1. Home
  2. Sponsored
  3. 日清食品株式会社
  4. スーパーフード
  5. 食のプロに聞いた、偏った栄養を手軽にコントロールする方法

食のプロに聞いた、偏った栄養を手軽にコントロールする方法

日清食品株式会社

奇跡のモリンガ青汁

image via Shutterstock

その人がいるだけで場が明るくなる、会うだけでやさしい気持ちになれる……。そんな女性に憧れます。いつも笑顔を絶やさず心穏やかな女性たちは、どのように心と体のコンディションを整えているのでしょうか。

真似したい。心と体を元気にするヒント

今回、お話をうかがったのはさまざまなシーンで活躍する3人の素敵な女性たち。それぞれの「元気の源」について教えていただきました。

自分の体に意識を向ける|アスリートフード研究家・池田清子さん

奇跡のモリンガ青汁

image via Shutterstock

トップバッターは、アスリートフード研究家の池田清子さんです。MTBプロライダーとして活躍するご主人をサポートするために身につけた食の知識は、アスリートだけではなく、美や健康への意識が高い女性たちにも生かされています。

池田さんが習慣にしているのは、夜22時までに寝ることと週2ペースで行う筋トレ。運動後は体のリカバリーに有効な“アミノ酸”を野菜で摂取するようにしています。

「激しい運動をすると活性酸素の発生が促されてしまうので、活性酸素を除去するとされる抗酸化作用を持つ色の濃い野菜を皮ごと食べるようにしています」(池田さん)

奇跡のモリンガ青汁

image via Shutterstock

ときに気持ちが落ち込むこともあるそうですが、そんなときはメイクの力を借りたり、ギルトフリーなおやつを食べたり。そして体を動かすことも忘れません。

「モチベーションが下がったときにおすすめしたいのが“スクワット”です。たった10回でも体を動かすと不思議とテンションが上がってきますよ!」(池田さん)

毎朝、体組成計で体重・体脂肪だけでなく、筋肉量や内臓脂肪レベル、基礎代謝量などを細かくチェックすることも、モチベーションのキープにつながるそうです。

目的に応じて摂るべき栄養素を考慮した食事、そして睡眠と運動を大切にし、自分の体に興味を持つことが池田さんのコンディションキープ術と言えそうです。

ikeda_sayako

池田清子(いけださやこ)さん

アスリートフード研究家。夫はUCI MTBマラソン世界選手権、7年連続日本代表のマウンテンバイクプロアスリートの池田祐樹(TOPEAK ERGON RACING TEAM USA所属)。アスリートフードに関する様々な発信をする場所として、2016年にビオトープ株式会社を設立。健康的に強く美しくなる食事をモットーに、アスリートフードの研究及び実践を行っている。

スポーツと食事が元気の源|フードプランナー・大皿彩子さん

奇跡のモリンガ青汁

image via Shutterstock

フードプランナーであり、Vegan cafe「Alaska zwei」を経営する大皿彩子さんの健康法は、ランニングとウエイトトレーニング。仕事で疲れていても、走ると頭も体もすっきり。ウエイトトレーニングも血行が促進されるため元気になるのだそうです。

心のコンディションを整えてくれるのが“サッカー”というのも、アクティブな大皿さんならでは。

「欧州のクラブチームが好きで、この時間は試合を観ると決めたらケータイを切って完全集中(笑)。負けたらストレスになるんですけど、サッカーは常に次に向かって精神を整える前向きなスポーツなので、すごく刺激になってわたしもがんばろうって思えるんです」(大皿さん)

奇跡のモリンガ青汁

image via Shutterstock

食事についても熱心で、ランニングコーチの教えに従って「両手いっぱいの野菜と25~30gのタンパク質、そしておにぎりひとつ分の炭水化物」というバランスで、できるだけ1日3回食べるようにしているそうです。

食のプロでも、積極的に栄養の摂り方について情報を得て実践しているのですね。

そして池田さん同様、大切にしているのが「睡眠」。眠りを大切にすることは、素敵な人の共通点と言えそうです。

osara

大皿彩子(おおさらさいこ)さん

Alaska zwei 店主、株式会社さいころ食堂代表“おいしい企画”専門のフードプランナー。Veganカフェ「Alaska zwei」の運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。スポーツの趣味はランニング、ヨガ、ウェイトトレーニング。saikolo.jp

自分の気持ちに沿った食べ方を|フードコーディネーター・根本きこさん

奇跡のモリンガ青汁

image via Shutterstock

多くの著書を持つフードコーディネーターの根本きこさんは、昨年の春、沖縄・今帰仁村にカフェ「波羅蜜(パラミツ)」をオープン。沖縄の食材を使った料理や自家製スイーツ、自家焙煎したコーヒーなどを提供しています。

日々の食事では、発酵食品を積極的に摂るようにしています。なかでも自家製の豆乳ヨーグルトは極力火入れをせずに、生のまま食べるのがポイントだそう。

旬を取り入れること、身近な食材に目を向けることも忘れません。何を食べるかと同時に、どう食べるかも大事。心がけているのは『気分や気持ちに沿って食べる』ということですね」(根本さん)

奇跡のモリンガ青汁

image via Shutterstock

ふだんの暮らしでは、オンとオフに区切りをつけ、読書する時間をつくったり、自然のなかに身を置いたりすることも。筋の通った根本さんの食べ方、暮らし方、生き方を知ると、根本さんの作る料理が「しみじみおいしい」と女性の心を捉える理由がわかる気がします。

nemotokiko

根本きこ(ねもときこ)さん

沖縄の今帰仁村でカフェ「波羅蜜」(パラミツ)を営む。沖縄の旬の食材を中心に、ランチの料理を担当。フードコディネーターとして、書籍等で料理を紹介している。

3人に共通するのは、ポジティブさとおおらかさを持ち、自分を客観的に見る視点を持っていること。そして何より「食」を大切にしていること。それぞれが食のプロだけに説得力があります。

美と健康をサポートするために、取り入れたい習慣は?

moringa09_a

心と体のコンディションをキープするために、見直したいのが「食生活」です。3人のような食のプロではなくても、美と健康のサポートをしてくれる食品があるならぜひとも取り入れたいもの。

目を向けてみたいのが「モリンガ」というスーパーフードです。

モリンガは「奇跡の木」とも呼ばれるほど栄養価が高いことで知られています。驚くべきは90以上もの栄養素があり、鉄分は生プルーンの112倍、カルシウムは大麦若葉の6倍、GABAは発芽玄米の20倍(※1)などとそれぞれの含有量が高いのが特長で、人間が体内でつくることのできない必須アミノ酸の全9種類もすべて含まれています。

奇跡のモリンガ青汁

「奇跡のモリンガ青汁」 1箱(30個入り)4,968円(税込)

世界中でさまざまな食べ方をされるモリンガですが、毎日手軽に摂るなら粉末タイプがおすすめ。そこで、プロ目線で3名のみなさんに試していただいたのが「奇跡のモリンガ青汁」です。

奇跡のモリンガ青汁」に使用しているのは、USDA(アメリカ)・EU(ヨーロッパ)・JAS(日本)のオーガニック認証を取得した農場で有機栽培されたモリンガ青葉のみ。機械ではなく手摘みで収穫するときに苦みのある芯を除いているので、味わいに雑味がなく「青汁は苦い」というイメージが覆されます

冷たい水でもシェーカーなしで簡単に溶けるので、オフィスや旅行先に持ち歩くにも便利。

また、クランベリー由来のリフレクト乳酸菌®(T-21株)を200億個(スティック1包あたり)と善玉菌をサポートするオリゴ糖・食物繊維も配合されています。乳酸菌200億個分をヨーグルトに換算すると約2kg分(※2)といわれていますから、「奇跡のモリンガ青汁」がいかに効率的に乳酸菌を摂取できるかがわかります。

「モリンガには栄養素が90種以上も入っていることがすごいですね。とくに鉄分は女性にはもちろん、体作りしたいアスリートにもおすすめしたい栄養素。忙しい女性やもっとアクティブな毎日を送りたい人、そして自分の美を更新させたい女性にいいのではないでしょうか」(池田さん)

「必須アミノ酸が含まれているのがいいと思いました。アミノ酸をバランスよく摂りたくても、お肉は手軽には食べられないので、手軽なドリンクで摂れるのはうれしいですね。外食や買ったお惣菜だけでは栄養のコントロールが難しいですが、こういう手軽なモリンガパウダーがあると心強いですね」(大皿さん)

ほんのり甘さがあって飲みやすかったです。水に溶かして飲むのはもちろん、季節の食材をたくさん使ったスムージーに加えてもいいですね。モリンガは沖縄でも栽培されていて、私にとっても身近な食材のひとつ。たくさんの方に認識を深めていただけたらいいなと思います」(根本さん)

野菜不足解消のためだけに飲むのはもったいない、女性にうれしい栄養素がたっぷり入った「奇跡のモリンガ青汁」。習慣にすれば、美と健康のサポートになり、「いつも笑顔で素敵ですね」なんて言葉をかけられる日も遠くないかもしれません。

※1 日清食品株式会社調べ、モリンガ粉末と各食品100gあたりの栄養成分量との比較

※2 乳等省令による発酵乳成分規格の乳酸菌数(1mlあたり1,000万個以上)を基準に、ヨーグルト1個(100g)10億個として比較


文/マイロハス編集部

奇跡のモリンガ青汁

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?