1. Home
  2. EAT
  3. アボカド好きに朗報! しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

アボカド好きに朗報! しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

14,854

MYLOHAS編集部

アボカド

──ライフハッカー[日本版]より転載

アボカドで破産しそうです。

私は、食べられるものなら何でも、その表面にアボカドを塗らずにはいられないのです。おまけにアボカドは、びっくりするほど高いのです!

だからこそ、どうせ買うなら、できるだけたっぷり果肉が詰まったアボカドを手に入れたい。それを可能にするちょっとした秘訣には、胸躍らずにはいられません。

より果肉の詰まったアボカドを選ぶコツ

アボカド

Redditユーザーのu/passivefinessさんが、Redditの「Life Pro Tips」に投稿した記事は、種を手に入れるためにアボカドを買うのではないという前提で書かれています。店頭でおいしそうに見える、大きくて丸々としたアボカドは、ほとんどの場合、いざ切ってみると中に大きな種が入っています。本当に選ぶべきは、きれいな楕円形のアボカドなのです。

アボカドは丸ければ丸いほど、種が大きいのです。最大限の成果を得るには、楕円形のものを選びましょう。

u/passivefinessさんがひどいアボカドを買わせようと企んでいるのだという冗談めいたコメントも書かれていますが、この見分け方のコツは、どうやら本当のようです。

アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

アボカドでちょうど良い熟し加減を探すのは困難なもの。そんな時役立つ、硬いアボカドを、一晩で完熟にする画期的な方法をご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/10/178014avocado.html

アボカドのタネの割合の見分け方

アボカド

「Oregon Live」が2016年に掲載した記事では、農産物に詳しい読者のSteven Kaleさんが種の割合の見分け方を説明しています。「Oregon Live」はKaleさんの説が正しいかどうかを検証し、おおむね正しいことを確認しました。

重さが同じで形の異なるアボカドを、3回にわたってそれぞれ違うサンプルを用いて比較したところ、西洋梨のような細長い形をしたアボカドのほうが、丸い形に近いものと比べて小さい種が入っていました。

たとえば、6オンス(約170g)のハス種のアボカド2個を切ってみたところ、長い形のアボカドに入っていた種の重さは1オンス(約28.3g)でしたが、丸いアボカドの種の重さは1ないし1.5オンス(約28.3ないし42.5g)でした。

0.5オンス(約14.2g)の違いなど取るに足りないように思えますが、ワカモレを作るには2ないし4個のアボカドが必要になることを考えれば、この量の違いは大きな意味を持ちます。

ただし、注意しなければならないのは、どんな場合でも、種の大きさが保証されているわけでないということです。

きれいな卵形のアボカドを選んでも、呆れるほど大きな種が入っていることもあるでしょう。そうならないように祈りましょう。

アボカドを食事にプラス!

主食・副菜をつけても500kcal以下。アボカドチキンのわさび海苔あえ

アボカドチキンのわさび海苔あえのレシピ。アボカドは不飽和脂肪酸やビタミン類などが豊富に含まれ、女性におすすめの食材です。低脂質な鶏むね肉と合わせ、主...

https://www.mylohas.net/2019/02/184202diet_recipe.html

栄養豊富なアボカドのこと、どこまで知ってますか? 裏技、レシピ、栄養まとめ

悪玉コレステロールを減らしてくれる不飽和脂肪酸が豊富で、抗酸化作用が期待されるビタミンEもたっぷり。濃厚でクリーミーな舌触りと、ナッツのような風味で...

https://www.mylohas.net/2019/01/180488avocado.html

ライフハッカー[日本版]

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた