1. Home
  2. BODY
  3. どうして眠れないの? 睡眠障害を引き起こす12の原因と5つの症状

どうして眠れないの? 睡眠障害を引き起こす12の原因と5つの症状

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,077

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

不眠

image via shutterstock

多くの人に関係する睡眠障害には、何と90以上のタイプがあります。

前回は睡眠障害の基本と、代表的なタイプを紹介しました。今回は、睡眠障害を引き起こす原因と症状を見ていきましょう。

睡眠障害はどうしてなるの?

睡眠不足

image via shutterstock

睡眠障害には、はっきりと原因がわかるものも、いろいろな要素が重なって症状が現れるものもあります。

そしてたいていは、ほかの病気(精神的な病気も含めて)に合併して現れてしまう症状です。たとえば、ナルコレプシーは特定の自己免疫疾患を原因として起こっている可能性がありますし、まれなケースですが、脳の損傷も原因になります[8]。

そのため、睡眠障害の原因またはリスク要素はあまりにも数が多く、すべてを挙げるのは難しいのですが、もっとも一般的なものをいくつかご紹介します。[3][9][12][15][16]

症状

  • 鉄欠乏性貧血
  • 感情的なストレス、または、精神的なストレス
  • 遺伝的要素
  • 体重が重すぎる、または肥満である
  • 不定または変則的な睡眠スケジュール
  • 特定の薬を服用している

症状

  • ストレス
  • 快適ではない睡眠環境
  • 基礎疾患
  • 寝る直前のアルコール、カフェイン摂取
  • 「鼻中隔湾曲」など、呼吸に影響する身体の構造上の問題
  • ベッドに入る直前までディスプレーを見ている

睡眠障害の症状は?

昼寝

image via shutterstock

睡眠障害の症状は、タイプと原因によって違います。[3][8][9][13]

不眠症

不眠

  • 眠りにつく、眠り続ける、または夜の間ずっと眠っているのが難しい
  • 日中、眠気や疲れを感じる
  • 気難しくなる、気分が変わりやすくなる
  • 集中力や記憶力に問題が起きる

睡眠時無呼吸

睡眠

  • 眠っている間に呼吸が止まる。特に10秒間以上
  • ひどいいびき
  • 夜間に突然目覚める。特にあえいだり、息が詰まったりすることによる
  • 一晩中寝た後でも、日中に眠くなる
  • 朝、ドライマウスやノドの痛みがある

ナルコレプシー

バッテリー

  • 日中のひどい眠気
  • “睡眠発作”、つまりほぼ前兆なしに突然眠ってしまう
  • 筋肉の緊張が突然なくなり、筋肉が弱くなるとか制御できなくなる(「カタプレクシー」とも呼ばれます)
  • 睡眠麻痺(いわゆる“金縛り”)。目は覚めているのに、動いたり話したりできなくなる状態。
  • 睡眠の中断、または不眠症

むずむず脚症候群

足

  • 脚を動かしたい、向きを変えたいという強い衝動
  • 脚にうずくような感じ、焼けるような感じ、しびれ、痛みなどの不快な感覚がある
  • ベッドに入ってから、または長い間活動していなかった後に、このような症状がある

サーカディアン(概日)リズム障害

時計

  • 眠りにつく、眠り続ける、または夜の間ずっと眠っているのが難しい
  • 日中、眠気や疲れを感じる
  • 気難しくなる、気分が変わりやすくなる
  • 集中力や記憶力に問題が起きる

次回の『Prevention』記事に続きます。

[1] CDC [2] CDC [3] Cleveland clinic [4] Mayo clinic [5] National Sleep Foundation [6] Cleveland clinic [7] AASM [8] NLH [9] Cleveland clinic [10] Cleveland clinic [11] Cleveland clinic [12] Cleveland clinic [13] CDC [14] Mayo clinic [15] Cleveland clinic [16] Cleveland clinic [17] Cleveland clinic [18] ACC [19] Mayo clinic [20] NCBI [21] NIH [22] NIH [23] Cleveland clinic [24] National Sleep Foundation

気になる睡眠のあれこれ

あなたはどの動物タイプ? 睡眠学者が教える、おすすめの一日の過ごし方

世界的スリープ・ドクターのマイケル・ブレウス博士は、朝型夜型についての体質「クロノタイプ」には4つのタイプがあって、それぞれに理想的な日々のルーティ...

https://www.mylohas.net/2019/03/186377sleep_type.html

NASAの研究から導く、オーバーヒートしかけている脳を休める方法

昼間に眠気に襲われ、瞬間的に意識が飛び「カクン」となったことがありませんか。あれは「瞬間睡眠」あるいは「マイクロスリープ」と呼ばれ、人間の脳にとって...

https://www.mylohas.net/2019/03/185630get_better09.html

Markham Heid/Sleep Disorders: Every Important Fact to Know About Symptoms, Diagnosis, and Treatments
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析