1. Home
  2. BODY
  3. 糖が原因で体や肌がコゲている? 糖化を予防するヒント4つ

糖が原因で体や肌がコゲている? 糖化を予防するヒント4つ

コゲとサビ

17,813

MYLOHAS編集部

角砂糖でできたドクロ

昨今、話題の「糖化」。タンパク質+糖質+熱で起きる体内の現象を指し、さまざまな病気や老化の一因になると考えられています。

アンチエイジングの観点からもぜひ対策をとりたいところ。今回は、糖と糖化にまつわる4つの記事をご紹介します。

糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

ドーナッツ

過剰な糖分摂取は中毒性があるだけでなく、心臓、血管系、糖尿病などの病気につながります。さらには、うつ病や肌のシワやたるみの原因にもなるというから怖いところです。

糖質は、お菓子や甘い飲み物だけでなく、わかりにくい表記で加工食品に入っていることも。まずは、糖がカラダに及ぼす11の恐ろしい影響とかしこいヒントをチェックしましょう。

糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

「老け顔」の人は早死にする? 抗糖化の基礎知識

調理する女性

ふっくら焼きあがったホットケーキや、香ばしいステーキの焦げ目。この、いかにもおいしそうな“きつね色”が、老化の要因のひとつだった……そんなショッキングな事実を知りました。

糖尿病と老化研究の第一人者である山岸昌一先生に教えてもらった、“きつね色”の正体AGEがもたらすさまざまなリスクと、AGEをためない健康的な食事法についてご紹介します。

「老け顔」の人は早死にする? 抗糖化の基礎知識

管理栄養士が教える、糖化予防の調理法と簡単レシピ

糖

管理栄養士の浅野まみこ先生に聞いた、糖化対策のための調理法や、いつもの献立を抗糖化の視点から改善するコツとは? 献立を考えるときの4つのポイント抗糖化メニューは要チェックです。

ドライフルーツも要注意。管理栄養士が教える「抗糖化」調理ポイント&簡単レシピ

フルーツの食べ過ぎに注意。栄養士がすすめる食べ方は?

フルーツに埋もれる女性

フルーツはヘルシーなイメージがありますが、美容や健康、糖化の視点から見ると、食べすぎるとデメリットが勝ってしまう食材でもあるのです。どんなポイントに注意すればいいかチェックしてみましょう。

「フルーツ=ヘルシー」は正しい? 栄養士が、さまざまな角度から検証

知らずに砂糖を食べていませんか?

抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

つい甘い物を食べてしまうのは、意思の弱さでなく中毒だから。お菓子中毒を引き起こす食品を医学博士が指摘。依存から抜け出す方法は?

https://www.mylohas.net/2019/03/187151book_addict.html

砂糖不使用! たった4つの材料でつくる、甘酒ときな粉のヘルシーアイス

この時期、多くの人が苦しむ花粉症。そこで大切になってくるのが、「第二の脳」とも呼ばれる腸内環境を整えることだといわれています。そこで今回は、腸内環境...

https://www.mylohas.net/2019/03/187305icecream.html

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    5. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    6. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. カヒミ・カリィさんがNYで出合った、高性能でおしゃれな生理用ショーツ

    9. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    10. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    6. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー