1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 肌育成のプロが教える美肌への道。ヒントは菌とのつきあい方に

肌育成のプロが教える美肌への道。ヒントは菌とのつきあい方に

6,113

鈴木希

洗顔

最近の腸活ブームで「腸内細菌」にスポットが当たることが多くなったこの頃。

ここ数年でも菌に関する研究が進み、目に見えない菌たちが、私たちの美しさと健康に大きく貢献してくれていることがわかってきました。

では、どうしたら、菌といい関係になって恩恵をたっぷり受けられるのでしょうか。美しくありたい女性にさらに注目してほしいのは「皮膚常在菌」だと話すのが、肌育成スペシャリストの川上愛子さん

川上さんの著書『皮膚常在菌ビューティ!』(ワニブックス)を参考に、美肌づくりを助ける菌のパワーと増やし方を見ていきましょう。

私たちは皮膚常在菌を飼っている

菌

川上さんは、「皮膚科学+化粧品成分学」という科学的根拠と経験則を合わせて、2万人以上をスキンケア・カウンセリングしてきた肌育成のスペシャリスト。本書は、菌を擬人化してキャラクターにした漫画を交え、わかりやすく展開していきます。

一般的に、人間にとって良い働きをしてくれる菌を「善玉菌」、害を及ぼす菌を「悪玉菌」、環境によって人体にとって良くも悪くもなる菌を「日和見菌」と呼んでいます。

『皮膚常在菌ビューティ!』16ページより引用

川上さんによると、腸内環境と同じように、皮膚にも良い菌、悪い菌があるということ。

その代表的なものが、肌をツヤツヤ&弱酸性に保つ善玉菌の「表皮ブドウ球菌」と、弱酸性バリアが弱まったときに乾燥や化膿を引き起こす悪玉菌の「黄色ブドウ球菌」

そして、普段は天然保湿成分を作り出し美肌に貢献しているものの、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まると炎症を引き起こしてニキビを作る日和見菌の「アクネ菌」があるのだそう。

皮膚常在菌ビューティ!

(右より)善玉菌「表皮ブドウ球菌」のひょうくん、日和見菌「アクネ菌」のあっくん、悪玉菌「黄色ブドウ球菌」のおうちゃん(資料提供:ワニブックス)

美肌への近道は、菌にとって「よい宿主」になること、と本書の中で記されています。しかし、単純に殺菌や除菌をして悪玉菌を減らせばいいかというと、そうでもないようです。

殺菌や除菌は、同時に善玉菌やアクネ菌も倒してしまうことになるので、善玉菌が元気になる環境を作っていくことが肌のためにはよいのだと、川上さんはいいます。

休日は、むしろ顔を洗わないほうがいい!?

洗顔

それでは、本書のなかで「美肌製造責任者」と喩えられている表皮ブドウ球菌をうまく働かすには、どうすればよいのでしょう?

しっかりと休んで体のなかからいい分泌をすることが、もっとも効果的な美肌作りにつながる」と川上さんは言います。汗と皮脂がバランスよく出ている状態が、善玉菌にとってベストな環境なのだとか。

本書には、皮膚常在菌を育てるさまざまな方法が紹介されていますが、なかでもすぐに実行できそうなのが、休日を「育菌日」にあてること

お休みの日、ゆっくり起きてブランチを食べ、そのまま、平日に散らかった部屋を掃除しているとき、「あ、今日顔を洗っていなかったわ」なんていうことがあると思います。このちょっとぬるっとした肌の状態をキープ。

『皮膚常在菌ビューティ!』62ページより引用

十分睡眠をとった翌日なら、菌も皮脂や汗も肌にたっぷり。

川上さんがいうには、ほおを指でぐっと押したときに、指のまわりにツヤの反射ができるのが、皮脂分量のちょうどいい状態なのだそう。洗顔するかしないかは、皮脂の分量で判断しましょう。

お風呂から出たらオイルでカバー

シャワー

また、血行と発汗をよくするためには、シャワーだけで済ませず、39~40度のお湯に15分ほど浸かることもおすすめ、と川上さん。

しかし、入浴後そのままの状態でいるのは、逆効果。肌が濡れると蒸発によって乾燥しやすくなり、入浴後25分前後で「過乾燥」状態になってしまうそう。だから、蒸気たっぷりのお風呂で角質に水分を与えたら、そのまま浴室内でオイルをつけるといいそうです。

角質の細胞のすき間は細胞間脂質で満たされており、その主な成分がセラミドです。セラミドは水分や油分を抱え込むので、お肌のハリとうるおいのもとに。そのため、セラミドを含むオイルを使うとなじみが良く、保湿効果が高いのです。

『皮膚常在菌ビューティ!』84ページより引用

たとえば、オリーブオイルやローズヒップ油、ヘンプ油など。保湿に加えて美容効果を求めるなら、アボカドオイル、エイジングケアならアルガンオイルやグレープシードオイルもおすすめ、と川上さん。

肌のことを考えると、できればあれこれ使いたくない(でも、使わないと乾燥しそうで心配……)と思われる方にピッタリの本書には、他にもさまざまな美肌へのヒントが紹介されています。

乾燥とテカリが気になりだす時期。皮膚常在菌と上手に付き合い、美肌をめざしたいですね。

菌と上手につきあう

乳酸菌は肌にもいいって本当? 最新研究が明かす美肌との関係

美肌をサポートする働きがあると言われている「プラズマ乳酸菌」という乳酸菌について専門家に聞きました。手軽に摂取できるアイテムも紹介します!

https://www.mylohas.net/2018/05/165070.html

「皮膚常在菌」を育てるコスメで花粉症対策

花粉症の肌荒れに最適なスキンケアを探していたところ、「バリアスキンケア」という発想のコスメ、「ihoa(イホア)」に興味を惹かれました。「イホア」は...

https://www.mylohas.net/2016/03/053139ihoa.html

『皮膚常在菌ビューティー!』]image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析