1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 肌を老けさせないために覚えておきたい3つのキーワード

肌を老けさせないために覚えておきたい3つのキーワード

コゲとサビ

2,622

AXXZIA

Photo by Getty Images

光老化、酸化、糖化。この3つが肌老化を促進する三悪であることをご存知でしょうか。

紫外線ケアだけでは足りない日焼け対策や、近年注目を集める「糖化と肌老化」の関係について、皮膚科学の権威である川島眞先生にうかがいました。

近赤外線対策してますか?

「現在、肌老化を進めると考えられている因子が3つあります。

太陽光(紫外線、近赤外線)による光老化。酸化ストレスが原因で発生する活性酸素による酸化。そして、糖質によるタンパク質変性による糖化です」(川島先生)

川島先生

「AXXZIA(アクシージア)」が主催するセミナーに登壇した川島先生(東京女子医科大学 名誉教授)は、アトピー性皮膚炎やウイルス感染症、美容医療のエキスパート。

皮膚科医としてます認識してほしいのは、ひとつ目の光老化だと語ります。

太陽

image via Shutterstock

とくに注目したいのは、紫外線より波長の長い近赤外線の危険性です。

「肌のシミ、しわやたるみに関しては、紫外線のUVAやUVBだけではなく、近赤外線も防ぐべきです。

UVBは表皮のメラノサイトを活性化し、シミの元となるメラニンを作ります。UVAは、コラーゲンとエラスチンが肌細胞を支え、肌の弾力を保っている真皮にまで到達し、しわやたるみをもたらします。

一方で近赤外線は、UVBやUVAよりも皮膚の奥深く、真皮とその下の皮下組織まで届きます。その結果、コラーゲンとエラスチンを変性させ、しわやたるみを生じさせます」(川島先生)

近赤外線と紫外線は同じ太陽光なので、近赤外線を防ぐ効果のあるサンスクリーンで防ぐことができます。

川島先生によると、近赤外線の研究はまだ始まったばかりで、わかっていないことも多いのだそう。だからこそ、今の段階では慎重を期すと言う意味でも、近赤外線から肌を守ることを心がけたほうがいいということです。

肌をサビつかせる「酸化」の怖さ

0GettyImages-501512869(1)

Photo by Getty Images

第二の要因である酸化、いわゆる肌の錆びつきは、近年かなり知られるようになってきました。

酸化ストレスによって生じる活性酸素は、体内の細胞や組織を酸化して破壊する強力なパワーを持っています。

酸化は老化につながり、皮膚のしわやたるみの原因になります。

紫外線が最大の酸化ストレスですが、放射線や大気汚染といった汚染物質も酸化ストレスを促進します。

活性酸素のターゲットはタンパク質、脂質、核酸、糖など広範囲です。活性酸素により酸化された細胞分子は、正常な構成を失って老化していきます」(川島先生)

酸化は食生活や睡眠の乱れによっても促進されるため、UVケアや生活習慣の改善に気を配り、酸化対策を実践していきたいところです。

「糖化」が肌の老化現象につながる

0rouka4

image via Shutterstock

第三の要因である糖化は、過剰な糖質とタンパク質の結合反応です。このふたつが結びついて最終糖化物質AGEsとなり、くすみ、しわ、たるみ、ハリ低下といった肌の老化現象を引き起こします。

「糖化のイメージは、体のコゲと形容されます。ふんわりした食パンも、焼くと茶色く焦げて固くなりますよね。

このようにタンパク質と糖を熱することで生まれる反応をメイラード反応といいますが、人間の老化と結びつくと判明したのはここ十数年のことです」(川島先生)

最終糖化物質AGEsは一度できると分解・排出されにくく、体内に蓄積されていき、健康面でも美容面でも影響を及ぼします。肌老化だけでなく、糖尿病や骨粗鬆症の原因にもなるのだとか。

「光老化、酸化、糖化。この3つは密接に関わりあいながら、疾病や老化の原因となっていきます。

たとえば酸化は、光老化をもたらす太陽光が大きな要因ですが、喫煙や加齢、汚染物質によっても促進されます。

太陽光にあたって皮膚温が上がれば、糖化反応はさらに進みます」(川島先生)

3つの要因と肌老化の関係は、まだまだ研究途上だと川島先生。今後の進展しだいでは、肌老化を食い止める有効な手立てが発見されるかもしれません。

川島 眞先生
1978年東京大学医学部卒業。東京女子医科大学皮膚科主任教授を経て、2018年 東京女子医科大学名誉教授に就任。専門はアトピー性皮膚炎、ウイルス感染症、美容医療。日本香粧品学会前理事長、日本美容皮膚科学会前理事長、日本近赤外線研究会理事長、日本コスメティック協会理事長、皮膚の健康研究機構副理事長。

美容領域でも「糖化」に注目

こうした状況を受けて、美容領域でも「糖化」がキーワードとなる兆しがあります。

AXZIA

「AXXZIA(アクシージア)」が開発した「エイジーセオリー」シリーズは、その先駆的存在。

すでに発売中の美容液「エイジーセオリー クラリファイングエッセンス」とジェルマスク「エイジーセオリー ジェルマスク」に加え、2019年5月24日から化粧水「エイジーセオリー バランシング ローション」と乳液「エイジーセオリー モイストヴェール エマルジョン」がラインナップに加わります。

AXZIA

いったん体内にできると、分解・排出は難しいといわれるAGEs。

スキンケアからも糖化対策ができるなら、肌老化に関しても今までにない働きが期待できそう。これからも注目していきたいと思います。

AXXZIA

早速トライ! 老化対策

抗酸化ジュースの決定版! 辛みがアクセントの「スプラウト&トマトみかんスムージー」

食事から抗酸化を考えてみる。せっかくならおいしくいただきたいところですが、抗酸化作用だけではなく、スプラウトの辛みがいい具合のアクセントのスムージー...

https://www.mylohas.net/2019/04/188705sp_aging_recipe.html

餃子とシュウマイ、 老けないメニューはどっち?

糖化現象は年齢とともに誰もが増えていきますが、対策を始めた体と何も対策をしない体では、この先大きく差が開くことになります。今日からすぐに始められる抗...

https://www.mylohas.net/2019/04/188028sp_aging_age03.html

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    2. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    3. 1日40秒! スポーツトレーナーが教える、超即効トレーニングTIPS3

    4. 生理が重い日は多めに水を。女性が「のどの渇く理由」4つ

    5. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    6. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?