1. Home
  2. MIND
  3. 性欲は強い? 弱い? 読者400人以上の「セックス事情」をリサーチ

性欲は強い? 弱い? 読者400人以上の「セックス事情」をリサーチ

セックス学

7,317

MYLOHAS編集部

sexquestion

セックスに関する悩みや疑問って普段はなかなか聞けない方も多いはず…… 。知人だからこそ相談できないってこともありますよね。そこで、マイロハスが実施した「セックス」に関するアンケート結果(回答者数 441名)をもとに、読者たちのセックス事情をご紹介します。

性欲が強い方だと思いますか?

01(2)

読者コメント
【強い】
・最近してないからか、デート中にムラムラしたりするから。(名無しさん)
・主人と毎日Hしていた時が頻度としてちょうどよかったから。(ペット妻さん)
・日常生活の中で、自制の必要があると感じることがあるから、強いんだと思う。(kireさん)
・ひとりエッチするから。(みーたまんさん)
【弱い】
・セックスへの気持ちは面倒臭さのほうが強い。(こめぞうさん)
・好きな人とでもあまりセックスをしたいと思わないから。(名無しさん)

「強い」と答えた人はなんと約半数! 「弱い」と答えた人は7%と少なく、多くの女性に性欲があることがわかります。

性欲が「強い」と答えた人の理由で多かったのは、恋人と会っていないときにセックスをしたくなったり、セックスをしていない日々が続いていて欲求不満になっているケース。

一方で、「弱い」と答えた人は、恋人のことを愛していても、セックスをしたいと思わないようですね。性欲より、「寝たい」など他の欲求の方を優先したいという意見も。

いまセックスをする相手はいますか?

02(1)

セックスをする相手がいると答えた人が70%を超える中で、その内の20%には、非交際相手いわゆるセックスフレンドがいるということが明らかに! さらに、恋人とセックスフレンドどちらもいる人もちらほら……。

セックスをする頻度はどれくらいですか?

03(1)

頻度は、「週1程度」と答えた人が多い一方で、「1か月に1回程度」や「最近していない」という回数も多数。

頻度の高い人と低い人で差が出ましたが、皆さんは今のセックス頻度に満足しているのでしょうか?

今のセックスの頻度に満足していますか?

04(1)

今の頻度に満足している人がいる一方で、満足していないと答えた人は約半数。その理由はさまざま。

セックスはしたいけどする時間がなかったり、子どもや家族がいてできないという、セックスできない環境に置かれている人。

その一方で、相手がその気になってくれなかったり、交際(結婚)相手に飽きてしまっていたりと、自分と相手との「セックスをしたい」と思う気持ちに温度差が生じているという人も多く見受けられました。

あなたはいまセックスレスだと思いますか?

05(1)

今のセックスの頻度に満足していない人がいるのだから、セックスレスと思う人が少なからずいることは頷けます。

では、セックスレスと感じている人は、どういった悩みを抱えているのでしょうか?

セックスレスと感じている人のお悩み……

0shutterstock_1279833115

読者コメント
・相手がセックス自体に興味がなさそう。(あばさん)
・彼の性欲があまりない、あまり求めてくれない。(はーちゃんさん)
・レスのお互いの歩み寄り。(kouさん)
・昔に比べて性に対する欲求の低下がある。(カナやんさん)
・適度な相手を作らないと欲求解消しない。どうしたらいい?(かもひさん)

交際(結婚)相手に性欲がなかったり、相手から求められないと自分がセックスをしたくてもできないという意見も多数。

自分からはなかなか言い出せない、誘ってマイナスの印象を与えたらどうしようと考えてしまうものです。そのためか、自分は性欲が強すぎるのではないかと悩む人もいるみたい。

人それぞれ、置かれている環境や性欲の強さは違うもの。だからこそ、難しい問題なのかもしれません。そんな中で、セックスレスを解消するために読者たちが実践していることを紹介します。

セックスレスを解消するアイデア

00shutterstock_719137786

読者のコメント
・体についてパートナーと話し合い、お互いにいい所を褒めながらスキンシップ。(ari_さん)
・楽しむこと。リラックスすること。お互いを信じること。(えみさん)
・セックスに対して偏見をもたなたなかったり、作業的にならないこと。(火の神さん)
・旅行に行く。(harupoohさん)
・一緒にいる時はなるべく隣に座り、テレビを見ながら会話をして、ボディタッチをする。手を繋いだり。(ひろママさん)
・いつまでもキレイでいる。(ゆるりさん)

ボディタッチを増やす、手をつなぐなど、こまめなスキンシップを心がけていることが分かります。また相手との、コミュニケーションや信頼関係を大切にしていることも伺えます。どれも今日から試せそうなことばかりですね。

セックスについてのお悩みや疑問

読者のお悩み
・なかなか自分がイカない。(名無しさん)
・痛みがあり最後までできない。(シャーデーさん)
・年齢がすすんでからのセックスの方法。体の機能がお互い衰えてからのセックスの方法。年を取ってからの、お互い心身ともに傷つかずに愛し合えるセックスの方法。(ちゃつぼさん)
・色黒で胸が小さいから、消極的になってしまう。(名無しさん)
・して欲しいことが中々うまく伝えられない。(モヤモヤさん)
・最後まではしたくないけど途中まではしたい。どうしたらいいか。彼にとってはキツいことだとおもうから。(あずきるんさん)

最後にアンケートでうかがったのは、セックスの悩みや疑問です。マイロハスでは、アンケートの回答結果をもとに、性交痛や性欲低下などセックスに関する悩み、セックスレスを解消する方法などについて、医師やカウンセリングのプロにお聞きしてきました!

美容婦人科を専門とするみつゆき みどり先生に聞いた、「性交痛の原因と治療について」

カップルカウンセリング専門家に聞く。セックスレスの解決方法とは?

詳しくは『セックス学』特集をご覧ください。

読者441人へのアンケートでわかったのは、性欲のある女性が多い一方で、不満や悩みを抱えている人が多いということ。相手のある問題ということで、問題がより複雑かつ深刻であることも分かりました。

しかし、せっかく性欲があるなら、セックスをもっと前向きに楽しみたいものですよね。マイロハスではセックスに関する問題を、心や体、コミュニケーションなど、医師や脳科学者など専門家にインタビューし、アカデミックなアプローチで解説していきます。

あなたのセックスの悩みにこたえたい

アンダーヘアの処理、おすすめは? 専門医に聞く、デリケートゾーンのモヤモヤ

デリケートゾーンについての気になるモヤモヤを、美容婦人科のスペシャリスト、みつゆき みどり先生にぶつけてみました!アンダーヘアの処理や気になる黒ずみ...

https://www.mylohas.net/2019/03/186644sp_sex_sensitivezone04.html

ベッドでのイヤなことを正直に伝える、7つの方法

ベッドの中で相手に自分が心地よくないと感じていることをされた場合、どうしたらいいでしょう?ライフハッカーの記事から、セックスセラピストであるヴァネッ...

https://www.mylohas.net/2019/03/186632sp_sex_inbed.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた