1. Home
  2. STYLE
  3. マスク型空気清浄機って一体何? “攻め“の花粉対策グッズ5選

マスク型空気清浄機って一体何? “攻め“の花粉対策グッズ5選

1,416

岩橋朝美

buy_kafun

image via Shutterstock

いまや国民病といわれるほど多くの方が悩んでいる花粉症。今年は例年以上に花粉の飛散量が多く、対策をしていてもツライ! と感じている方も少なくないよう。それなら、今までの花粉対策を見直してみるのも一考です。

花粉対策グッズは年々進化しているので、上手に活用すれば、より“攻め”の対策が可能に。そこで、今回はシーンや用途に合わせて使える花粉対策グッズ5選をお届けします。

花粉除去にこだわった小型空気清浄機

空気清浄機

Dreamegg 空気清浄機 9,180円(税込)

空気清浄機はすでに持っているという方も見逃せない、花粉除去にこだわって開発された空気清浄機。

360°全方向から強く吸引し、補集率99.9%以上のHEPAフィルターで花粉やPM2.5などの微細粒子をスピーディに除去。邪魔にならないコンパクトボディなので、玄関付近にもおすすめ。外から持ち込まれる花粉を効率的にブロックします。

どんなインテリアにもなじむシンプルなデザインもいいですね。

携帯する空気清浄機! ファン付きマスク

花粉対策グッズ

ZenCT マスク 電動マスク ファン付き 2,780円(税込)

マスクは息苦しくて苦手…… という方におすすめの充電式ファン付きマスク。4層フィルターで花粉を除去し、ファンでキレイな空気のみをマスク内に送り込むので、楽に呼吸ができます。

肌に当たる部分はやわらかいシリコン製で、外して洗えるから常に清潔。風量を2段階で調節できて静音なので、周囲を気にせずに使えます。

排気口が下にあるため、メガネユーザーの方にありがちなレンズの曇り防止にもなります。

マスクにひと塗り! 香りで花粉をブロック

花粉対策グッズ

モリラボ マスクの外に塗る 花粉バリアスティック 890円(税込)

マスクをしていても隙間から花粉が侵入しいている気がする…… という方に試してほしいのがこちら。

スギ花粉をコーティングすることでアレル物質の働きを低減するといわれている、トドマツから抽出された香り成分を配合。マスクの上部にひと塗りするだけで、マスク周りに浮遊する花粉からガードします。約4時間おきに塗り直すだけの手軽さも◎。

森林にいるかのようなすっきりさわやかな香りにも癒されます。

スーッと心地よい鼻抜けにハマる人が続出

のど甜茶飴

下仁丹 鼻・のど甜茶飴 38g(約17粒)×5袋セット 2,160円(税込)

鼻やのどをすっきりさせたいときに試したい「鼻・のど甜茶飴」。ユーカリ香料、ミント香料をシームレスカプセルに包んで配合することで、舐めているうちにカプセルが溶け、スーッと心地よい鼻抜け感がかないます

さらに、のど飴に適した甜茶エキス、甘茶エキス、甘草エキス、生姜エキスを配合。矢野顕子さんをはじめ、プロのシンガーやアナウンサーにも愛用者が多いそう。

ノンシュガーなので、糖質も気にせずに舐めることができるのもうれしい。

花粉による肌ゆらぎにはスプレーで対策を

花粉対策グッズ

資生堂薬品 イハダアレルスクリーンEX スプレータイプ 花粉・ウイルス・PM2.5をブロック 50g 946円(税込)

花粉で肌がヒリヒリしたり、かゆくなるという方は、花粉ブロックスプレーで対策を。細かい霧によって、ムラなく顔全体に広がることで花粉をブロックしてくれる優れものです。

「イハダアレルスクリーンEX スプレータイプ」は、特許技術の成分が花粉やPM2.5などを反発し、肌や髪への吸着を防ぎます。メイクの上からも使えるので、お出かけ前にシューッとひとふきすればOK。天然温泉水配合、防腐剤(パラペン)フリーなど、肌にやさしい使い心地です。

“攻め”の花粉対策で、春のお出かけやお花見を思い切り楽しみましょう!

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析