1. Home
  2. BODY
  3. あご、肩の不快感は心臓病のサイン? 医者に相談する10のタイミング

あご、肩の不快感は心臓病のサイン? 医者に相談する10のタイミング

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,539

時計

鼻水が出たり、胃の調子が悪かったり、すぐには止まらない頭痛がしたり……。ときどき、身体の不調を感じるのはよくあること。

病気で体調が崩れてしまったとき、とにかくその状況を乗り切るのは、最善の方法です。でも、もしひどい胃の痛みが治まらなかったり、しょっちゅう頭痛に襲われたりするなら?

大したことないように見える症状でも、実際には身体が大きな問題に直面しているサインかもしれません。ここから紹介するような症状をよく経験するようであれば、急いで医師にかかるとよいかもしれません。

自分の身体のことをいちばん知っているのは自分ですから、おかしいと感じることがあれば一度調べてみてはいかがでしょう。

「突然ひどい頭痛がする」、「頻尿」など10のサイン(前編)は、こちらの記事で。

  1. あご、肩、背中の不快感
  2. 継続的な疲労感
  3. 息切れ
  4. うつ
  5. 食欲不振
  6. ウエストラインの膨張
  7. ぼやけた視界
  8. 足や足首のむくみ
  9. 寝すぎ
  10. 頭が混乱する

1. あご、肩、背中の不快感

肩こり

「これらの症状はいろいろなことを意味する可能性がありますが、もし症状が長引いたり、しょっちゅう起きたりするようなら、心臓病のサインかもしれません」(ガイザーさん)。

医師が症状から判断して循環器疾患を疑った場合は、さらに検査を受けることになります。

2. 継続的な疲労感

疲れた女性

長時間の仕事をしたり、家族とせわしなく過ごしたりした日に、疲れるのは自然なこと。でも、もし慢性的に疲れを感じるなら、何か問題を抱えているサインかもしれません。

「慢性的な疲労は糖尿病を意味する可能性もあるので、血液検査を受けることになる可能性もあります」と、ガイザーさんは説明します。

3. 息切れ

息切れ

わけもなく息切れするのは怖いことなのです。

突然やってくる息切れは、多くの場合、慢性閉塞性肺疾患、気管支炎、もしくは血栓など、隠れた健康上の問題を意味している可能性があります。

4. うつ

考える女性

医師とメンタルヘルスについても相談するのは大切なことです。

「どんなケースでも、気分や感情に大きな変化を感じるときには軽く考えるべきではありません。それはうつを意味している可能性があり、医師の診察を受けるのがいいでしょう」とガイザーさんはすすめます。

5. 食欲不振

テーブルセッティング

少ししか食べていないのに満腹を感じるのは、ダイエットの成功と考えず、軽く考えないほうが賢明。もし食欲の不振が続くなら、医師に相談した方がよさそうです。

とくに吐き気、嘔吐、体重減少、膨満感を伴うのなら、それは卵巣がん、潰瘍、胃酸の逆流のサインである可能性があります。

6. ウエストラインの膨張

ドーナツ

「短期間でウエストが太くなり、食事を変えた覚えもない。そんなときは腹部の脂肪が示す心臓病のサインかもしれません」と、ガイザーさん。

おなかまわりが太くなった理由は液体がたまったため。それは肝臓や心臓の問題を意味するのです。

7. ぼやけた視界

歩く人々

視界がぼやけたり、予想外にメガネの度数が変わったりすることは、単に新しいメガネが必要というサインではありません。

むしろ、これらの事柄は糖尿病や脳卒中などの深刻な健康問題を意味する可能性があります。かかりつけの医師に相談したほうがいいでしょう。

8. 足や足首のむくみ

足

肥満でなくとも身体の体積が増すことはあります。一日中立っていると、そのせいで足首がむくみますよね。

でも、継続的に足や足首がむくむのなら、それは浮腫の症状かも。心臓の弁に問題があると、身体の特定の部位に液体が集まることがあるのです。

9. 寝すぎ

寝る女性

ガイザーさんによると、いつもよりかなり長く寝たり、朝起きられなかったりするならば、それはうつのサインの可能性があります。

医師に相談して検査してもらうのがベストです。

10. 頭が混乱する

予定を書く女性

物事に集中したり、考えをまとめたりするのが急に難しくなった、もしくは自分自身の行動が変化したように感じるということがあるなら、医師の診察を受けた方がよいかもしれません。

何でもない可能性もありますが、感染症やメンタルヘルスに関わる深刻なサインの場合もあるからです。大きな問題ではないと考えていても、相談する価値はありそうです。

気になる症状に摂りたいものは?

「ミスター血圧」と呼ばれる医師が教える、死亡リスクを下げる食材

「ミスター血圧」こと、医学博士の渡辺尚彦先生が見いだした、高血圧を防いで死亡リスクを下げるTIPSをご紹介。イカ、タコ、納豆、皮付きピーナツがおすす...

https://www.mylohas.net/2018/10/176834blood_pressure.html

冷え性や生活習慣病の予防にも。実はすごい、にんにくのパワー

にんにくはスタミナがつくだけじゃなかった! にんにくが持つ多くの嬉しい健康健康、美容効果をご紹介します。気になる「におい」対策も。

https://www.mylohas.net/2018/08/173636diet_garlic.html

Sara Shulman/Signs Your Body Is Trying to Tell You Something's Wrong
訳/STELLA MEDIX Ltd.

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって