1. Home
  2. BODY
  3. 自信がないお尻が1分で変わる! ゆる関節ストレッチ術

自信がないお尻が1分で変わる! ゆる関節ストレッチ術

36,135

鈴木希

歩く

そろそろ薄着になる季節。ダイエットや運動をしても効果がない場合は、関節のかたさが関係しているかも。

「関節をゆるめるとスタイルの悩みも解決できる」と言うのは、美姿勢トレーナーの渡部龍哉さんです。

東京ガールズコレクションのモデルや有名スポーツ選手を顧客に持ち、テレビなどメディアにも引っ張りだこの渡部さん。

その知識が詰まった著書『1日1分!ゆる関節ストレッチ』(アスコム)を参考に、関節のかたさが及ぼす健康へのリスクや、美姿勢のつくり方を見ていきましょう。

身体がかたいのは、危険信号!

開脚

まず、身体がかたくなる原因というと、まっさきに「加齢」を思い浮かべるのでは?

渡部さんによると、靭帯(じんたい)や腱(けん)は加齢とともに少しずつかたくなり、潤滑剤となる滑液の分泌も悪くなっていくのだそう。

しかし、若い人でも日常生活の中で間違った体の使い方をしていると、関節が固まってしまうのだとか。

パソコンやスマホの見すぎで前かがみになっていたり、デスクワークで一日中座っていたりする人は、ガチガチ関節になっている可能性が高いのです。

関節がガチガチ状態だと、可動域が狭くなり、うまく動かすことができなくなるため、体に余計な負担がかかる、と渡部さんは指摘。筋肉がうまく使えず、姿勢の歪みが生じることもあるのだそうです。

かたいと、将来寝たきりになるリスクも

肩こり

それでは、関節がガチガチだと、身体にどんな悪影響があるのでしょうか?

ガチガチ関節は痛みだけではなく、姿勢の歪みにも影響すると、渡部さんは述べています。

姿勢が歪むと、体の中の内臓の位置もずれてしまうので、胃腸の調子が悪くなったり、血流が悪くなってむくむ、冷えるなど、さまざまな不調が起きるようになります。

また、体の内外の働きが鈍くなることで代謝が下がって太りやすくなったり、お腹まわりやお尻に余分な肉が付いて、スタイルが崩れてしまう原因にもなります。

『1日1分!ゆる関節ストレッチ』24ページより引用

このように、体が固まった状態だと、肩こりなどの不調が現れるだけでなく、将来、寝たきりになる可能性もあると、渡部さんは警鐘を鳴らします。

本書では、腰痛や猫背などを引き起こしている背骨や胸郭、股関節などのガチガチ関節を柔らかくほぐし、不調を未然に防ぐためのストレッチ方法が多く紹介されています。

1日1分間、畳一畳分のスペースがあればできる簡単なストレッチだから、毎日続けやすいのもポイントです。

サボり筋を働かせて、脂肪燃焼体質に!

脂肪燃焼

さて、本書では、「ゆる関節ストレッチ」はこりや不調以外にも、肥満解消やお尻の引き締めにも役立つことが紹介されています。

じつは、関節がかたいと筋肉も本来の動きができなくなってしまい、「動かなくていい筋肉」=サボり筋が出てくるのだそう。このサボっている筋肉が、体にとっては大問題になるといいます。

ダイエットのためにウォーキングやジョギングなど、脂肪を燃焼させる運動に取り組んでいる方は多いでしょう。しかし、ガチガチ関節のまま運動するのと、ゆる関節で運動するのとでは、消費できるエネルギーがまったく違います。

『1日1分!ゆる関節ストレッチ』83ページより引用

歩く、という生活動作だけでも同様で、股関節を動かして全身で歩けている人と、膝から下だけでペタペタ歩いている人では、使うエネルギー量は全く違う、と渡部さん。

つまり、ゆる関節の状態で運動をしたり、日常生活を送ったりすることができれば、エネルギーをきちんと使えて太りにくい、代謝のよい体になれるのです。

たるんだお尻やがっちり太ももへの対策は?

お尻

ほかにも、関節をゆるめることは、お尻や太ももの引き締めにもつながると言うのですから、女性にはうれしい話です。

たるんだお尻や、がっちり太ももになってしまうのは、ガチガチ関節でお尻の筋肉がサボっていることと、代わりに頑張っている太ももの前側の筋肉が鍛えられてしまうからです。『1日1分!ゆる関節ストレッチ』87ページより引用

そんな、いわゆる下半身太りな状態から脱するには、関節をやわらかくしてお尻の筋肉を使えるようにするのが鍵といえそうです。

同様にして、ポッコリお腹、足のむくみも、関節をよく動く状態にして、サボり筋を働かせることで解消に繋がると渡部さんは述べています。

正しいストレッチ方法は、本書の参照を。1日1分の簡単なゆる関節ストレッチで、スッキリしたボディを手に入れましょう。

美しいスタイルを手に入れるには?

お尻を引き締めカロリー消費。動画で簡単「自重トレーニング」4つ

いつものトレーニングに飽きたら試して欲しいのが、自重トレーニング。効率的に有酸素運動と筋トレができるんです。

https://www.mylohas.net/2019/03/188072pvn_workouts2.html

田中圭さんが教える簡単筋トレ&ぽっこりお腹代表・さまぁ~ず三村さんの健康法

「きちんと食べて、体を動かして、特茶を飲む」という、日常生活のなかで無理せず楽しく続けられる健康習慣を「特茶リズム」と名付け、「特茶リズム・アンバサ...

https://www.mylohas.net/2019/03/187386tokucha.html

1日1分!ゆる関節ストレッチ

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析