1. Home
  2. BODY
  3. 胃が痛いのに「異常はない」ってどういうこと? 放っておいても大丈夫?

胃が痛いのに「異常はない」ってどういうこと? 放っておいても大丈夫?

8,215

奥田景子

胃に違和感のある女性

image via Shutterstock

巣鴨駅前胃腸内科クリニックで、日本初の胃弱外来が開設されました。胃の不快感は、日々の生活の質にかかわってきます。また、大きな病気が隠れている心配も。

気になる胃弱や、専門外来で行われている診察や治療とはどんなものでしょうか? 院長を務める神谷 雄介先生にさまざまな質問をぶつけてみました。

Q3. 潰瘍などの異常は見つからないのに、胃痛や胃もたれなどの不快感がある=「機能性ディスペプシア」ってなに?

安心する女性

image via Shutterstock

機能性ディスペプシアとは、潰瘍やがんなど器質的な病変が認められないけれども、胃もたれ、胃痛、お腹の張りなど、胃の不快症状がでてしまう病名のことです。

根本的な原因には、ストレス、睡眠不足、高脂肪食などがあげられています。概念自体は以前からあったものですが、2013年になって保険診療名として通った病名なので、最近になって一般的な認知度があがってきました。

診断では、胃に炎症や潰瘍、がんがないことが前提なので、まず器質的な異常がみられないことを確認します。問診と病変がないかどうか内視鏡検査を行い、胃の中の状態を把握します。

機能性ディスペプシアは、痛みを感じるパターン腹部膨満感という張りを感じるパターンのふたつがあります。まれにですが、どちらも感じる人もいます。発症する原因は人によって違い、自律神経の影響などがあげられていますが、まだはっきりとは特定されていません。

機能性ディスペプシアは、そのまま放っておいてもヘリコバクター・ピロリ菌のように胃がんのリスクがあがるものではありません。もちろん、合併症などもありません。

あくまでも胃の機能異常の問題なので、あまり症状で悩んでしまうと、レアケースではありますが、うつ症状に進行してしまう可能性があります。機能性ディスペプシアと診断されても、大きな病気に発展することはほとんどないので安心してください。

神谷雄介

神谷雄介(かみや ゆうすけ)先生
巣鴨駅前胃腸内科クリニック院長。国立佐賀大学医学部卒業。板橋中央総合病院にて内視鏡的胆管膵管造影を大井至先生に師事。その後、卓秀会平塚胃腸病院にて胃腸疾患と内視鏡検査・治療に従事。年間3000件弱の内視鏡検査、早期がんの治療・内視鏡手術を施行。2016年4月に巣鴨駅前胃腸内科クリニック開業。内視鏡検査や胃腸症状専門外来、がんの予防・早期発見に力を入れ診察を行っている。理想の医師の姿は「患者さんの相談役のような形でずっと傍に寄り添う主治医」。

[巣鴨駅前胃腸内科クリニック]

胃について、もっと知りたい?

妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は……

妊娠と思ったら、深刻な病気だった! 体重が増え始めたことから始まったお腹の異常を、卵巣嚢腫の経験者から聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/02/185542pvn_ovary.html

おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)と食中毒はどう違う?

おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)と食中毒。似ているけれどそもそもどうしてなるの?その違いをチェック!

https://www.mylohas.net/2019/01/183081gastroenteritis.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由