1. Home
  2. STYLE
  3. GW中の疲れを癒す。至福のリカバリーグッズ7選

GW中の疲れを癒す。至福のリカバリーグッズ7選

1,224

小竹美沙

今年のゴールデンウィークは10連休。もしかすると、せっかくのゴールデンウィークだから! と張り切って遠出したり、アクティブに動いて、終わってみたら意外と疲れが……となりがち。

そこで、今回はアマゾンで揃う、リラックスグッズを厳選しました。お家時間を充実させるヒントとして役立ててみては。

01.リカバリーウェアにこだわる

sox

sleepdaysのA.A.TH™繊維には、ナノレベルの微小な貴金属が織り込まれています。この貴金属が体から発する熱に効率よく反応し、血流を促進してくれるのだとか。手足などの末梢からの放熱が促されることで、深部体温が下がり、心地よい眠りへと誘ってくれるそう。

「貴金属」というと「固そう!」という印象を受けますが、sleepydaysのA.A.TH™繊維はとても肌ざわりがよくなめらか。また、洗濯をしても、その機能が落ちることはないそうです。

tshirts

ベネクスのリカバリーウェアは、東海大学、神奈川県との産学公連携事業で誕生した「休養時専用ウェア」。国内外15以上の大学などの研究機関により、その効果が科学的に研究・検証されています。

ナノプラチナなどの粒子状の鉱物を練り込んだ、「PHT」繊維が体を包み込み、心身の休養をサポートします。これまでに70万着を売りあげているそう。(2018年5月末時点)

02.柚子の香りのボディケアにこだわる

森田敦子さんの著書『自然のお守り薬』によれば、柚子の精油には、血行を促進して温める効果、また、気持ちを安定させる効果が期待できるそう。柚子の香りを使ったアイテムでボディケアをすることも、リラックスできそう。

handcream

プチプラで、クチコミ評価も高いアイテム。保湿剤のグリセリンが高配合され、血行促進効果が期待できるビタミンEを配合しています。特に手荒れが気になる人は、指一本一本にクリームをすりこむように塗りこんで。

皮膚科専門医野村皮膚科医院院長・野村有子先生もこう教えてくれました。

「デジタル機器をタッチしたり、手を消毒したりするシーンが増えているので知らず知らずのうちに、手荒れを起こしている人もいます。ハンドマッサージをすることは、手だけでなく体全体の血流を促進することが期待できますよ」

yuzu

アロマを販売して36年という老舗アロマメーカー『デイリーアロマジャパン』。デイリーアロマの高知県産ユズシリーズに使われているのは、高知県産ユズと四万十川の水ユズの香りにとてもこだわっていて、精油は四万十川の水を使用した水蒸気蒸留法で抽出しています。不純物が少なく、光毒性の心配もないそう。

03.ラベンダーのバスグッズにこだわる

ラベンダーには、興奮した神経を静めて、リラックスさせる効果があるそう。また、筋肉をゆるめ、緊張をほぐしてくれるのだとか。(引用:「自然のお守り薬」著:森田敦子)

weleda

オーガニックラベンダーを処方したバスミルク。お湯を張った浴槽にキャップ2〜3杯程入れ入浴します。ラベンダー油は、乾燥肌からオイリー肌まで、はば広いタイプの肌に適しているのも魅力。

nealsyard

英国生まれの“オーガニックスキンケア”ブランド・ニールズヤード レメディーズ。アンデス山脈の雪どけ水が、岩塩層を溶かしてできたというパタゴニアの湖から採取した天然塩を使っています。

純度99%のパタゴニアソルトは、ミネラルを豊富に含んでいるため、体を芯から温めてくれるそう。パタゴニアソルトの売上の1%は、パタゴニア地域の環境保護に寄付されます。

04.お茶にこだわる

tea

「カモミール」と一言でいっても、実はさまざまな種類があります。ローマンカモミールとジャーマンカモミールが代表的で、特にジャーマンカモミールにはリラックス効果や、気持ちを落ち着ける効果が期待できるのだとか。

ゾネントアのカモミールティーは、青りんごのような香りが楽しめるハーブティー。また、バイオダイナミック農法で作られたハーブを使っています。寝る前や、リラックスしたいときにおすすめです。

いつもより少し長めにお風呂に入ったり、新しいリカバリーウェアに身を包んでのんびりしたり。一見すると地味だけれど、何にもかえがたい時間になりそうです。

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    8. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?