1. Home
  2. BODY
  3. 運動後の疲れを溜めないサプリは? 栄養でできる簡単ケア術

運動後の疲れを溜めないサプリは? 栄養でできる簡単ケア術

ポジティブ栄養学

走る女性

そろそろ屋外で身体を動かすのが気持ちいいころ。ランウェア姿の人もちらほら見かけるようになってきました。

心地よい心と体をキープするためにも、あるいはボディラインキープのためにも、体を動かすことはとてもいいこと。その一方で、ランニングや長時間の筋トレなど激しいスポーツをするときにはちょっぴり意識してほしいことがあります。それは活性酸素。

呼吸をすればするほど多くなる活性酸素

走る女性

老化を進めるなどネガティブなイメージのある活性酸素ですが、 実は細菌やウイルスをやっつけたりと身体の防御システムにひと役買っている物質でもあるので、バランスが大切です。

人間の体は呼吸によって酸素を体内に取り入れ、エネルギー作りのために使われますが、2%ほどが活性酸素に変換されます。

運動をするとエネルギーが大量に必要になるため、それだけ呼吸する回数も増加。体内に酸素をとりいれる量が増えるということは、それだけ活性酸素も多くなる、ということ。

運動後に増えすぎた活性酸素は、筋肉や筋肉を覆っている膜を傷つけてしまうことに……。これが疲れにつながっていくと考えられます。

体のなかで作られてしまう活性酸素ですが、体は、ただ増えるのをそのままにしているわけではありません。 活性酸素が増えすぎないよう、活性酸素を消すためのシステムも存在します。スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、カタラーゼといった酵素がそれ。

しかし年齢を重ねるごとに低下傾向にあることもわかっています。だからこそ、栄養の力を借りるのが得策です。

スポーツ疲労対策はもちろん、シミ・シワ対策にも

ビタミンCサプリ

活性酸素を消去してくれる栄養素にはいろいろありますが、筆頭格といえるのがビタミンC。野菜や果物から取るのはもちろん、たっぷりしっかり摂りたいなら、サプリメントに頼るのも手です。その際は医薬品と同じくらいの基準(GMP基準または準拠)で作られたものをチョイスして。

これからは紫外線が強くなるシーズン。ビタミンCは、屋外で運動するときのシミ・シワ対策としてもマストといえる栄養素。デメリットをできるだけ防ぐために賢く栄養素を活用していきたいと思っているところです。

ビタミンCを摂ろう!

日焼け対策、美肌、抗酸化に。オーガニックフルーツジュース3選

疲れやすいけどケミカルなエナジードリンクを飲みたくない、といったときに頼りになるのが、オーガニックフルーツを使ったドリンク。 今回は、未だあまり知ら...

https://mylohas.net/2019/03/187692organic_juice.html

レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

主演映画や自身のInstagramでノーメイク姿を堂々と披露するレディー・ガガ。ガガのメイクアップアーティストが、美肌を保つスキンケアの秘訣を話して...

https://mylohas.net/2019/03/187761pvn_ladygaga.html

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって