1. Home
  2. EAT
  3. 抗酸化ジュースの決定版! 辛みがアクセントの「スプラウト&トマトみかんスムージー」

抗酸化ジュースの決定版! 辛みがアクセントの「スプラウト&トマトみかんスムージー」

コゲとサビ

いい大人のための食育会議から転載

高い抗酸化作用が期待できる3つの食材を組み合わせた、スッキリとした飲み口のスムージー。スプラウトは抗酸化作用を高めるだけでなく、そのピリッとした辛みが味のアクセントとしても活躍します。

shokuikukaigi01

スプラウト&トマトみかんスムージー

<材料>

  • ブロッコリー スーパースプラウト10~15g
  • トマト(中)1個(正味100g)
  • みかん(大)1個(正味100g)
  • 水大さじ2
  • はちみつ お好みで小さじ1~2

<レシピ>

  1. トマトは小さい乱切りに切る。みかんは外皮を剥く。
  2. ミキサーにトマト、ブロッコリー スーパースプラウト、みかん(お好みではちみつ)、水の順に入れ、撹拌する。※みかんはオレンジでも代用可能です。大きいミキサーを使う場合は2倍量にするなど分量を増やすと撹拌しやすくなります

いい大人のための食育会議

酸化と糖化対策

日焼け対策、美肌、抗酸化に。オーガニックフルーツジュース3選

疲れやすいけどケミカルなエナジードリンクを飲みたくない、といったときに頼りになるのが、オーガニックフルーツを使ったドリンク。 今回は、未だあまり知ら...

https://www.mylohas.net/2019/03/187692organic_juice.html

血糖値が高くなった状態が続くと、老化が進む!? すぐできることとは?

タンパク質と糖が結びついて、細胞を劣化させる恐ろしい現象、「糖化」。この「糖化」を減少、増加させる要因として密接な関係がいくつかあります。今回はその...

https://www.mylohas.net/2019/04/188027sp_aging_age02.html

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって