1. Home
  2. BODY
  3. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

164,426

Seina Ozawa(翻訳)

腕立て伏せ

ワークアウトというと、ウォーキング、ランニング、ジムでのウェイトリフティングなど、有酸素運動を思い浮かべる方が多いでしょう。

ただ、そういったトレーニングは単調になりがちですよね。何か新しいものに挑戦したいと思っている方も少なくないはず。

そんな方におすすめしたいのが、自重トレーニング。1回のワークアウトで簡単に、有酸素運動と筋力トレーニングの両方を行うことができるエクササイズです。

自重トレーニングはどんな運動?

公園

image via shutterstock

マシンやウェイトを使う場合と違い、自重トレーニングでは1回につき1~2か所の筋肉群だけにターゲットを絞り、時間をかけて鍛えていきます。

「ひとつの動きから次の動きへすばやく移ることで、有酸素運動を取り入れながら筋力をつけることができます」とニューヨークのスタジオインストラクターで、AFPA認定パーソナルトレーナーのブルック・エモリーさんは言います。

自重トレーニングの魅力は、道具が何もいらないこと。自分の体重を抵抗として使っていきます。家やジム、公園、ホテルの部屋など、どこにいても実践できます。さまざまな動きを行っていくので、飽きずに楽しめますよ。

「自重トレーニングは、体力レベルや年齢に関係なく取り組めます。回数や時間を変えるだけで、強度を調節できます」(エモリーさん)

自重トレーニングの基本

エクササイズ

image via shutterstock

初心者も始めやすい自重トレーニング。筋肉量を増やし維持するためにも、全身ワークアウトにぜひ取り入れてみてください。身体のどの部分を鍛えたいかによって、いろいろ動きを組み合わせてみるといいでしょう。

必要に応じて、自由にエクササイズ内容を変えて構いません。たとえば、通常の腕立て伏せを行うのが難しい場合は、膝をついてやってみてください。

バーピーなど負荷が大きいエクササイズで、膝に負担がかかってしまう場合には、ジャンプを省いて立ち上がるだけでもOKです。

15分間、AMRAP(できるだけ多く繰り返す)スタイルで行います。繰り返す内容は以下の通り。

  • ハンドリリースプッシュアップ4回
  • フロッガー6回
  • バーピー8回
  • Vアップ10回
  • スクワットジャンプ12回
  • ハイニ―14回(片足7回ずつ)
  • ショルダータップ16回
  • マウンテンクライマー18回(片足9回ずつ)

これらのエクササイズについて、詳しくご紹介していきます。

1. ハンドリリースプッシュアップ(手を離す腕立て伏せ)

鍛える部位:

肩、胸、上腕三頭筋

なぜ効果的なのか:

トレーナーがこの腕立て伏せをおすすめする理由は、そのやりやすさ。床スレスレのところでキープする必要はありません!

押す力も鍛えることができます。さらに、ほかの腕立て伏せに比べ、胸筋を集中的に鍛えるのに効果的です。

やり方:

  1. ハイプランクポジションから始め、手首を肩の下におきます。大臀筋を引き締め、足は肩幅より少し広めに開きます。
  2. 肩からつま先までまっすぐ伸ばしたまま、身体を床に下ろします。床から手を離し、肩甲骨を引き寄せます。
  3. 手を床につき、身体を押し上げてハイプランクポジションに戻ります。

2. フロッガー

鍛える部位:

コア、大臀筋

なぜ効果的なのか:

多面的な動きを取り入れたこのエクササイズは、肩、コア、大臀筋、ふくらはぎの筋肉など、全身に効きます。心拍数を上げる効果もありますよ。

やり方:

  1. ハイプランクポジションから始め、手首を肩の下におきます。大臀筋を引き締め、足は肩幅より少し広めに開きます。
  2. 両足でジャンプして、足を手の外側につきます。
  3. 大臀筋を膝より低い位置まで落として、深くスクワットします。手は床についたままでも離しても、どちらでも構いません。
  4. 両足でジャンプして、ハイプランクポジションに戻ります。

3. バーピー

鍛える部位:

全身(腕、胸、大腿四頭筋、大臀筋)

なぜ効果的なのか:

爆発的パワーを養成するプライオメトリクス(ジャンプ)が盛り込まれているため、心拍数が上がります。

胸、腕、肩、脚、大臀筋、コアに効果的。「間違いなく自重トレーニングのなかで一番好きな動きです」とエモリーさん。

やり方:

  1. ハイプランクポジションから始め、手首を肩の下におきます。大臀筋を引き締め、足は肩幅より少し広めに開きます。
  2. 肩からつま先までまっすぐ伸ばしたまま、身体を床に下ろしていきます。
  3. 両足でジャンプして、足を手の外側につきます。大臀筋を膝より低い位置まで落として、深くスクワットします。
  4. かかとに力を入れて床を蹴り上げ、両手を上に上げながら、思いっきりジャンプします。

4. Vアップ

鍛える部位:

コア

なぜ効果的なのか:

腹筋の強化版だと思ってください。引き締まった魅力的な腹筋が手に入るかも。背中を痛めないよう、マットや毛布の上で行ってください。

やり方:

  1. 仰向けになり、ホローボディーポジション(頭、肩、足を床から浮かせた状態)から始めます。体をバナナのようにカーブさせるイメージです。
  2. コアを引き締めて、上半身と下半身を引き寄せ、逆さのパイクポジション(前屈)をとります。
  3. 大臀筋を使ってバランスを取りながら、手でつま先を触ります。届かない場合は、できるだけ遠くへ手を伸ばします。
  4. ゆっくりと身体を下ろして、ホローボディーポジションに戻ります。

スクワットジャンプなど簡単「自重トレーニング」4つはこちら。

効果的に運動をしたい

認定トレーナーが指摘するワークアウトでやりがちな間違い6つ

どんなにがんばってもお腹の脂肪が落ちない? エクササイズのやり方が間違っているせいかもしれません。専門家が、ワークアウトでやりがちな間違いを指摘!

https://www.mylohas.net/2019/03/187643pvn_workout.html

そのぜい肉、運動の仕方を変えれば落ちるかも! 具体的方法は?

ダイエットやワークアウトをしてもお腹周りのぜい肉が取れない。そんな人はワークアウトのやり方が間違っているかもしれません。

https://www.mylohas.net/2019/03/187646pvn_workout2.html

Karla Walsh/8 Bodyweight Exercises You Can Do Anywhere—No Equipment Required
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由