1. Home
  2. STYLE
  3. 【4月の新月】始まりのムードが高まり、チャレンジがテーマに

【4月の新月】始まりのムードが高まり、チャレンジがテーマに

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

12,046

新しい季節、新年度、新月――自然界も世の中も、フレッシュな雰囲気が高まるこの時季は、新たな挑戦やリベンジがテーマになります。

エルダーフラワー

4月の新月:情熱を取り戻す「決意の月」

【新月の瞬間】
4月5日(金)17時50分

月が満ちたり欠けたりする1周期は約29.5日。その初日にあたる新月の日は、始まりや再生の象徴です。暮らしの中で新月を意識するならば、この日に新しい目標を掲げたり、物事をリセットするといいでしょう

とくに4月の新月は、1年のうちでもっともフレッシュな頃。春の始まり、桜の開花、新年度のスタートなど、自然界にも世の中にも「始まり」の雰囲気が満ちていますから、このタイミングを逃す手はありません。

新たにチャレンジしたいことや、過去に断念したけれど再挑戦したいことがあれば、まずはそれを文字にしてみましょう。書き留めるものは、普段使っている手帳でもスマートフォンのメモ欄でも、何でもかまいません。

文字にする(残す)ことで意志が決まり、行動が目的達成へ向かい始めます。新月から日に日に満ちていく月のごとく、ヤル気もどんどん増していくことでしょう。

心に火をつけ、目的に向かうための情熱を燃やしてくれるお月さま。それが4月の新月です。

春先の体と心をすっきりと整えるハーブティー

エルダーフラワーティー

image via shutterstock

【エルダーフラワー】
・別名:セイヨウニワトコ
・学名:Sambucus nigra
・ティーに使う部位:花

白く可憐な花が咲くことから「妖精が住む木」といわれるエルダーフラワーは、古くからイギリスを中心にヨーロッパの伝統医療に使われてきた歴史あるハーブ。発汗と利尿の作用があり、風邪に効果的といわれています。

また、鼻水や目の充血など、花粉症のつらい症状をやわらげる働きもあるといわれているので、春先の体調管理に加えてほしいアイテムです。

熱湯で淹れたティーは、マスカットのような甘い香りと、深みのある味わいが特徴的。シングルティーでも飲みやすいですが、相性のいいペパーミントとブレンドするのもおすすめです。

季節の変わり目であると同時に、環境や人間関係なども変化する春先は、体調を崩しやすいとき。エルダーフラワーの力で体と心をすっきりさせて、新月からの新しいサイクルを気分よくスタートさせましょう。

4月5日(金)の夜:北斗七星にある、自分の守護星の見つけ方

北斗七星

image via shutterstock

21時頃、北の空を見上げると、柄杓の形に星が並んだ「北斗七星」を見つけることができます

北極星のまわりを規則正しくめぐる北斗七星は、古代中国で信仰の対象とされ、人は北斗七星からやってきて、死後は北斗七星に帰るといわれていました。その考え方は日本にも伝わり、今でも全国に星を祭る神社が多く存在しています。

また、北斗七星の7つの星は、十二支に割り当てられ、生まれ年によって本命星(ほんみょうじょう)が定まります。それではここで、星の名称と対応する十二支を、柄杓の注ぎ口にあたる星から柄の先にかけて順に紹介しましょう。

  • 貧狼星(とんろうせい):子
  • 巨門星(こもんせい):丑、亥
  • 禄存星(ろくそんせい):寅、戌
  • 文曲星(もんごくせい):卯、酉
  • 廉貞星(れんじょうせい):辰、申
  • 武曲星(むこくせい):巳、未
  • 破軍星(はぐんせい):午

本命星とは、生涯を通して自分を守護する星のことなので、意味を見出そうとしたり、運勢を見ることはありません。

ですが、無数の星の中に、自分を守ってくれる存在があるだけで、何だか心強いですよね。そう思うと、北斗七星がとても身近に感じられ、親しみがわいてきます。

北斗七星は一年中観察できますが、もっとも見やすいのは春です。夜になったら北の空を見上げて、「自分の星」をゆっくりと眺めてみてくださいね。

次回は、4月の満月。4月19日(金)です。

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

3月の満月は、二十四節気の「春分」と重なり、大きな節目感を漂わせています。さあ、時は満ちました。新しいステージに向かって、漕ぎ出すタイミングです。

https://www.mylohas.net/2019/03/187156mar_fullmoon.html

イラスト/カイフチエリ

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    2. 禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン