのではないでしょうか。

よく「自分らしくいるには、他人の目を気にするな!」というアドバイスがありますが、自分目線だけしかないと自分を本当に深く知ることはできません。

他人目線で自分を分析して、求められることに応えて、他人を真剣に喜ばせてみる。そうすることで初めて現れる「自分」は、「自分らしさ」のもっとも綺麗な部分の結晶のようなものかもしれません。

もっと上手にコミュニケーション

【今週のお悩み】ナチュラルに自分をアピールする方法があれば教えてください

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係……あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2019/02/concierge01.html

内向的な性格でも無理なく自己アピールする方法

気がつけば今年もあと2ヶ月ちょっと......今年もあんまり人間関係が広がらなかったなぁ、心ときめく人にも出会いたかったのに! なんて考えてしまいま...

https://www.mylohas.net/2013/10/033502jikopr.html

すべての涙を笑いに変える黒いユニコーン伝説 ]image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析