1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. すべての髪の悩みを解決! リペアのカギは「水分コントロール」

すべての髪の悩みを解決! リペアのカギは「水分コントロール」

株式会社コーセー

スティーブンノル

image via Shutterstock

メイクやファッションと同じように、大切にしたいヘアスタイリング。髪が思うようにまとまった日は、それだけで1日がうまく回り出しそうな気がするものです。

髪型がきまるのも、健康な髪があってこそ。パサつきやうねり、ボリュームダウンなど、髪の悩みを挙げればキリがありませんが、どんな髪の悩みでも共通するケアのポイントがあるのだそうです。

たった数%の違いで、髪のコンディションに大きな差が!

スティーブンノル

image via Shutterstock

髪の悩みには、生活習慣の乱れやストレス、エイジングといった原因が大きく影響することはご存じの通り。しかし、「水分量の低下」が髪のコンディションを大きく左右することは意外と知られていないかもしれません。

たとえば肌の場合、角層には、肌内部の水分を保ち、紫外線や乾燥といった外的刺激から肌を守る「バリア機能」がありますが、ダメージを受けるとこの機能が乱れ、肌トラブルが加速してしまいます。

髪も同じように乾燥などのダメージにより、キューティクルがはがれるなどしてバリア機能が低下すると、パサつきや枝毛、ツヤ低下、うねり、広がりといった髪の悩みにつながってしまいます。

ニューヨーク発のヘアケアブランド「スティーブンノル ニューヨーク」の調べでは、健康な毛髪の水分量は11~13%であるのに対し、乾燥した毛髪やダメージを受けた毛髪の水分量は10%以下とのこと。たった数%の違いで、髪コンディションに大きな差が生まれるということに驚きます。

髪の内部と外部の両方からケアすることが大切

スティーブンノル

image via Shutterstock

あらゆる髪の悩みの原因となる“水分バランス”を整えるには、髪の内部と外部の両方からケアをすることが大切です。睡眠、食事といった生活習慣とともに、見直したいのがヘアケアアイテム。

たとえば、スティーブンノル ニューヨークのインバスシリーズは水分バランスに着目。髪を深部から補修して髪の水分を保ち、外気の状況に応じて髪の湿度を整えるといった、内側と外側の両方からうるおいのある髪へと導いてくれます。

摩擦によって髪が傷みやすいシャンプー中でも髪内部まで浸透・補修する「高浸透毛髪補修成分(*1)」をシャンプーに配合し、コンディショナーとヘアパックにはそれぞれに「高浸透カプセル(*2)」を配合。髪に必要なアミノ酸やセラミドといった成分を髪の深部に届けます。

さらにヘアパックにはダメージヘアに吸着して洗い流されにくい性質を持つ「うるおい持続ヒアルロン酸(*3)」が配合されていて、髪をしっとりなめらかにまとめます。

髪の4大悩み別「水分量コントロール」を叶えるアイテム

毎日使うアイテムだからこそ、ぜひ自分の髪に合ったラインを選んで使いたいところ。髪の悩みにあわせて開発された4つのラインナップをそれぞれご紹介しましょう。

悩み:パサつき、ゴワつきを抑えたい

スティーブンノル

「スティーブンノル モイスチュアコントロール シャンプー」(500ml)1,728円、詰替え用(400ml)1,350円、「スティーブンノル モイスチュアコントロール コンディショナー」(500ml)1,728円、詰替え用(400ml)1,350円、「スティーブンノル モイスチュアコントロール ヘアパック」(220g)1,350円(すべて税込・編集部調べ)

乾燥によって切れ毛や枝毛ができたり、パサつきやゴワつきが気になったりする人におすすめなのが「モイスチュアコントロール」のライン。

ダメージヘアに吸着しやすく洗い流されにくいヒアルロン酸の「うるおいベール」が髪を包み込むことで、乾燥ダメージが気になる髪もしっかり保湿して、洗い流したあともうるおいが持続します。

悩み:カラーによるダメージと褪色が気になる

スティーブンノル

「スティーブンノル カラーコントロール シャンプー」(500ml)1,728円、詰替え用(400ml)1,350円、「スティーブンノル カラーコントロール コンディショナー」(500ml)1,728円、詰替え用(400ml)1,350円、「スティーブンノル カラーコントロール ヘアパック」(220g)1,350円(すべて税込・編集部調べ)

美しい髪色をキープし、毛先までつるつるなめらかな髪を目指したいなら、使いたいのが「カラーコントロール」のラインです。

「カラーキープ処方」により、キューティクルをコートしながらひきしめてヘアカラーによるダメージを補修することで、カラー剤の流出や褪色を防ぎます。

悩み:湿気によるくせやうねりをなんとかしたい

スティーブンノル

「スティーブンノル フォルムコントロール シャンプー」(500ml)1,728円、詰替え用(400ml)1,350円、「スティーブンノル フォルムコントロール コンディショナー」(500ml)1,728円、詰替え用(400ml)1,350円、「スティーブンノル フォルムコントロール ヘアパック」(220g)1,350円(すべて税込・編集部調べ)

雨の日に髪が広がる、しっかり乾かさないとくせが出るといった“湿気”に左右される髪悩みには、「フォルムコントロール」ラインを。

髪のくせやうねりは、キューティクルのダメージ部分から外気の水分を過剰に吸収し、その部分が膨張することで起こりますが、「くせ・うねりケア処方」が髪の水分量を一定に保ち、素直にまとまる髪へ導きます。

悩み:髪の根元からふんわり仕上げたい

スティーブンノル

「スティーブンノル ボリュームコントロール シャンプー」(500ml)1,728円、詰替え用(400ml)1,350円、「スティーブンノル ボリュームコントロール コンディショナー」(500ml)1,728円、詰替え用(400ml)1,350円/(ともに税込・編集部調べ)

細くてやわらかい髪質の方や、コシがなくなってボリュームが出にくいと感じる方には「ボリュームコントロール」のラインがおすすめ。

「植物性ボリュームアップ成分(*4)」が髪の表面をコートして、重さを与えず、根元からふんわり軽やかな髪に仕上げます。

どのラインにも共通しているのが、華やかさと爽やかさを併せ持つ「グリーンフローラルムスク」の香り。シャンプー中はもちろん、髪をかきあげたときや束ねた髪をおろしたときに心地よさを感じさせてくれます。

スティーブンノル

image via Shutterstock

理想的なヘアスタイリングは、健康的な美しい髪があってこそ。あらゆる髪悩みに共通する“水分バランス”を意識してケアすれば、自身の髪にうれしい変化が感じられるはず。髪もスキンケア発想のお手入れを始めてみませんか?

ニューヨークのビューティーシーンで「マスター オブ ヘアデザイン」と称されるスティーブン・ノル氏のトップ ヘアスタイリストとしての発想と、コーセーならではのテクノロジーが叶えた、このインバスシリーズ

ニューヨーク旅行が当たる! SNS投稿キャンペーン実施中!

4つのラインからあなたが選んだ商品を撮影し、ハッシュタグ「#気分までノル髪へ」「#スティーブンノル」をつけてSNSに投稿すると、抽選でニューヨーク旅行が当たります! 応募期間は、2019年5月6日(月)まで。詳しくはこちらをご覧ください。

※1 高浸透毛髪補修成分は、オリーブ脂肪酸エチル
※2 高浸透カプセル(毛髪内部補修)は、トリュフエキス〔ツベルアエスチブムエキス〕・アミノ酸〔グリシン〕・ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート・コレステロール・セラミド2
※3 うるおい持続ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・グリセン
※4 植物性ボリュームアップ成分(ハリ・コシ付与)は、ポリクオタニウムー10(シャンプー)、ミツコウ(コンディショナー)

インスタ公式アカウント
ツイッター公式アカウント
コーセー:0120-526-311

スティーブンノル ニューヨーク

文/MYLOHAS編集部

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?