1. Home
  2. EAT
  3. 減量中に食べてもいい間食は何? 手軽でおいしい「おやつ」10選

減量中に食べてもいい間食は何? 手軽でおいしい「おやつ」10選

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,125

Maya A. Kishida(翻訳)

ワカモレ

ダイエットプランの一環として、おやつをヘルシーにするのは多くの面でよいことです。

健康によいものを少しずつ間食することで、食事の間に空腹を覚えなくなるので、あまりにお腹が空いてつい食べすぎてしまったり、身体によくないものを好きなだけ食べてしまったりといったことが減るでしょう。

健康的なおやつがあれば、食べたい気持ちや物足りない気分にならずに、ジャンクフードの甘いささやきをスルーできるのです。唯一の罠は、自分にあった満足できるおやつは何かというのが、よくわからないということ。

では間食として考えたときに、具体的に何がヘルシーだとされるのでしょうか? 一般的に間食として推奨されるカロリーは、およそ200〜250kcal、タンパク質が約10g、繊維質は5gですと話すのは、栄養のエキスパートである認定栄養士サラ・フルグラッドさん。

このカロリーであれば一日の割り当てをオーバーすることなく、十分に満足感を得られます。さらにタンパク質と繊維質の組み合わせは、次の食事までの間エネルギーを持続させるのによいでしょう。

おやつのいいアイデアを探しているあなたへ、手早く、おいしく、専門家もおすすめする、あなたの期待にかなうおやつを紹介します。

  1. りんごにピーナツバター
  2. ローストしたひよこ豆
  3. チアシードのプディング
  4. ニンジンとフムス
  5. フルーツを添えたデザート・フムス
  6. グリーンスムージー
  7. アーモンドにザクロの実
  8. ワカモレにヒカマ(クズイモ)
  9. 塩味のギリシャヨーグルト
  10. 焼いたサツマイモにナッツかシードバターを添えて

1. りんごにピーナツバター

ピーナッツバター

医学ジャーナル誌『PLOS Med』に掲載された2015年の研究によれば、繊維質の豊富なりんごはダイエット中に適したフルーツのひとつ。

タンパク質とヘルシーな脂肪が足りない分は、ナチュラル・ピーナツバター大さじ2で補えば大丈夫、とフルグラッドさん。砂糖や不健康な油分が添加されていないかどうか、ピーナツバターのラベルをよく確認するのを忘れずに。

2. ローストしたひよこ豆

ひよこ豆

3/4カップの豆類(ひよこ豆など)を食べると、食生活を変えずに6週間で450g近く体重を減らすのに貢献すると、『アメリカ臨床栄養学会誌』の2016年3月のレビューが示唆しています。

プレーンな状態で食べるよりも(それではまったく味気ないから!)、エクストラバージン・オリーブオイルと海塩で、ひよこ豆をローストしてみて。風味をアップするにはクミンか、燻製のパプリカパウダーをたっぷりふりかけるのがおすすめ。

3. チアシードのプディング

チアシード

小さいけれどもパワーがぎゅっとつまったチアシードは、タンパク質と繊維質が豊富なだけではありません。

「体重を落とすのにとてもいい」と話すのは、栄養のエキスパート管理栄養士のエイミー・シャピロさん。「重量の10倍もの水分を保持するので、お腹の中でふくれて満腹感が持続します」

甘みのついていないアーモンドミルク、刻んだクルミ、ドライブルーベリーと一緒に甘いチアシードのプディングにして食べてみては? 『Prevention』のレシピでは2回分のおやつがつくれますよ、とシャピロさん。

4. ニンジンとフムス

フムス

日常的に豆をおいしく食べる方法として、フムスを積極的に利用しない手はありません。

ディップとして食べるなら、セロリやニンジンなどの生野菜で。これらはカロテノイド、ポリフェノールが豊富で、研究によれば、インスリン感受性を向上させ、腰回りの数値や肥満度指数も下げてくれそうです。

5. フルーツを添えたデザート・フムス

フムス

タンパク質と繊維質の豊富なひよこ豆を使ったおいしいフムスの甘いバージョンで、長時間腹持ちします。

ピューレにしたひよこ豆に、バニラエクストラクト、甘くないココアパウダーを加えて自分だけのデザートフムスをつくってみましょう。少々のメープルシロップで自然な甘さを追加して。

新鮮なイチゴをディップするために市販のデザート・フムスを購入してもかまいませんが、砂糖が大量に含まれているものは避けるように注意しましょう。また、1回に食べる分量を守ること。

6. グリーンスムージー

スムージー

野菜を手軽に多く摂るのに満足いく手段で、ダイエットのときにも間食としてすばらしいのがスムージー。

フルグラッドさんは「野菜とフルーツ半々の組み合わせに、プロテインとファイバーをさらに追加するのが好き」だそう。

ベビーホウレンソウと冷凍マンゴーをひとつかみずつ、低脂肪牛乳3/4カップ、フラックスシードの粉大さじ1という組み合わせや、あるいはケールと冷凍ベリーひとつかみずつ、砂糖無添加のアーモンドミルク3/4カップ。アーモンドバター大さじ1を加えてみてはいかが?

7. アーモンドにザクロの実

アーモンドとざくろ

低カロリーの食事の一環として、42gのナッツを3か月間食べていた太りすぎや肥満の女性は、ナッツを食べていなかった女性にくらべて体重をより多く減らしたということが『Journal of Research in Medical Sciences』に掲載された2014年5月の研究でわかりました。

1/4カップのアーモンドに1/2カップのザクロの実を合わせてみましょう。フルーツに含まれる水分と繊維質が、甘いもの好きの人を満足させるだけでなくお腹もいっぱいになる、とフルグラッドさん。

8. ワカモレにヒカマ(クズイモ)

ワカモレ

ワカモレ好きな人にいい知らせ。『Nutrition Journal』の委託研究によれば、アボカドを食べている人は、食べていない人にくらべて体重が軽く、肥満度指数も低かったとのこと。

そこで、いつものチップスの代わりにヒカマをワカモレにディップして食べてみて。スライスしたヒカマ1カップあたりにお腹を満たす繊維質は6g含まれていますが、カロリーは46kcalしかありません

9. 塩味のギリシャヨーグルト

ヨーグルト

フルーツやグラノーラの代わりにローストした塩味のパンプキンシード、刻んだオリーブ、あるいはスライスしたチェリートマトと一緒に食べるのがおすすめ、とフルグラッドさん。

ヨーグルト1カップにつきおよそ23gものタンパク質が含まれていて空腹感を満たします。研究によれば、ちょうど6週間で体脂肪を4%も落とすのに役立つとされるプロバイオティクスが含まれていることはいうまでもありません。

10. 焼いたサツマイモにナッツかシードバターを添えて

さつまいも

サツマイモはランチやディナーだけのものではありません。6gの繊維質が含まれたオレンジの甘い根菜は、間食にも最適です。

タンパク質を追加してパワーアップさせるには、大さじ1のアーモンドバターかタヒニを添えて。

次回の『Prevention』記事に続きます。

おいしく食べてダイエット

ワッフルなのに高タンパク質。ひよこ豆と野菜たっぷり低カロリー朝食

甘くておいしいワッフルもいいけれど、塩味のワッフルもおいしい!朝食にピッタリのひよこ豆と野菜のワッフルのレシピをご紹介。

https://www.mylohas.net/2019/01/183839waffles.html

体調不良のときに最適。栄養満点な「 鮭とオートミール」のおかゆ風ボウル

今回の魚介は、手軽な鮭の切り身。スーパーフードのオートミールを加えて煮たスープは、とろ~りとして鮭がゆのよう! 栄養満点で体が温まって、風邪ぎみの日...

https://www.mylohas.net/2019/01/183747_kelly23.html

Marygrace Taylor/19 Healthy Snacks for Weight Loss You'll Want to Eat Every Day
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由