1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

9,197

レディー・ガガ

映画にノーメイクで挑んだ

映画『アリー/スター誕生』で主人公アリーを演じたレディー・ガガですが、メイクを一切せずに本作に挑んだことでも大きな注目を浴びました。

ノーメイクは、監督ブラッドリー・クーパーのこだわりでした。クーパー監督はスクリーンテストの撮影中、「すべてをさらけ出した」彼女が見たいと、ガガのメイクを拭き取ったそうです。

最初は少し戸惑ったとガガは言いますが、すっかり受け入れた様子。それに、ナチュラルなメイクが初めてだったわけではありません。ハリウッドで最も華やかな一夜を彩るアカデミー賞授賞式でも、みずみずしい素肌にピンクの口紅をして現れました。

先日Instagramに投稿した写真で、またしても美しい素肌を披露したガガ。目をキラキラとさせ、首にはティファニーの128カラットのイエローダイアモンドが輝いています。

オードリー・ヘップバーンが以前着用していたという象徴的なネックレスがまぶしいですが、ガガの完璧な素肌からも目が離せません。そばかすも可愛らしいですよね。

ビタミンCセラムがお気に入り

そんなガガの秘訣は、こつこつ続けているワークアウト(ガガの腹筋は見事です!)、栄養豊富な食事、そして肌のケアをきちんと行うこと。

アメリカの女性向けメディア『Refinery 29』で最近、ガガを担当するメイクアップアーティストのサラ・タンノさんが、ビタミンCセラムを使うのが大好きと明かしていました。

特にスキンケアブランド「ウラヘンリクセン」のトゥルースセラムがお気に入りだそう。肌を引き締めて明るく整える効果があり、ガガの肌をつややかに輝かせます。

このセラムには、 肌にダメージを与えるフリーラジカルを撃退する抗酸化物質のビタミンCのほかにも、肌の弾力を保つコラーゲン、栄養豊富なオレンジと緑茶のエキス、保湿力を高めるアロエ液が含まれます。

ビタミンC

image via shutterstock

ビタミンCはコラーゲンの生成(肌にハリを与え、シワを減らす)を促進し、太陽のダメージやシミから肌を守ります。さまざまな機能があるので、ほとんどの人がビタミンCをスキンケアに取り入れることで、うれしい効果を得られるでしょう」と『Prevention』に教えてくれたのは、ボストンで活躍する認定皮膚科医、ラネラ・ヒルシュ博士。

ビタミンCには肌を明るくする効果もあるので、健康的なつやのある肌を手に入れることができます。

タンノさんはさらに、バイテリーの保湿フェイスクリーム、ヴィントナーズドーターのフェイスオイル、シスレーのリップバームを使って、ガガの肌を整えているそう。

「美しさとインスピレーションに関しては、運命の相手にもう出会ってしまったの」と9月の『Today』誌でタンノさんは話していました。

「私たちはいつも考えてることが同じで、好みも一緒。だからコラボレーションがうまく調和する。彼女は私のミューズね

ビタミンCをおいしく摂ろう!

ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

白湯にレモンをプラスした「レモン白湯」の魅力とは? 簡単レシピと一緒に、意外な健康効果をご紹介します。飲むベストタイミングも要チェック。

https://www.mylohas.net/2018/12/181199diet_lemon.html

熱で壊れる? 野菜を切ると減る? ビタミンCのウソ・ホント

管理栄養士が教える「ビタミンCにまつわるウソ・ホント」をご紹介。熱で壊れる? すっぱいものはビタミンCが豊富? 野菜を切るとビタミンCは減る? ウソ...

https://www.mylohas.net/2018/09/174554diet_vitaminc.html

Alisa Hrustic/Lady Gaga’s Secret to Flawless, Makeup-Free Skin Is This Vitamin C Serum
訳/Seina Ozawa

Seina Ozawa(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって