1. Home
  2. BODY
  3. ダイエットを習慣化する4つのコツ

ダイエットを習慣化する4つのコツ

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

2,909

田邉愛理

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

小さなチャレンジと小さな習慣の楽しいところは、小さなポジティブな行動を起こすたびに、自分が誇らしくなることです。このことがあなたの成功にとってどれほど重要かは、どれほど強調しても足りないくらいです。

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』338ページより引用)

ガイズ氏が絶対に破ってはならないと語る、「減量のための8つの聖なる法則」。前編に続き、後編では後半の4つの概要をお届けします。

5.自分との交渉と作戦づくりをストップしない(全面的な反抗を認めない)

「もうどうにでもなれ!」と言って大食いするときが、負けが決まる瞬間です。それを止めるには、減量のために行う運動や食事改善を好きになることが一番。自分の本能的な欲求を満足させられるように、小さな習慣をカスタマイズしましょう。

6.健康のためのヒーローを頼りにする

あなたの好きな健康的な食べ物をメモしておきましょう。それがあなたのヒーローです。好きな食べ物を選ぶことで、「減量のために苦しむ」という考え方を避けることができます。

7.努力する

小さな習慣は驚くほど効果のあるちょっとした行動です。求められる努力は、ほかのほとんどの減量法よりは少なくて済みますが、それでも努力は必要です。

8.目標と手段を混同してはいけない。両方を適切に使う

「炭酸飲料を飲まないようにしたい」という目標に対して、「だから、炭酸飲料を飲まないことにする」というように、目標を手段として使うのは間違いです。この場合は、自分に炭酸飲料を飲んでもいいと認めつつ、よりよい選択肢(先にライム風味の水をグラス1杯飲む)を用意しておくことがおすすめ。最初の小さなステップが抵抗感を薄れさせ、正しい習慣を育ててくれます。

これまで30日間にわたり、減量を成功に導くガイズ氏のアイデアをお伝えしてきました。

まずは、小さな目標をこなすのがどれだけ簡単か想像してみてください。たとえば、腕立て伏せをたった1回だけしてみる自分を。

小さな成功を積み重ねていくことはやみつきになり、ご褒美をもらえた気分だとガイズ氏はいいます。小さな習慣とは、一生使い続けることができて、つねに成功できる方法なのです。

book_diet-4

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた