1. Home
  2. EAT
  3. 身体の抗酸化力を高める、和食レシピ

身体の抗酸化力を高める、和食レシピ

コゲとサビ

3,328

MYLOHAS編集部

スプラウト

image via shutterstock

いい大人のための食育会議から転載

EPAやDHAといった抗酸化成分が豊富な塩サバを、さっぱりとしたみぞれ酢であえました。ごはんと味噌汁が並ぶ日本の食卓になじみやすい、和の抗酸化レシピです。

スプラウト

塩サバとスプラウトのみぞれ和え

<材料>(2人分)

  • 塩サバ 1/2尾分
  • ブロッコリー スプラウト 1パック
  • 大根 1/3本(正味75g程度)
  • [A]
  • 薄口しょうゆ 小さじ2
  • 酢 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 油 少々

<レシピ>

  1. ブロッコリー スプラウトは洗って根元を落とす。大根はおろして水分を絞る。
  2. フライパンに油を熱し、塩サバを焼いて身をほぐす。
  3. おろした大根にAを混ぜ、1のサバとブロッコリー スプラウトを入れてあえる。

いい大人のための食育会議

酸化と糖化対策

酸化だけじゃなかった! 肌老化につながる三大要因と対策

光老化、酸化、糖化……、肌老化を促進する三大要因と対策について、皮膚科学の権威である川島眞先生にうかがいました。

https://www.mylohas.net/2019/04/188803axxzia.html

餃子とシュウマイ、 老けないメニューはどっち?

糖化現象は年齢とともに誰もが増えていきますが、対策を始めた体と何も対策をしない体では、この先大きく差が開くことになります。今日からすぐに始められる抗...

https://www.mylohas.net/2019/04/188028sp_aging_age03.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由