1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. シミ、シワに。皮膚科医が教える「アルガンオイルを肌に使うメリット」

シミ、シワに。皮膚科医が教える「アルガンオイルを肌に使うメリット」

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,312

Seina Ozawa(翻訳)

アルガンオイル

美容製品にはさまざまなブランドがありますが、アロエベラ、ココナッツオイル、ローズヒップオイルなど、まったく同じ成分が使われていることが多いですよね。

アルガンオイルも、そんなおなじみの成分のひとつ。お手頃な価格にも関わらず、キレイな金色の見た目とナッツのような香りを楽しめて、ラグジュアリーな気分を味わえます。肌にも髪にも使えるオイルで、とても軽く心地のよいテクスチャーをしています。

アルガンオイルには、ビタミンE、脂肪酸、スクアレン、抗酸化物質など有効な栄養成分がたっぷり。肌や髪に驚くほどの効果が期待できます。今回は、アルガンオイルとは何なのか、その使い方や効果について、専門家に詳しく教えてもらいました。

アルガンオイルって、一体何?

アルガン

アルガンオイルは、モロッコ南西部に自生するアルガンの木の種から抽出されます。

「昔からの製造方法では、まずアルガンの実の厚い皮と果肉を取り除きます。次に、手作業で種を割り、オイルをたっぷり含んだ仁を取り出します」とハドリー・キング医師は話します。キング医師は、コーネル大学ウェイル・メディカル・カレッジで、皮膚科医および皮膚科学の臨床指導者として活躍しています。

「その後、仁を細かく挽いてから圧搾すると、純粋で濾過されていないアルガンオイルが抽出されます。最後にフィルターで濾過して、より純度の高いオイルに仕上げます」

できあがったオイルは、とても栄養価が高く、肌にしっかりと浸透して保湿してくれます。また、天然脂質の生成を促進して肌のバリア機能を高めてくれます、とペンシルベニア州のモンゴメリー皮膚科に勤務する皮膚科医のエルム・イリヤス医師は話します。

アルガンオイルは比較的軽めなので、ほとんどの肌タイプの方にお使いいただけます。また、髪に使う場合は髪質を問わずどんな方にもおすすめです。

アルガンオイルを使って、より美しい肌を手に入れるには?

女性

image via shutterstock

保湿力を高める

アルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれるので、肌にしっかりと潤いを与えてくれます

「ビタミンEは肌のバリア機能を高めて、潤いをキープします」と話すのは、スキンケアブランドSkinLabの創業者で、ハリウッドで活躍するセレブエステティシャンのジョシュア・ロスさん。

潤いを閉じ込めるため、普段お使いの保湿剤に100%ピュアアルガンオイルを数滴混ぜて使うのが、ロスさんのおすすめです。

シワを減らす

栄養豊富なアルガンオイルには、肌をより若々しく見せる効果も。「加齢とともに肌は薄くなり、肌の根幹であるコラーゲンや弾力(伸びた皮膚を元に戻す力)が失われていきます。そのため、肌のシワがどんどん増えていきます」とイリヤス医師。

「閉経後の女性がアルガンオイルを局所的に使った場合、肌の弾力を取り戻す効果があることもわかっています」

肌を明るくして、シミを減らす

肌の色素沈着やホルモン・加齢・紫外線によるシミにお悩みの方は、アルガンオイルを使えば肌の状態を改善して、より明るい肌を手に入れることができるかもしれません。

「アルガンオイルにはトコフェロール(ビタミンE化合物)が含まれます。これが肝斑(治りにくいシミ)や傷の色素沈着を抑制してくれます」とイリヤス医師は言います。さらに、動物実験では火傷の治りを早める可能性もあるという結果が出ているそうです。

肌をクレンジングする

オイリーなニキビ肌に悩まされている方は、さらにオイルを塗るというのは抵抗がありますよね。でも、実は思っているよりも効果的かもしれません。

「ある小規模な研究によると、アルガンオイルを局所的に1日2回、4週間続けて使ったところ、皮脂(オイル)が減り、顔のテカリが改善されたんです」とキング医師。「つまり、毛穴の詰まりやニキビを抑制できる可能性があるんです」

清潔なコットンにアルガンオイルを染み込ませて顔を拭いた後、肌に優しいクレンジングで洗うのもおすすめです、とヒューストンのMetropolitan Dermatology Instituteの皮膚科医、ジェニファー・シーガル博士は言います。

スキンケアに試してみたいオイル

皮膚科医が教える、グレープシードオイルを肌に使う5つのメリット

万人向けで肌によいと言われるグレープシードオイル。なぜ肌によいのか理由をまとめました。

https://www.mylohas.net/2019/03/186673pvn_grapeseed2.html

料理だけでなく肌にも使える。グレープシードオイルの正しい使い方

マルチな美容効果を持つグレープシードオイルについて詳しくご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/186663pvn_grapeseed.html

Jenn Sinrich/11 Ways to Use Argan Oil for Shinier Hair and Healthier Skin, According to Experts
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析