1. Home
  2. BODY
  3. ぽっこりお腹を平らにする「食べ方」は? 栄養士が教える8つの工夫

ぽっこりお腹を平らにする「食べ方」は? 栄養士が教える8つの工夫

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,790

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

腹筋

お腹のおかげで身体に自信が持てない? そんなときにも落ち込む必要はありません。

お腹の脂肪を減らさなくてもいいかもしれないのです。

ぽっこり出ているのは、実際には膨らんでいるだけかもしれません。40歳以上の女性は特にそう。消化が遅くなっていることが、一番の原因。歳とともに悪化してしまいます。

ではどうすれば、お腹をへこませられるのでしょう。ここでよいニュースが。簡単な食事メニューとライフスタイルの変更だけで、お腹をへこまし、消化をよくし、平らなお腹を取り戻せる可能性があるのです。

次のような食事や生活に取り組むと、わずか数日で服が快適にジャストフィットするかもしれません。今回は、ぽっこりお腹を引っ込めるための食生活のヒントを紹介します。

  1. 2種類の食物繊維を摂る
  2. 精製された炭水化物を避ける
  3. カリウム豊富な食品をとりいれる
  4. ナトリウムを避ける
  5. ペパーミントティーを飲む
  6. お酒を避ける
  7. 甘味料を避ける
  8. より多くの水分をとりいれる

1. 2種類の食物繊維を摂る

シリアル

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:便秘になるとお腹が出てしまうのですが、それを防ぐ簡単な方法は、毎日の朝食で1日分の食物繊維を摂ること。これで消化器系が1日ほどで働くようになり、それが続いてくれるのです。

トロント大学の研究者によると、朝食用シリアルの研究に基づけば、一度に2種類の食物繊維を摂るのが最も効果的だそう。この研究によると、かさばる不溶性の食物繊維とゲル状の可溶性の食物繊維の両方を含むシリアルを摂ると、被験者のお通じのよさが続いたことがわかりました。

ミネソタ大学の食品科学・栄養学教授で博士のジョアンヌ・スラビンさんによると、この2つのタイプが腸管内に水分を引き込み、排せつのスピードを上げるそうです。結果はすぐに現れるでしょう。

対策:オートミールはこの2タイプの食物繊維を含んでいます。フルーツや一晩ふやかしたチアチードと共にお試しを。

2. 精製された炭水化物を避ける

パスタ

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:白いパン、パスタ、甘い焼き菓子などは“ぽっこり村”への間違いない近道。なぜでしょう?

「身体は、精製炭水化物をブドウ糖、または糖分にとても早く分解します」と説明するのは、登録栄養士のエイミー・シャピロさん。そのブドウ糖の一部はエネルギーとして使われますが、すぐに必要ないものは、後々のために筋肉と肝臓に蓄えられます

問題になる点について、シャピロさんは、「ブドウ糖を貯蔵するとき、私たちは各分子を水の分子2つと一緒に貯蔵するのです」と説明します。結果として、水がたまり、膨満感を持続させるのです。

対策:精製されたものを、全粒の穀物にするのです(さつまいもなど)。シャピロさんによると、これらは食物繊維が豊富で、身体に水をためる働きもありません。そのためお腹への影響が軽くできるのです。

手軽だからと白米やパスタをとるなら、すばやく調理できるキノアのような全粒穀物を使うのもよいかもしれません。

3. カリウム豊富な食品をとりいれる

バナナ

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:高カリウム食品は余分な水分の排せつをうながして、腰まわりを細くしてくれます。水分をためこんでしまう大きな理由が、水分をコントロールする主要なミネラル、カリウムとナトリウムのバランスの崩れなのです。ナトリウムのレベルが高すぎると、身体が水分をためこむようになります。

アメリカ国立衛生研究所は、カリウム摂取量を1日4700mgにして、ナトリウムとカリウムのバランスを整えるよう推奨しています。

レンズ豆、牛乳、オレンジジュースとともに野菜や果物を摂るのです。バランスがとれると、水分と一緒に余分なナトリウムが排せつされるはず。すると不思議とお腹がへこんでくれます。

気を付けたいこと:食品からカリウムを安全に摂れるのですが、サプリメントからはうまくいきません

カム・レディー・ニュートリション最高栄養学責任者、レスリー・ボンチさん(登録栄養士で公衆衛生学修士)によると、サプリメントからカリウムを摂ると、体内にたまりやすく、心拍リズムの異常を引き起こし、心臓発作の原因になる可能性があるそう。

対策:バナナはカリウムが豊富。じゃがいもにはそれ以上に含まれています。

4. ナトリウムを避ける

塩

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:ナトリウムは、身体に水分をたくわえ、お腹をふくらませます。アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、推奨摂取量は1日2300mgですが、多くの人が3400mgを摂取しているということ。

対策:加工食品のナトリウム量に要注意。アメリカ疾病対策センターによると、およそ70%は加工食品から摂っているといいます。

5. ペパーミントティーを飲む

ペパーミント

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:重めの食事を食べた後、お腹がふくらんだり、不快感があったりするときにはハーブを含むお茶がおすすめ。研究によると、ペパーミントは、腸の運動を助けて、消化をよくしてくれるのです。

「消化不良やガスがたまるのを防ぐために飲んでいます」と話すのは、登録栄養士のフランシス・ラージマン・ロスさん(『Eating in Color』著者)。

対策:市販のティーバッグを使うか、新鮮なミントの葉を5分間お湯に浸します。

6. お酒を避ける

ワイン

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:お腹のふくらみが気になるようなら、お酒を控えては。

「アルコールは炎症を引き起こし、お腹にガスをためてしまうのです」と、シャピロさんは説明します。脱水を引き起こしてしまうので、身体は水分を保とうとします。

「結果として、目に見えてお腹がふくらんでしまいます」(シャピロさん)。

対策:すぐにお腹をへこませたいなら、お酒はすぐに避けます。次に飲むなら、グラス1杯のワインやライムを絞ったテキーラのような低糖のものを。シャピロさんは、水分補給のために飲酒の前後に、グラス1杯の水をすすめています。

7. 甘味料を避ける

砂糖

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:フレーバーウォーターや低炭水化物食、糖尿病食、シュガーフリー食品に入っている低カロリー甘味料は完全に消化できません。結果として、大腸の微生物がそれらを発酵させて、ガスを作りだし、膨満感や下痢を引き起こしてしまうのです。

対策:食品のラベルを見て、ソルビトール、マンニトール、キシリトール、およびラシトールなどの人工甘味料の有無を確認します。甘味料を使うなら、自然由来のものを少し使うように。

8. より多くの水分をとりいれる

水

image via shutterstock

どうしてお腹がへこむ?:ボンチさんによると、水分補給することは、お腹をへこますためにはとりわけ大切。たとえば、身体に十分な水分があると、オーツ麦のような高食物繊維食は腸で水分を吸収して、便秘を防いでくれます。

「十分な水分を飲まない女性は、ほかの努力をしても、お腹が出てしまいやすくなります」とボンチさんは話します。

1日に最低グラス8杯の水に加えて、野菜や果物のような水分豊富な食品もとるとよいでしょう。水、牛乳、ジュース、コーヒー、紅茶など、どんな飲み物でもよいのです(もっとも、脱水を引き起こしてしまうアルコールは除きます)。

対策:カロリー、塩分、糖分、添加物のない水道水は、すばらしい選択。そして、とても安い!

次回の『Prevention』に続きます。

引き締まったお腹に

そのぜい肉、運動の仕方を変えれば落ちるかも! 具体的方法は?

ダイエットやワークアウトをしてもお腹周りのぜい肉が取れない。そんな人はワークアウトのやり方が間違っているかもしれません。

https://www.mylohas.net/2019/03/187646pvn_workout2.html

ぺったんこ腹の人に学ぶ。ベストな睡眠、水の摂取量、運動量とは?

セレブ達のように、美しい体型の維持に必要なことは?専門家に聞いてみました。

https://www.mylohas.net/2019/03/187025pvn_stomach2.html

Karen Ansel, RD/15 Flat Belly Food Swaps That Cure a Bloated Stomach
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた