1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 肌がカサカサ! この時期のゆらぎ肌を整えるスキンケアコスメ5選

肌がカサカサ! この時期のゆらぎ肌を整えるスキンケアコスメ5選

1,065

小竹美沙

0shutterstock_311574539

季節の変わり目に「肌が揺らぎがちだな」と感じる方も多いのでは。でも、その肌の不調の原因は、ひとつではないかもしれません。

例えば、空気汚染、紫外線といった外的なストレスや、仕事や人間関係などからくる内的なストレス、さらにはいきすぎた抗菌、除菌ケアも、肌を保護する常在菌を減らして刺激を引き起こしてしまうそう 。

そこで、本記事では揺らぎがちな肌を整えてくれるスキンケアブランドのコスメを紹介します。

1. 医師とともに開発した「Veilly」

Veilly

モイストエッセンシャルローション 美容化粧水 200mL 4,320円(税込)

最新のスキンケア医学に基づき、「健康な肌」のために作られたスキンケアブランド「Veilly(ベイリー)」がリニューアル。

自身もアレルギーに悩まされ、患者のさまざまな肌悩みに直面してきた医師の強い想いから開発が始まりました。

「Veilly」は、3ステップスキンケアを提唱しています。

まず、導入美容液のモイスチャーファーストエッセンスM 100mL 7,560円(税込)でダメージを受けている肌を優しくマッサージ。肌との親和性が高いレシチンとセラミドポリマーで構成する「コンプレックスブースター機能」で肌をほぐします。

次に、プラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合したモイストエッセンシャルローション 美容化粧水 200mL 4,320円(税込)で、ほぐれた肌に水分と栄養分を届けます。

高機能保湿クリーム 40g 10,800円(税込)には、新成分「LPS」を配合。LPSが肌内の細胞に働きかけ、免疫力を高めることが期待できます。

さらに、角質層の保湿に大きな役割を果たす「ラメラ構造」を維持する植物由来の発酵成分「UNIFINE®-CO」を配合しています。全アイテムが皮膚科医師監修のもとに開発され、年齢、性別を問わず使うことができます。

[ Veilly(ベイリー)]

2. 肌フローラに着目した「SHIGETA」

SHIGETA

左から、マイルドクレンザー 150mL 3,456円、モイスチャーローション 110mL 3,564円、モイスチャークリーム 30mL 5,184円(全て税込)

「SHIGETA」が着目したのは、肌フローラと言われるマイクロバイオーム。肌フローラとよばれる常在菌には、さまざまな種類が存在していて、肌の健康を司っています。それらがバランスよく生息することが健やかな肌をかなえるキーとなるのです。

「SHIGETA」は、フランス国立科学研究所と共同で研究をし、保存料なしでもプロダクトの保存効果を高める独自のフォーミュラを開発しました。鎮静効果のあるラベンダー、クロレラエキス、肌フローラを育むプレバイオティクス成分のイヌリンを配合。

刺激のもとになりがちな保存料の問題をクリアし、保存料に頼らない「バランシングシリーズ」。

ラインナップは、マイルドクレンザー 150mL 3,456円、モイスチャーローション 110mL 3,564円、モイスチャークリーム 30mL 5,184円(全て税込)で、すべてのアイテムが「COSMOS」のオーガニック認証を取得しています。

[SHIGETA]

3. タマヌオイルで肌を整える「shiro」

shiro

クレンジングバーム 90g 7,020円(税込)

「自分たちが毎日使いたいものを作る」という想いから2009年にスタートしたブランド「shiro」が注目したのは、古来より神聖な木と言われているタマヌ

とろけるような使用感が魅力のクレンジングバーム 90g 7,020円(税込)には、北海道訓子府町(くんねっぷちょう)産の無農薬カンゾウなど、豊富な美容成分を含んだ素材を配合しています。

オートミール化粧水 120mL 3,672円(税込)で保湿した後、2層タイプの高保湿オイル美容液 30mL 16,200円(税込)で仕上げを。

タマヌオイル(テリハボク種子油)は、肌を守るカロフィロイドや美容効果の高いオレイン酸、リノール酸を豊富に含み、肌に潤いをもたらし、整えます

高保湿オイル美容液は、どことなく漢方薬を思わせるようなユニークな香りがしますが、保湿力が秀逸でした。

[shiro]

4. 肌自らの基礎力を高める「OSAJI」

OSAJI

オサジ カイ リベレーショントナー 120mL 4104円(税込)

異業種から、化粧品開発者としての歩みを始めた「OSAJI」創設者・茂田正和さん。美容に造詣の深い母が交通事故で皮膚疾患を起こし、化粧品を一切使えなくなったことがきっかけでした。

茂田さんが注目したのは「アレルギーリスク」。角質層のバリア機能がなんらかの要因で低下しているとき、アレルギー感作の原因となる物質が皮膚内に侵入し、それを免疫細胞がキャッチすることによるものだそう。

オサジ カイ リベレーショントナー 120mL 4,104円(税込)は、ポリフェノールを含むアルペンローズエキス(ロドデンドロンフェルギネウムエキス)と、VCグリセリン(ヒスグリセリルアスコルビン酸)が補完し合って、健やかな肌に導きます。

さらに、角質の自らうるおう機能を、3つの保湿成分、ミネラル、尿素、PCA-Naがサポートします。

[OSAJI]

5. オーガニックの医薬部外品「DUAL organic」

DUAL organic

左から、アクネハーブウォッシュ 100g 1,620円、アクネハーブウォーター 120ml 2,052円、アクネハーブ MD エッセンス 50g 2,484円、アクネハーブ MD ミルク 50ml 2,484円(全て税込)

近代医療と植物医療を合わせて行う「統合医療」の理論をいち早く化粧品領域に応用したのが「DUAL organic」。

女性が悩むさまざまな肌トラブルに対して、根本的な原因にも複合的な原因にも「DUAL organic」でアプローチするオーガニックの医薬部外品を開発しました。

薬用成分配合で、アクネ菌を予防し、トラブルを抱えた肌を落ち着かせてくれるそう。また、オーガニック原料 の3種“アクネハーブコンプレックス成分”(※ 1) が、敏感な肌を優しく整えていきます。

ラインナップは、アクネハーブウォッシュ(洗顔料)100g 1,620円、アクネハーブウォーター(化粧水)120ml 2,052円、アクネハーブ MD エッセンス(美容液)50g 2,484円、アクネハーブ MD ミルク 50ml 2,484円(全て税込)。

ひとつひとつがリーズナブルなので、ライン使いしやすいのも魅力。不安定な肌のニキビ対策にオススメです。

※1. ラベンダー、セージ、タイム(オーガニック原料、保湿成分)

[DUAL organic]

0shutterstock_564569767(1)

肌に潤いと栄養を与えて、鏡を見ることが楽しくなるような肌状態でありたいなと思います。

バナー

あらゆる肌悩みをケアしよう

肌育成のプロが教える美肌への道。ヒントは菌とのつきあい方に

皮膚にすむ「皮膚常在菌」の性質を読み解くことで、より美肌を目指せる!? 川上愛子著『皮膚常在菌ビューティ!』から美肌づくりのコツを学びましょう。

https://www.mylohas.net/2019/04/188389book_beauty.html

乾燥だけとは限らない、肌がカサカサになる4つの原因とは?

治らない肌のガサガサはどうしたらいい?皮膚科医に原因をわかりやすく説明してもらいました。

https://www.mylohas.net/2019/03/186342pvn_skin.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析