1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット時におすすめ。太りにくいお寿司の選び方のコツ

ダイエット時におすすめ。太りにくいお寿司の選び方のコツ

30日間の「太りにくい食習慣」

15,792

島田ゆかり

お寿司

image via shutterstock

今年こそ夏前にすっきりとボディを整えたい! 本連載では、1万人の悩みを解決した管理栄養士、菊池真由子さんのメソッド「食べても食べても太らない法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

魚介類のにぎりは良質なタンパク質が多く、脂質は少なめ。ダイエット時にはおすすめです。

魚介類には糖質の代謝を促進するリジンという必須アミノ酸が豊富です。魚介とご飯を一緒に食べると、リジンによってご飯の糖質がエネルギーとして消費され、余分な脂肪になるのを防いでくれます

特に、タイ、ブリ、ヒラメ、アジはオススメ。炭水化物を燃焼させるのに必要なビタミンB1が豊富だからです。

一方、お寿司でも避けたいのはご飯が多いちらし寿司や海鮮丼、巻き寿司、いなり寿司など。ビタミンB1多めの魚で、にぎり寿司を食べるようにしましょう。

30日間の「太りにくい食習慣」をもっと見る

図解 食べても食べても太らない法』(三笠書房刊)

201904_diet-5

管理栄養士だから言える「食べて、飲んで、やせる」法。タイトルに込められたメッセージこそ、ダイエットの成功の秘訣。つまり、食事の「量」ではなく「質」を見直すだけなのです。「肉の上手な食べ方」「食べても太らないおつまみ」など、読んでいくうちに「ムダな食欲」が消える、目からウロコのメソッドが満載の一冊。

食習慣を見直そう

レンチンでOK! 栄養たっぷりなのに、カラフルで“映え”なおにぎりBOX

雑穀米の冷凍おにぎり「SUPER FOOD RICE BALL BOX(スーパーフードライスボールボックス)」は、おにぎりとは思えないくらいに、おし...

https://www.mylohas.net/2018/11/17939onigiri.html

ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

ダイエット中でも好きなものを食べるには、「太りにくい食べ方」を知ることが大切。今回は、管理栄養士直伝、太らないお寿司の食べ方を紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/177447diet_sushi.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由