1. Home
  2. MIND
  3. 心理学者が教える離婚のサイン5つ。離婚を決めたらやることは?

心理学者が教える離婚のサイン5つ。離婚を決めたらやることは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,942

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

離婚

image via shutterstock

離婚を考えること、イコール、失敗や諦めと感じる人も多いかもしれません。

それは本当に簡単な決断ではありません。子どもや経済的な問題が絡む場合は、特にそうです。しかし、一緒にいるのがハッピーでないなら、離婚が頭をかすめるのは自然なこと。

「夫婦関係を終わらせる決断をしてしまう前に、少なくとも3か月カウンセリングを受けることをおすすめします」と、カップルカウンセラーのサマンサ・バーンズさんは話します。

でも、カップルによっては、カウンセリングをもってしても離婚を防げないこともあります。いくつかの破たんしてしまう要因とグレーゾーンの要因があるのです。前回に引き続き、「結婚を永遠に終わらせる潮時であるかも」と示すサインをご紹介します。

「これって、離婚の潮時かも」と重く受け止めたいサイン5つ(前編)は、こちらの記事で。

  1. 親密さがなくなった
  2. パートナーに問題解決の意思がない
  3. パートナーがあなたに敬意がない(もしくはその反対)
  4. パートナーを信頼できない
  5. 子どもがあなたの離婚を望んでいる

1. 親密さがなくなった

喧嘩している男女

肉体的、感情的に親密でいることは、コミュニケーションと同じように、時間の経過、そして専門家の助けを借りることで改善することは可能です。しかし、すでに専門的なサポートを受けていて、依然として問題が残っているならば、離婚を考える原因になるでしょう。

親密であることは大事」と、カリフォルニア州ミルバレーの臨床心理学者、博士のメラニー・グリーンバーグさん。ただし、本当に重要なのは親密さが足りなくなってしまった理由の方だと指摘します。

たとえば、パートナーが肉体的に親密でいられなくなったのは、医学的問題を抱えているからかもしれません。そうであるならば、ほかの方法を模索することもできます。

しかし、パートナーに問題がないにもかかわらず、どうしても拒むなら、結婚生活が危険水域にあるサインかもしれません。

2. パートナーに問題解決の意思がない

話し合う男女

夫婦間の問題を解決したい場合は、夫婦両者の参加が必要です。

「一方だけが参加しても解決は無理。一方が取り組みたいと思えず、もう一方が取り組むことができない。それは関係がうまくいかない明確なサインとなります。努力していくには、お互いが同じように修復したいと考えている必要があります」と、心理学者で、博士のジェニス・ヴィルハウワーさんは話します。

「パートナーがセラピーを受けようとしている場合は、カップルとしてどうしていくか具体的な指標を設定します。問題点を明確な言葉で説明できるようにすることで、進捗を測っていくことができるのです」と、認定臨床心理学者で心理学博士のブランディ・イングラーさん。

たとえば、あなたとパートナーの親密さについての「ルール」を設定した場合、週または月ごとにチェックすることで、その考え方に沿っているか簡単に記録できます。

「離婚についてエビデンスに基づいた決定をくだせるのでこれはいいと思いますね。それぞれのパートナーは、時間の経過とともに何が起こったのか、起きなかったのかを明確に知ることができます」

3. パートナーがあなたに敬意がない(もしくはその反対)

喧嘩するカップル

パートナーがあなたを尊敬していない、もしくはあなたがパートナーを尊敬できないと感じているなら、結婚生活が健全なのかを考えるときかもしれません。

何がうれしくて、人生をけなされたり、軽蔑されたりされないといけないのか。とくに人生をこうしたいという基準があなたにあるならなおさらです」(グリーンバーグさん)

でも、軽蔑が離婚につながらないケースもいくつかあります。

「たとえば、パートナーがメンタルの疾患に苦しんでいるとき。もがいているときに、あなたをけなすときがあっても、パートナーが助けを求め、症状もよくなっているなら、ふたりは解決に向けて努力していけるはず」とグリーンバーグさんは説明します。

反対に、あなたがパートナーを尊敬していない場合には、結婚をうまく続けていくことは難しいかもしれません。

「もしパートナーを尊敬できなければ、真剣に結婚生活を続けたいと感じないはず」(ヴィルハウワーさん)

4. パートナーを信頼できない

くつろぐカップル

信頼とはあらゆる関係の中心になるもの。だから片一方がもう一方に対してその信頼を失っている場合、離婚するときが来たというサインかもしれません。

しかし本来、信頼とは修復可能なもの。ただし時間がかかり、信頼を破ってしまった側が修復していこうと約束しなければなりません。

「ある程度の反省が必要。パートナーにショックを与えることをしてしまったという反省です」と、グリーンバーグさんは話します。

パートナーが説明責任を果たさない、もしくは信頼修復を拒む場合は、結婚生活にもはや見切りをつけるべきサインになってきます。

「あなたが拒んだり、パートナーを攻撃したり、どんなものであれ説明責任や問題への責任から逃げたりする場合、極端な話、パートナーの感情を何とも思わないと伝えているのと同じ。時間とともに互いの関係から信頼、安全、機密性、確実性などが失われていくでしょう」(トロント大学関係心理学教授、博士のマリアナ・ボカロワさん)

5. 子どもがあなたの離婚を望んでいる

喧嘩する親

不幸な夫婦が、本当によく言うセリフがこれ。「私たちは子どものために離婚しません」。でも、悲惨な結婚生活を続けることは実際、子どもにとっても有害なのです。

「研究によると、幸せな親が2人いることが、子どもにとってはベスト。でも、単に結婚している親が2人いる必要はありません。両親がハッピーでないならば、子どもにとって重要ではありません。家庭に緊張感をもたらし、成長するにつれて問題になってきます」

ですから、子どものためにと考えて一緒にいる場合、とりわけ子どもたちは離婚を望んでいるのであれば、別れることを考えるはっきりしたサインになるのです。

離婚を決断した場合はどうするべき?

カウンセリング

image via shutterstock

ステップ1:カップルカウンセラーに会う

「離婚を決断した場合は、数回以上のカップルセラピーを続けることの検討を。そのことで平和に別れられます。しかも、最終決断の前にできることは全部やったという心の平穏も得ることができます」と、バーンズさんはすすめます。

ステップ2:調停してくれるところとアポイントを取る

ベストと思える、調停してくれるところとアポイントを取ります。調停を引き受けた方はさまざまな方針を提案してくれるはずです」と、バーンズさん。

ステップ3:離婚の要件を詳しく調べる

離婚するために必要な条件について確認する必要があります。

ステップ4:専門的な支援を受ける

離婚を考える上で重要なのは、時間をかけ、関係に問題が生じたらすぐに専門家の助けを求めること。

「関係続行か、別離か、何がお互いの未来にとってベストなのか、考える時間をしっかりと取って、準備ができた時点で離婚を決断することが重要」とボカロワさんは強調します。

仲良くするには努力も大事

医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

産婦人科医・宋美玄先生に聞く「性欲の正体」前編。性欲が起きるメカニズムとは? 性別によって性欲に違いはあるの? 高度な知能を持つ人間ゆえの「生殖を目...

https://www.mylohas.net/2019/03/186845sp_sex_desire01.html

信頼感と体幹も強くなる! ふたりでできる4つのヨガポーズ

パートナーとの関係をよくするカップルヨガで、マンネリな関係を脱することができるかも?

https://www.mylohas.net/2019/03/187592pvn_yoga2.html

Brielle Gregory/10 Gut-Wrenching Signs It’s Time to Get a Divorce, According to Therapists
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析