1. Home
  2. BODY
  3. 目がかゆいのは花粉症でなく「結膜炎」かも。人に伝染る場合も…

目がかゆいのは花粉症でなく「結膜炎」かも。人に伝染る場合も…

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,508

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

花を持つ女性

目が赤く、かゆくなったり、涙目になったり、花粉症のシーズンは大変。でも、実は花粉症ではなく、結膜炎かもしれません。

目の充血、分泌物、不快感など症状が似ているため、花粉症と結膜炎を見分けるのはちょっと厄介。人にうつす危険があるのかどうかも含めて、いちばんよい治療法を見つけるためには、2つの違いを知ることが大切です。

そこで、目が赤くなったときに、その原因が花粉症なのか結膜炎なのかを見分ける方法、そして不快感を少しでも和らげる方法をご紹介します。

花粉症と結膜炎の違いは?

目のかゆみ

image via shutterstock

結膜炎は、まぶたの内側と白目をおおっている粘膜である“結膜”が、細菌やアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)に刺激されて起こる目の病気です。

不快感、目の腫れ、赤目、分泌物などの症状が現れますが、原因によって次の3タイプに分かれます。

ウイルス性結膜炎

いちばんよくあるタイプで、名前からおわかりでしょうが、ウイルスに感染して発症します(たいていは風邪と同じウイルス)。

アメリカ眼科学会(AAO)によると、とても伝染しやすく、症状は焼けるような感覚、赤目、水っぽい分泌物など。

細菌性結膜炎

ウイルス性結膜炎と同じく、細菌性結膜炎もうつりやすく、違いはウイルスではなく細菌(扁桃炎を起こすタイプのような)に感染して起こる点。

目の痛みや目ヤニの症状も出ます。

アレルギー性結膜炎

ほとんど知られていませんが、花粉症による目の症状は、実はもうひとつのタイプの結膜炎なのです。

目のかゆみ、涙目、腫れといった症状が多く見られます。「目がアレルゲンに接触して、“ヒスタミン”という化学物質が出るために起こる症状です」と、ニューヨーク・プレスビテリアン病院/ワイル・コーネル・メディシンのアレルギー科ディレクターを務める医師のウィリアム・ライザッハさん。

ほかの2タイプとは違って、アレルギー性結膜炎はうつりません

どのタイプの結膜炎か知るには?

結膜炎

image via shutterstock

たいていは、症状が手がかりです。

テキサス・ヘルス・アーリントン記念病院の眼科医、レイ・チャンさんの説明によると、アレルギー性結膜炎は、痛みや焼けるような感覚よりも、かゆみを感じる傾向があります。普通はアレルゲンに接触して数分から数時間後とすぐに症状が現れ、両目に同時に症状が出ます

ウイルス性と細菌性の結膜炎は片方の目から始まることが多く、数日後にもう片方が感染します。

握手した、感染している人と同じタオルを使ったなど、接触により伝染しますが、すぐには気づきません。「症状が現れるまでに7〜10日かかります」と、プロビデンス・セント・ジョンズ・ヘルスセンター(カリフォルニア州サンタモニカ)の神経眼科外科医、ハワード・R・クラウスさん。

結膜炎の治療法は?

目の診察

image via shutterstock

タイプによります。絶対にアレルギー性だとわかるなら、いつものアレルギー薬(抗ヒスタミン薬、アレルギー用目薬など)や家庭療法で症状を抑えればよいでしょう。

でもどのタイプかわからない場合は、医師に診てもらいましょう。ウイルス性か細菌性の伝染するタイプかどうか確認できますし、細菌性であれば、早く治すための抗菌目薬も処方してもらえます。ウイルス性の場合、アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、効く薬がほとんどありませんから、自然に治るまで1〜2週間待たなければならないようです。

症状が悪化したら、医師に相談して。CDCによると、目の痛み、目がかすむ、光がまぶしく感じる、充血がひどい、そのほか抗菌薬でも症状がよくならないといった場合です。免疫力が弱くなる病気がある人も、医師の診察を受けましょう。

結膜炎の家庭療法は?

目薬

image via shutterstock

治療薬を使っているかどうかにかかわらず、不快感を少しでも減らすために自宅でできる方法があります。「冷湿布か温湿布、それに人工涙液を1日2〜3回使うと、不快感が和らぎます」と、チャンさん。

ちょっと気持ちの悪い目ヤニは? つまみ取るよりも、チャンさんがすすめる方法は、湿らせた布にベビーシャンプーを1滴たらし、優しくまぶたを拭き取ってから温水ですすぐというもの。

それから、ウイルス性か細菌性の結膜炎の場合は、伝染しないように気をつけましょう。片方の目だけに症状が出ているなら、感染している方の目には別の布やタオルを使うようにします(チャンさん)。そして、もちろんなるべく手で目に触らないようにして、頻繁に手を洗うことです。

アレルギー対策も大切

花粉症シーズンに。アレルギー症状の原因を緩和するにんじんポタージュ

花粉症の症状が本格的に出てくる時期は、朝起きた瞬間から一日中、目や鼻がムズムズしたり、くしゃみが止まらなかったり……。 そんな辛い思いをしている方に...

https://www.mylohas.net/2019/03/186501carrotsoup.html

花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

真冬の寒い日にはうんざり。暖かくなるのを心待ちにしたいところですが、一難去ってまた一難。今度は花粉に振り回される日々が予想されます。毎年のことながら...

https://www.mylohas.net/2019/02/cure.html

Marygrace Taylor/How to Tell the Difference Between Pink Eye or Allergies
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?