1. Home
  2. BODY
  3. ぽっこりお腹を引っ込めるための食生活のヒント7

ぽっこりお腹を引っ込めるための食生活のヒント7

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,950

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

おなか

image via shutterstock

お腹のおかげで身体に自信が持てない? そんなときにも落ち込む必要はありません。

お腹の脂肪を減らさなくてもいいかもしれないのです。

ぽっこり出ているのは、実際には膨らんでいるだけかもしれません。40歳以上の女性は特にそう。消化が遅くなっていることが、一番の原因。歳とともに悪化してしまいます。

ではどうすれば、お腹をへこませられるのでしょう。ここでよいニュースが。簡単な食事メニューとライフスタイルの変更だけで、お腹をへこまし、消化をよくし、平らなお腹を取り戻せる可能性があるのです。

次のような食事や生活に取り組むと、わずか数日で服が快適にジャストフィットするかもしれません。

前回に引き続き、ぽっこりお腹を引っ込めるための食生活のヒントを紹介します。

2種類の食物繊維を摂る、ペパーミントティーを飲むなどヒント7つは、こちらの記事で。

  1. キャンディーと炭酸飲料を避ける
  2. プロバイオティクスをとりいれる
  3. 生鮮食品を避ける
  4. タンパク質をとりいれる
  5. 甘味料入りのコーヒーを避ける
  6. ショウガやフェンネルシードのようなスパイスをとりいれる
  7. 脂質の多い魚をとりいれる

1. キャンディーと炭酸飲料を避ける

飴

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:どこから来た空気でも、消化器系に入ると、お腹をふくらませます。急いで食べたり飲んだり、ストローで飲んだり、キャンディーをなめたり、チューインガムをかんだりすると、空気を吸い込んでしまいます。炭酸飲料の泡も、お腹をふくらませる理由に。

対策:「食べるときは、口を閉じ、ゆっくりとかむこと」とボンチさんはアドバイス。炭酸飲料を水や無糖のアイスティーなどにして、ガムやキャンディーを避けます。

2. プロバイオティクスをとりいれる

ヨーグルト

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:腸内細菌のバランスが悪いと消化器系の働きが悪くなります。研究によると、お通じが悪くなると、お腹が膨れてしまうのです。

いいのはプロバイオティクスのような、お腹によい腸内細菌を増やしてくれるヨーグルト。最近の論文によると、腸内細菌が増えると腸の動きが活発になって便秘を防ぐことができるのです。すると、お腹もへこみます。

対策:腸内細菌の豊富なプレーンのヨーグルトを毎日約110g取ります。

3. 生鮮食品を避ける

野菜

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:新鮮な果物や野菜は健康的ですが、胃の中でかさばる食べ物です。そのため、お腹が出やすくなります。

対策:生鮮食品はわけて食べます。1日推奨量は350gですが、1回の食事でその3分の1以上は食べないように心がけます。ボンチさんによると、調理によってかさを減らすのも大切。

4. タンパク質をとりいれる

ホイル焼き

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:甘いクッキーや塩辛いチップスのようなお腹をふくらませてしまう食べ物は避けるには、タンパク質を摂ること。

「食事や軽食から取り入れると、満腹感が続き、不健康な食べ物に手が伸びにくくなるのです」とラージマン・ロスさんは説明します。

対策:タンパク源と食物繊維が豊富な食品を組み合わせると、満腹感を保てます。野菜とタンパク源となる食材をホイル焼きにして食べます。

5. 甘味料入りのコーヒーを避ける

コーヒー

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:甘味料の入ったコーヒーは元気が出るかもしれませんが、お腹には何もいいことがありません。

「シロップで味付けされたコーヒー飲料も果糖が多すぎます」と、ラージマン・ロスさんは避けるようにすすめています。果糖の大部分は消化が難しく、ガスをためやすくなるのです。

対策:「緑茶のような無糖な飲み物がいいでしょう」と、ラージマン・ロスさん。

6. ショウガやフェンネルシードのようなスパイスをとりいれる

生姜

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:シャピロさんによると、両方とも消化を促し、ガスをたまりにくくしてくれます。お腹を引っ込めてくれることに。さらに、風味をスパイスに頼れば、お腹をふくらませる原因になる食塩を減らすこともできます。

対策:フェンネルシードか新鮮なすりおろしショウガを熱いお湯にひたし、お茶にしてもいいでしょう。

7. 脂質の多い魚をとりいれる

鮭

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:サケ、マグロ、サバ、ニシンなどを食べると、お腹の脂肪を減らすことにもつながります。

最近の研究によると、脂肪の多い魚に見られるオメガ3系脂肪酸が、カロリーの燃焼を促してくれ、代謝を促進する褐色脂肪細胞を増やしてくれるとわかってきました。

対策:魚は昼食や夕食に食べるだけでなくは、午前中にサーモン入りのラップロールなどを食べるようにすると効果的です。

スッキリお腹を手に入れる

便秘や疲労の解消に期待! 簡単シナモンアップルの作り方

たった5分間煮詰めるだけで簡単にできるシナモンアップル。そのままでもとっても美味しいですが、ヨーグルトやトースト、パンケーキのトッピングにしてもとっ...

https://www.mylohas.net/2019/02/185075cinnamon_apple.html

納豆で便秘解消! 一緒に摂るとよい食材は?

納豆パワーはどのように働き、どう食べると効果的なのか? 10回連載で、納豆にまつわる疑問について、「ナットウキナーゼ」を発見した納豆博士・須見洋行先...

https://www.mylohas.net/2019/01/184199_nattoquetion02.html

Karen Ansel, RD/15 Flat Belly Food Swaps That Cure a Bloated Stomach
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析