1. Home
  2. EAT
  3. 老けない、サビない人に。食材の抗酸化力をアップさせる食べ方って?

老けない、サビない人に。食材の抗酸化力をアップさせる食べ方って?

コゲとサビ

8,943

MYLOHAS編集部

野菜とフルーツ

年齢を重ねるにつれて、体や肌は酸化していくと言われています。これは人間が酸素を吸って生き、活性酸素をつくり出す限り、変えられない事実。人もサビていくのですね。

でもできることなら、そのスピードを遅くしたり対策をとりたい! 今回は「抗酸化力アップ」に欠かせない5つの記事を紹介します。

野菜やフルーツの抗酸化力をアップさせる食べ方って?

野菜

野菜やフルーツの抗酸化力をアップさせて食べられたら? 内側から紫外線対策ができる食材の選び方や調理の仕方をご紹介します。

ちょっとしたひと工夫で、いつもの料理に抗酸化力をプラスできますよ。食材の組み合わせも要チェック。

食べる紫外線対策。抗酸化力が上がる食材の選び方、食べ方

抗酸化力の高い食材って? 心臓によいスーパーフード25

赤い食べ物

酸化を予防するということは、臓器や脳が若さをキープできることでもあります。「正しい食べ物を選ぶことで予防できる心臓病は最大70%にのぼる」とも。

心臓の健康のためになる、世界のトップ食品25のなかには、抗酸化力のある身近な食材がたくさん登場します。

食べ物で病を予防。心臓によいスーパーフード25

小ジワ予防におすすめのフルーツと野菜15種類

サラダ

フルーツや野菜、魚には、アンチエイジングによいと言われる栄養素や抗酸化物質が豊富に含まれています。加えて、おやつにぴったりなあの食品に含まれているのもうれしいところ。

小ジワ予防におすすめの15の食品をチェックして。

ツヤ肌のために積極的に食べたい! フルーツと野菜15種類<前編>

オリーブオイルの抗酸化パワーって? 簡単レシピも

オリーブオイル

料理に使う油の種類を見直すことも、アンチエイジングにつながります。

地中海食のキーアイテムである「オリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)」には、抗酸化パワーが豊富に含まれているそう。

有識者が注目するオリーブオイルの健康パワーや、オリーブオイルを使った簡単レシピをご紹介します。

1日2スプーン。オリーブオイルの7つの力

皮膚科医おすすめ、アンチエイジングになる食品9

しわを気にする女性

紫外線を浴びてシミが、乾燥が原因でシワが……。そんなエイジングのサインには、体の中からも対策をとりましょう。

30代のあなたに皮膚科医がすすめる、シワを防ぎ、肌に栄養を与えてくれる食品9個をご紹介します。

眉間のしわが気になる? 皮膚科医おすすめ「30代が積極的にとるべき食品9」

アンチエイジングの方法をもっと知りたい?

糖が原因で体や肌がコゲている? 糖化を予防するヒント4つ

昨今、話題の「糖化」。タンパク質+糖質+熱で起きる体内の現象を指し、さまざまな病気や老化の原因物質と考えられています。アンチエイジングの観点からもぜ...

https://www.mylohas.net/2019/04/187545sp_aging_saccharification.html

ホームパーティにも映える!抗酸化力が抜群の「スプラウトとプルーンの豚肉巻き」

果物の中でも抗酸化力が抜群のプルーンを肉巻きにした逸品です。抗酸化作用もさることながら、ホープパーティでのおもてなしなどでも、テーブルの上が映えるこ...

https://www.mylohas.net/2019/04/188744sp_aging_recipe.html

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ