1. Home
  2. HEALTH
  3. その不調、糖質の摂りすぎが原因かも? 睡眠中の歯ぎしり、朝起きられない…

その不調、糖質の摂りすぎが原因かも? 睡眠中の歯ぎしり、朝起きられない…

ポジティブ栄養学

25,319

吉川圭美

寒暖差が激しい季節になりました。こんなときこそ大切にしたいのが眠り。

睡眠時間をキープするのはもちろん、その質も高めておきたいものです。とはいえ、実際のところは「起きたばかりなのに疲れが残っている」なんて人も多いかもしれません。

考える女性

疲れがとれない理由にはいろいろありますが、意外に多いと感じるのが、夜に食べた糖質が影響しているパターン。甘いものと睡眠の質は、あまり関係あるように見えませんが、実は深いつながりがあるんです。

そのカギを握るのは血糖値。寝ている間に大きく下がることで、睡眠の質も下がってしまうことがわかっています。

厳密にコントロールされている血糖値

血糖値

私たちの身体には、つねにエネルギー源である糖が流れており、多すぎたり少なすぎたりしないよう、厳密にコントロールされています。甘いものやごはん、パンなど糖質をたっぷりとってしまうと、血糖値は一気に上昇し、一定量を超えると、すい臓から血糖値を下げるためのホルモンが出てきて、血液中の過剰な糖を処理していきます。

しかしホルモンの作用で血糖値がぐんと下がりすぎてしまうことがあります。このとき、再び血糖値を上げるために身体のなかで糖を作り出そうとしますが、これがうまくいかないと、今度は血糖値を上げるためのホルモンが出されます。そして上がりすぎたときは下げるホルモンが出て、下がりすぎたときは上がるホルモンが出て……。この繰り返しで血糖値は一定になっていきます。

朝、あごの下が痛い人は要注意

顎が痛い女性

ここで注目したいのが、血糖値を上げるホルモン。アドレナリンやコルチゾールといったホルモンは、興奮系のホルモン。リラックスして寝ている間に「興奮を促すホルモン」が、神経をスイッチオンさせてしまうため、どうしても睡眠の質は下がりやすくなるのです。

歯ぎしりをしたり眠りが浅くなったり、過剰に寝汗をかいたりする場合は気をつけて。このほか翌朝になると両あごの下が痛くなる、マウスピースを使っているという人も、前日の夜に食べた物を振り返ってみましょう。

また、寝ている間に血糖値が上がったり下がったりしていることは、そもそも身体にとって結構な負担でもあります。そのため、「疲れが抜けない感じがする」といった不調となってくるのです。

夜の糖質を控えて、翌日のパフォーマンスUP

豚汁

翌朝スッキリ起きるためには、夕食時の糖質をできるだけ控えることがポイント。糖質を身体に入れないことで、血糖値の上がり下がりを防ぐことができるからです。

私は夕食時には穀物は控え、野菜や納豆を入れたみそ汁や肉、魚を積極的に摂るようにしています。眠っているときは成長ホルモンによって身体の修復が行われますが、タンパク質やビタミン、ミネラルはホルモンの材料にもなってくれるので一石二鳥。

お金をかけずに、ちょっとした食べ方の工夫で翌日のパフォーマンスが上がるアイデア、試してみる価値はあると思います。

食べ方の工夫でパフォーマンスUP

ダイエット中に意識したい、主食や糖質の食べ方3つ

ダイエット中の食事のなかで、摂りすぎに注意したい「主食(糖質)」。太るからと抜いてしまう人も多いかもしれませんが、実はそれはリバウンドにつながる原因...

https://mylohas.net/2019/02/184653diet_staplefood.html

ランチの食べ方で変わる! 夕方の眠気やだるさ解消法

ひと雨ごとに暖かい日が増えてきて、春本番はもう目の前。そんなポカポカ陽気のせいかどうかはわからないけれど、ランチを食べて少し経つと、パソコンの前でう...

https://mylohas.net/2019/03/186877sleepiness.html

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら