1. Home
  2. EAT
  3. 腸内の「やせ菌」を増やす! ダイエットのための食事メソッド3

腸内の「やせ菌」を増やす! ダイエットのための食事メソッド3

30日間の「太りにくい食習慣」

78,521

島田ゆかり

04

image via shutterstock

今年こそ夏前にすっきりとボディを整えたい! 本連載では、1万人の悩みを解決した管理栄養士、菊池真由子さんのメソッド「食べても食べても太らない法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

腸内細菌によってつくられる短鎖脂肪酸が、天然のやせ成分です。短鎖脂肪酸とは、食べ過ぎた糖質や脂肪のため込みを防ぎ、余分なカロリーを消費するダイエットの強い味方。

ではどうやって増やせばいいのでしょう。短鎖脂肪酸を作り出す腸内細菌は“やせ菌”と呼ばれています。やせ菌は1種類ではなく、腸内の善玉菌が増えるのに応じて増えていきます。

では善玉菌はどうやって増やすのか。それは、エサである食物繊維をたくさん摂ること

つまり、

  • 食物繊維で善玉菌を増やす
  • 善玉菌増加に従い、やせ菌も増える
  • やせ菌が増えると短鎖脂肪酸が増える

ということです。

善玉菌が豊富なトクホのヨーグルトと、食物繊維が豊富なフルーツの食べ合わせがおすすめです。

30日間の「太りにくい食習慣」をもっと見る

図解 食べても食べても太らない法』(三笠書房刊)

201904_diet

管理栄養士だから言える「食べて、飲んで、やせる」法。タイトルに込められたメッセージこそ、ダイエットの成功の秘訣。つまり、食事の「量」ではなく「質」を見直すだけなのです。「肉の上手な食べ方」「食べても太らないおつまみ」など、読んでいくうちに「ムダな食欲」が消える、目からウロコのメソッドが満載の一冊。

食習慣を見直そう

イライラするのは細菌のせい? 空腹が脳にもたらすこわい影響とは?

イライラの原因として大きなものが「空腹」です。空腹になるとセロトニンが減少します。セロトニンは心の安定と深く関係するホルモン。少なくなるとイライラし...

https://www.mylohas.net/2019/03/186380get_better24.html

砂糖不使用! たった4つの材料でつくる、甘酒ときな粉のヘルシーアイス

この時期、多くの人が苦しむ花粉症。そこで大切になってくるのが、「第二の脳」とも呼ばれる腸内環境を整えることだといわれています。そこで今回は、腸内環境...

https://www.mylohas.net/2019/03/187305icecream.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー