1. Home
  2. PRESENT
  3. 冷蔵庫もテーブルもスッキリ。作り置きおかずの鮮度を保つ密閉ガラス容器【プレゼント】

冷蔵庫もテーブルもスッキリ。作り置きおかずの鮮度を保つ密閉ガラス容器【プレゼント】

25,613

知恵子

保存容器

いそがしい平日のために、休日の買い置き野菜や作り置きおかずは必須。ところが長期保存して鮮度が落ちると、美味しくなくなるだけでなく、栄養素も大幅に減少します。

生野菜は収穫後も呼吸をするために、糖分やビタミンCなどの栄養分を分解していくため、鮮度が落ちていくのだとか。また、常備菜の栄養価が減る原因のひとつは、酸化と言われています。つまり生野菜や常備菜の栄養価をキープしようと思ったら、鮮度を保つ容器を選びが重要なのです。

ドイツの老舗キッチン&テーブルウェアブランド、「WMF(ヴェーエムエフ)」の保存容器「トップサーブ」には、その鮮度を長持ちさせるための工夫がされています。

機能美にこだわった製品の数々

保存容器

160年以上の歴史があり、優れた品質と洗練されたデザインに定評がある「WMF」。食に関連する4つのシーンをコンセプトに、食事を“準備する”ところから、“料理する”“味わう”、そして食後の“語らう”ひとときまで、それぞれの時間に合わせた幅広いラインアップで、キッチンや食卓をより楽しく豊かな空間へと導いてくれます。

1862年のロンドン万国博覧会で初の賞を受賞して以来、デザイン、素材、品質に対して数々の賞を受賞。現在では世界約90ヵ国で愛用され、2017年・2018年と2年連続で、ドイツでキッチン用品部門の売上No.1ブランドに選ばれています。

人気の秘訣はドイツの長きに渡る継続的な技術革新により、現在も保たれている世界最高基準の品質。それと、無駄のない洗練されたデザインと機能性ではないでしょうか。

なかでも「トップサーブ」は、ガラスとステンレス素材の組み合わせでとてもスタイリッシュです。

内部を真空に近い状態に保つ

保存容器

ガラス製だからお手入れも簡単で、衛生的。しかも匂いや味移りの心配もありません。保存だけでなく、サラダボウルとしても使えます。またマリネしたお肉料理やピクルス類を入れたままでテーブルへサーブできるのも魅力。

ふたはWMFが独自開発した高品質なステンレス素材を採用。サビに強く美しい輝きを長く保ちます。このふたに付いているバルブを押し下げると、シリコンパッキンでしっかりと密閉されるため、中身の鮮度や香りが保たれます。さらに鮮度を長持ちさせる工夫として、余分な水気や油を切るドリップトレイ付き。

冷蔵庫のストック用に、薬味入れ用に、食卓をおしゃれに演出。作り置きしたおかずの風味や生野菜の鮮度、さらには栄養価まで保てる「トップサーブ」。今回は、使いやすい大きさの丸深型13cmを2名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:2名様
    応募締切:4月21日(日)
    当選発表:4月22日(月)
    プレゼント提供:WMF

【商品詳細】

  • 商品名:トップサーブ保存容器 丸深型13cm
    商品サイズ(約):内寸13cm×高さ8.5cm(ふた込)
    価格:6,480円(税込)

↓応募はこちら↓

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由