1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット中は糖質とどう付き合う? 麺類の種類別、食べ方のポイント

ダイエット中は糖質とどう付き合う? 麺類の種類別、食べ方のポイント

25,594

横山智世

麺

炭水化物の麺類は、ダイエット中は躊躇しがち。でも実は、上手な食べ方をマスターすることで、ダイエット中でも気兼ねなく麺類を楽しむことができるんです。

麺類の種類別、食べ方のポイント

1.ダイエット中のいち押し「そば」

そば

麺類のなかでも栄養価の高いそばには、ダイエット中も摂取したい栄養がたっぷり。なかでも、十割そばがおすすめとのこと。

便秘解消に役立つ食物繊維をはじめとする、ダイエット中に不足しがちなビタミンミネラル、アンチエイジングに効果的なポリフェノールなども豊富に含みます。

(「DietPlus」より引用)

2.糖質に注意「そうめん」

そうめん

夏に食べたくなる、そうめん。食欲がないときは、つるっと食べられていいですよね。しかし、食べるときには、注意が必要だそう。

細くてコシがあまりないうえに、噛む回数も少なくなってしまうため、満腹感を得にくいのが注意点でもあります。さらには、糖質を多く含んでいるため、血糖値を上げやすく単品で食べると太る原因になる可能性が考えられるので、ダイエット中に食べるなら工夫が必要です。

(「DietPlus」より引用)

そうめんを食べる際には、食物繊維が豊富な野菜を先に食べることや、糖質の代謝を助けるビタミンB1を含む食材と一緒に食べるように意識しましょう。ビタミンB1を多く含む食材は、豚肉、豆類などがあります。

3.コシがポイント「うどん」

うどん

うどんを食べる際には、太くてコシがあるものがベターとのこと。よく噛んで、ゆっくり食べることで満腹中枢が刺激されるからです。食べ過ぎ予防のためにもコシのあるうどんを選びましょう。

麺類を食べるときにおすすめの具材は?

野菜と肉

麺類を食べるときには、具材を工夫して栄養バランスを整えることが大切。以下のおすすめ食材を加えて、かしこく麺類を楽しみましょう。

■ワカメなどの海藻類

海藻類は、とっても低カロリーなうえに、不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。また、噛み応えがしっかりとあるので、満足感に繋がります。

■ゆで野菜

食物繊維がたっぷり含まれる野菜は、血糖の上昇を緩やかにして脂肪の蓄積を抑えてくれますよ。このため、麺類を食べる際は先に具材である野菜を食べてから最後に麺類を食べるといいでしょう。

■卵や豚肉

筋肉アップや健康的な体作りに欠かせないタンパク質補給にぴったりです。また、豚肉には糖質の代謝を助けてくれるビタミンB1が含まれているので、ダイエット中であれば意識して取り入れたいですね。

(「DietPlus」より引用)

麺類は、調理法や食材との掛け合わせで多くのアレンジを楽しむことができます。ダイエット中は、同じようなメニューになりがち。麺類でダイエットメニューに彩りを加えてみてはいかがでしょうか。

ダイエット中は糖質とどう向き合う?

ダイエット中に意識したい、主食や糖質の食べ方3つ

ダイエット中の食事のなかで、摂りすぎに注意したい「主食(糖質)」。太るからと抜いてしまう人も多いかもしれませんが、実はそれはリバウンドにつながる原因...

https://www.mylohas.net/2019/02/184653diet_staplefood.html

糖質が気になる小麦粉を置き換えて、ウエスト-5cmを目指せる食材とは?

我慢がつきものの糖質オフダイエットはハードルが高い? ダイエット外来医が自ら25kgの減量に成功したという、その画期的な方法とは?

https://www.mylohas.net/2019/03/185854book_okara.html

Diet Plus

image via shutterstock

    Ranking

    1. 下着の捨てどきはいつ? 下着のプロが「捨て方のコツ」をアドバイス

    2. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    9. タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    8. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました