1. Home
  2. MIND
  3. 朝起きられないのは、脳が何かを伝えたがっている?

朝起きられないのは、脳が何かを伝えたがっている?

16,080

脳

──BUSINESS INSIDER JAPANより転載

  • 朝、目覚めたとき、多くの人が今日はどんな1日になるんだろうと不安を感じている
  • 神経科学者のリサ・フェルドマン・バレット(Lisa Feldman Barrett)氏は、朝の不安は単に疲労や空腹、脱水といった身体的不快感に対する脳の反応である可能性があると言う。
  • バレット氏は、朝に苦痛を感じるなら自分自身に「これには純粋に身体的な理由があるのではないか? 」と尋ねてみようと言う。

一部の人にとって、不安は朝、目覚ましのアラームが鳴った瞬間から始まっている。

目が覚めた直後に今日やらなくてはならない全てのこと —— 通勤時の混雑と戦い、 メールの山と戦い、タスクに追われ —— を考えて突然、ベッドから出るのが嫌になる……という経験のある人は多いかもしれない。

しかしある科学者によると、こうした朝の不安は単に身体があなたに何かを伝えようとしているだけの可能性がある。

朝不安を抱える女性

神経科学者で『How Emotions Are Made(感情はいかにして作られるか)』の著者リサ・フェルドマン・バレット氏は、感情は基本的にわたしたちの脳が何かを推測するための方法だと言う。

「惨めだと感じるのは、身体的感覚のせいで不快な効果を経験しているからです」と、バレット氏は2017年のTEDトークで語った

「あなたの脳はこうした感覚の原因を予想しようとします。より多くの概念を知り、より多くの事例を思い浮かべることで、自身の感情をコントロールし、行動を規制するために、より効果的に(これらの感覚を)分類することができるのです」

つまり朝、ひどい気分で、不安を感じ始めても、大きな問題があるとは限らないということだと、バレット氏は言う。わたしたちの脳を惑わせるあらゆるタイプの身体的な原因があるかもしれないのだ。

「あなたの脳はこうした感覚の原因を説明しようとするので、どう対処すればいいかわかるのです。ただ、こうした感覚はあなたの人生に何か間違ったことが起きていると示しているとは限りません」とバレット氏は言う。

純粋に身体的な原因があるのかもしれません。疲れているのかもしれないし、よく眠れなかったのかもしれない。おなかがすいているのかもしれないし、のどが渇いているのかもしれません」

「今度、ひどい苦痛を感じたときは、自分自身に『これには純粋に身体的な理由があるのではないか? 』と尋ねてみましょう」

頭の中

感情を認識し、コントロールする能力を科学者は「感情的知性」と呼び、これは仕事や人間関係での成功の手助けになる。感情的知性を向上させるのは簡単ではないが、バレット氏は練習を積めば可能だと言う。

「想像以上に、わたしたちには自分の感情をコントロールする力があります」と、バレット氏は語った。

異なる経験の積み方を学ぶことで、苦しい感情と、それが人生にもたらす影響を抑える能力が手に入るのです

自分の脳と向き合おう

年を重ねてもボケないコツ。脳機能低下を防ぐサプリも。

「人生100年時代」ってどんな時代──? ずっと健康で楽しく暮らしていくには一体どうしたら?そんな疑問にさまざまなヒントを与えてくれるのが、東京大学...

https://www.mylohas.net/2019/03/186480brain.html

「軽い運動でも記憶力アップ」と科学者。何の運動を、どのくらい?

記憶力を保持するシンプルで科学的な秘訣とは? 神経学会誌に掲載された新しい研究によると、活動的でいることがすべてのようです。

https://www.mylohas.net/2019/03/187522pvn_brain.html

BUSINESS INSIDER JAPAN

image via shutterstock

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって