1. Home
  2. STYLE
  3. 【4月の満月】先を急がず立ち止まることで、進むべき方向が見えてくる

【4月の満月】先を急がず立ち止まることで、進むべき方向が見えてくる

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

11,375

暦では春の土用に入り、自然界は新しい季節を迎える準備期間になりました。月の相は、満月。ペースを落として、周囲を見まわすことが大切なときです。

カレンドュラ

4月の満月:成り行きを見守る「静観の月」

【満月の瞬間】
4月19日(金)20時12分

満月は、月が満ちたり欠けたりする1周期の折り返しにあたり、キーワードは「振り返り」や「見直し」です。

新年度がスタートして、先へ先へと行動したい気持ちが募っているかもしれませんが、今は成り行きに身を任せるタイミング。積極的に動くよりも、周囲をじっくりと見まわすほうが、思いがけないところから解決策やメッセージを受けとれるでしょう。

さらに今回の満月は「春の土用」と重なります。土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の直前にあたる約18日間で、各季節の変わり目のこと。

新しい季節を迎えるために自然界が動いているときなので、昔は土用のときに引っ越しや土木工事をよしとはしませんでした。そういう意味でも、今はアイデアや計画を実行にうつすよりも、寝かせるほうがよさそうです。

ペースダウンしてあたりを見渡してみると、自分がどこにいるのかはっきりとして、次に進むべき方向がわかります。立ち止まることで、先を見通す力を授けてくれるお月さま。それが4月の満月です。

満月のような美しい色合いのハーブティー

カレンデュラティー

image via shutterstock

【カレンデュラ】
・別名:ポットマリーゴールド
・学名:Calendula officinalis
・ティーに使う部位:花

あざやかなオレンジ色の花びらが美しいカレンデュラは、炎症を鎮める作用や、粘膜を修復する働き、抗酸化作用があるといわれ、美肌づくりに効果的なハーブとして知られています。

熱湯で淹れたティーは、やさしい甘味の中に、ほのかな苦みが感じられますが、全体的にまろやかな風味。見た目は黄金色をしていて、まるで夜空に輝く満月のよう。月光を浴びながら、ほっと一息つきたいときにぴったりのティーです。

また一説によると、カレンデュラは怒りや短気、闘争心など、強い感情をやわらげてくれるのだそう。4月の満月の日、あふれだす感情を鎮めてペースダウンしたい人に、カレンデュラのティーはやさしく味方してくれることでしょう。

4月19日(金)の夜:花を飾って、空間を月のパワーで満たして

満月で輝く花

image via shutterstock

満月は、日没の頃に東の空に姿を現し、翌日の日の出の頃に西へ沈みます。そうやって、ひと晩中大地に月光が降り注がれることから、昔の人は、満月の夜に摘んだ草花には生命力があふれ、ハーブは薬効が高いと考えました。草花たちは月からエネルギーを吹き込まれ、特別な力を宿すのかもしれません。

もし、庭やベランダで花やハーブを育てているなら、満月の光を浴びながらそれらを摘んで部屋に飾りましょう。摘むことが難しい場合は、満月の日に買った花でもOKです。

草花が飾られた部屋は、その植物の生命力で満たされます。空間が生き生きとして、そこで過ごす人に月のパワーと活力を与えてくれるでしょう。

次回は、5月の新月。5月5日(日)です。

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

【4月の新月】始まりのムードが高まり、チャレンジがテーマに

新しい季節、新年度、新月――自然界も世の中も、フレッシュな雰囲気が高まるこの時季は、新たな挑戦やリベンジがテーマになります。

https://www.mylohas.net/2019/04/188029apr_newmoon.html

イラスト/カイフチエリ

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって