1. Home
  2. EAT
  3. 日焼け対策、美肌、抗酸化に。オーガニックフルーツジュース3選

日焼け対策、美肌、抗酸化に。オーガニックフルーツジュース3選

2,112

小竹美沙

スムージー

image via shutterstock ※画像はイメージです

肌の調子がいまいちなときや、インナーから日焼け予防をしたいとき、疲れやすいけどケミカルなエナジードリンクを飲みたくない、といったときに頼りになるのが、オーガニックフルーツを使ったドリンク

今回は、未だあまり知られていなものの、豊富な栄養素が、美容と健康をサポートしてくれる3本を選びました。

果物なのにオメガ3・6・7・9全部入り。シーベリージュース

ワイルドシーベリージュース

たかくら新産業 ワイルドシーベリージュース 200ml 2,160円(税込)

ナチュラル・オーガニックなアイテムを扱う、たかくら新産業から新しくスタートしたブランド「だいじょうぶなもの」。その第一弾となるのが、希少な北海道産完熟国産シーベリーを使ったジュースです。

提携しているのは、日本で唯一シーベリーを専業で作っている、北海道むかわ町・フォレスト・ベリーの農園。山林を開拓し、残留農薬の心配がない土地で、肥料なし、無農薬の自然栽培を貫いています。

シーベリーには、200種類以上の栄養素が含まれると言われ、例えばビタミンCはブルーベリーの10倍、ビタミンAはレモンの56倍、ビタミンEはイチゴの12倍(※)とも。これら3種のビタミンを、同一果実で多量に含むのはシーベリーだけなのだそう。

さらに、果物でありながら、オメガ3・6・7・9という不飽和脂肪酸をすべて含む唯一の植物でもあります。特に、細胞再生ブースターといわれる、脂質オメガ7(パルミトレイン酸)が豊富に含まれているのもポイントです。

約10日分、一日20mlを5倍希釈で飲むのがおすすめ。やや酸味が強いので、ドレッシングの材料に使うというアイデアも。

ポリフェノールの宝庫。アロニアジュース

ラベンホースト アロニアジュース

ラベンホースト アロニアジュース 125ml 410円(税込)

ワイナリーからスタートした歴史あるドイツのプレミアムジュースメーカー「ラベンホースト」。人気は、スーパーフードの有機アロニアを使用した、ポリフェノール豊富なストレートジュースです。

東欧では、アロニアは「メディカルフルーツ」として親しまれているそう。ブルーベリーの約2~3倍と、豊富なポリフェノールを含んでいると言われ、抗酸化作用が期待できます。

このドリンク一本(125ml)で、一日のポリフェノール摂取目安量の80%以上を摂ることができるのも魅力。炭酸水や豆乳、ヨーグルトなどに混ぜるのもおすすめです。

200種類以上の栄養素を含むアロエベラジュース

沖縄アロエベラの贅沢あら搾り フルーティー粒食感

アムリターラ 沖縄アロエベラの贅沢あら搾り フルーティー粒食感 500ml 1,836円(税込)

沖縄県のヤンバル地方で、農薬を使わずに栽培した肉厚のアロエベラを贅沢に搾ったジュース「沖縄アロエベラの贅沢あら搾り フルーティー粒食感」。

一般的に、保存料として加えることの多いビタミンCやクエン酸は不使用。代わりにシークヮーサー果汁、ショ糖分の少ない良質なアガベシロップを使うことで、自然な酸味とアロエベラの粒感を楽しむことができます。

強烈な太陽光を受け、乾燥した大地で育つアロエベラは、身を守るために、ビタミンA・C・E・B群(B1、B2、B3、B6、B12、葉酸、ビオチン)、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、鉄、有機ゲルマニウムなどのミネラル類、各種アミノ酸、サポニン……など200種類以上の栄養素を含んでいるそう。 日々の生活で、ビタミンなどを無理なく摂取する一助になるはずです。

どのアイテムも、化学的な保存料、着色料、香料、白砂糖、人工甘味料を使っていません。忙しい朝や、小腹がすいたときに取り入れてみてはいかがでしょう。

※日本分析センターによるデータ

オーガニック派はこちらもチェック!

これから注目のオーガニックアイテムBEST5 〜インナービューティ編〜

Biople by CosmeKitchenの展示会をレポート。今回は「インナービューティ」をキーワードにおすすめアイテムベスト5を選びました。

https://www.mylohas.net/2018/05/166306.html

オーガニックや添加物ゼロ! 素材にこだわった5シリーズのソフトドリンク

原料や素材にこだわったソフトドリンクが増えています。添加物ゼロ、有機フルーツ使用…などなど。こだわり派おすすめのソフトドリンクをご紹介!

https://www.mylohas.net/2019/01/182557healthy_drinks.html

だいじょうぶなもの,ラベンホースト , アムリターラ

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由