1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. その髪の不調、糖化が原因かも。美髪を作る3つの習慣って?

その髪の不調、糖化が原因かも。美髪を作る3つの習慣って?

コゲとサビ

34,256

横山智世

髪をドライヤーで乾かす女性

年齢を重ねるにつれて、切れ毛ゴワゴワツヤがなくなってきたなど、髪の悩みが増えていませんか? それは、もしかしたら「髪の糖化」が原因かもしれません。

今回は、太陽笑顔fufufuより、同志社大学大学院生命医科学研究科・アンチエイジングリサーチセンター教授の米井嘉一先生が教える「本当の美髪を作る秘訣」を紹介します。

30代からのダメージヘアの原因は糖化!?

髪をさわる女性

抗加齢医学研究の第一人者として研究活動をおこなっている米井先生によると、「糖化こそ、髪のダメージの大きな原因」なのだそう。

「以前に比べて毛先がゴワゴワする、切れやすくなるというのは、髪の糖化が原因のひとつだと考えられます。カラーリングや熱によるダメージのケアは知っていても、ダメージが髪の内部にも起こっていることはなかなか気づきません。それが糖化なのです。つまりこれをしっかりケアすることが、美しい髪を長く保つために欠かせないんですよ」

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

この髪の糖化とは、一体どういうことなのでしょうか?

紫外線によっても髪の糖化が進む

森林

「糖化」とは、髪だけでなく私たちの体内で起こる現象を指します。

「糖化」とは、食事などで体内に入った糖質とタンパク質とが結びつき、タンパク質が劣化してしまうこと。劣化したタンパク質は「AGE(エージーイー)」と呼ばれ、これが身体のあちこちに溜まっていくことで、体内の「糖化」が進んでいきます。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

これが、髪にも起こることで悩みが増えてしまうというわけ。

さらに米井先生によると、「髪の毛先と根元付近では、糖化のレベルが違っていることもわかってきた」とのこと。この原因は紫外線が考えられるといいます。

「髪の糖化は、紫外線の影響を受けてしまいます。つまり長く紫外線に当たっている毛先ほど、糖化が進んでいると推測されるのです。糖化した髪はしなやかな強さを失って固くなっていくので、ゴワゴワ感やもろさが毛先にいくほどより感じられるのです」

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

美髪を作る3つの糖化ケア

美髪を叶えるためには、糖化を防ぐことが大切! 美髪は、外側からだけでなく内側、つまい体内からのケアが重要と考えられます。米井先生が紹介している「糖化ケア」の中から、3つをピックアップして紹介します。

1.甘さに慣れた舌をリセット

舌

お茶の苦味や酢の酸味で味覚を時々リセットしましょう。お茶に含まれる茶カテキンや酢に含まれるクエン酸が舌のリセットをしてくれますよ。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

私たちの食生活は、味の濃い食べ物が多いため、知らず知らずのうちに薄味では物足りなくなってしまっている危険が。糖分が多い食べ物は、体内の糖化を加速させてしまうので上手にリセットしましょう。

2.髪もしっかり紫外線対策

ヘアスプレーをする女性

紫外線対策として肌に日やけ止めを塗るのと同じように、髪もケアをしてあげましょう。髪用の日やけ止めなどもありますが、外出時に日傘をさすことも有効です。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

前述のとおり、髪の糖化は紫外線による影響も大きいため、紫外線対策をきちんと取りましょう。日傘、帽子をお忘れなく。最近ではスプレータイプの気軽に使える髪用日やけ止めもありますね。

3.質のよい睡眠を

睡眠

理想の睡眠時間は6時間以上ですが、無理な場合は、少しでも長く眠れる状況を作るよう心がけましょう。最新の研究では、眠りホルモンとも言われる「メラトニン」に抗糖化作用があることもわかってきています。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

睡眠不足は、劣化したタンパク質を体内に溜め込みやすくしてしまうそう。毎日ぐっすり眠るように努めてみて。

糖化予防を心がけて、美髪づくりをサポートしましょう!

糖化で老化してない?

老化の原因のひとつ、「糖化」の基礎知識。老けない身体への対処法とは?

老化の原因はいろいろありますが、今、注目されているのが体内で起きる「糖化」。今回は、老化の原因物質AGE研究の第一人者である、内科医の山岸昌一教授に...

https://www.mylohas.net/2019/04/188025_sp_aging_age01.html

亀裂からの日焼けを防ぐ! 進化した高機能日焼け止め5選

今年こそは絶対焼きたくない! そんな方必見。SPF50+、PA++++という、国内最高基準値のUVカット力を誇る、高機能な日焼け止めアイテムを5つピ...

https://www.mylohas.net/2019/02/185660_skincare_uvcosmetics5.html

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析