1. Home
  2. SPORTS
  3. アパレル事務・宮本琴乃さん|My Favorite Sports vol.024

アパレル事務・宮本琴乃さん|My Favorite Sports vol.024

My Favorite Sports

自分なりにスポーツを楽しんでいる女性たちに、その競技についてうかがう連載「My Favorite Sports」。

myfavoritesports24_01a

▼名前:宮本 琴乃
▼年齢:26歳
▼職業:会社員
▼ハマっているスポーツ:インラインホッケー
▼競技歴:約8年
▼頻度:月2〜3回

インラインホッケーはどこでやっていますか?

埼玉県北戸田にあるホッケーの施設でやっています。

誰と一緒にやっていますか?

所属チーム「Team Maffick」のメンバーと。

インラインホッケーを始めたきっかけは?

大学で新しいスポーツに挑戦したいと思い、部活見学をしていた時に出会いました。

幼い頃に得意だったローラーブレードを履いてプレイするところに親近感が湧いたのと、マイナースポーツなので私でもトップを目指せるかもしれないと思い始めました。

インラインホッケーを始めてよかったことは?

高校までずっと水泳をやってきたのですが、個人ではなく、チームで戦うことの難しさや協調性の大切さを学ぶことができました。あと、勝敗の感情をチームのみんなと共有できる喜びも知りました。

インラインホッケーの楽しいところは?

得点を決めたときはとにかく快感! 試合中もチームみんなで盛り上がれるところも楽しいです。

インラインホッケーの難しいと思うところは?

パスのタイミングが難しいです。チーム内の意思疎通が非常に大切なスポーツなので、自分のポジションだけでなく、仲間の動きや位置まで把握して動くのが大変ですね。

インラインホッケーをするうえでのお気に入りアイテムは?

myfavoritesports24_02b-1

試合や練習でかなりの汗をかくので、終わった後に使う洗顔料と化粧水は手放せません。

大好きなゼラリウムの香りで、とても癒やされてリフレッシュできます。あとは消臭スプレー。防具は毎回洗えるものではないので、いつも気持ちよく使えるように、練習や試合の後は必ずスプレーしています。

インラインホッケーを通しての夢は?

日本ではマイナースポーツなので、もっといろんなところに露出をして、まずはインラインホッケーを知ってほしいです。

スピード感や音など、迫力があるにも関わらずアイスホッケーと比べると安全なスポーツなんですよ。だから子どもたちや新しいスポーツをやりたい大人の方々に向けて、どんどん挑戦してもらえるような環境を作っていきたいです。

ご自身にとって、インラインホッケーとは?

成長させてくれるもの。

My Favorite Sportsをもっと読む

ファッションプレス・熊倉 祐美さん|My Favorite Sports vol.023

日々、ファッションブランドを中心にPRを業務を行う熊倉さん。もともと有酸素運動が苦手ということもあり、ダイエットと運動不足解消のために始めたヨガ。自...

https://www.mylohas.net/2019/02/185105myfavoritesports_023.html

ランナー浅田 優さん|My Favorite Sports vol.017

出産前と後を比較して圧倒的に変わったのが体力だったという浅田さん。日々、アタッシュドプレストしてさまざまなブランドのPR業務をこなす中で、体力作りを...

https://www.mylohas.net/2018/11/myfavoritesports_017.html

撮影/中山実華

Tadack(Green House)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって