1. Home
  2. BODY
  3. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

31,103

Maya A. Kishida(翻訳)

アボカド

性欲は、そう簡単に測定できるものではありません。「その気になる」かどうかは、精神状態やお付き合いの状況をはじめ、多くの要因に左右されます

ただし、食事で摂ったものが、ベッドの中での欲求に強く関連しているかどうかを確かめるのは難しいことがわかっています。

「エビデンスに基づいた医学的観点からすると、現在言われていることのほとんどは、そこまでの信頼性がないのです」と話すのは、ワイル・コーネル・メディカル・カレッジ泌尿器研究の副理事で、性欲と催淫性の食品の研究を行っているドロレス・ラム医学博士です。

むしろ、性欲を高める食事で科学的に裏付けのある唯一の方法は、地中海式の食事と語るのは、カリフォルニア州の産婦人科医マイケル・クリチマン医学博士。

博士は天然の催淫剤に関する最近の研究論文の著者でもあり、そんな博士が参照している研究によると、地中海式の食事は、男性の勃起機能の向上、および女性の性欲増加と関連があるとのこと。しかも、この食事法は性欲増加だけでなく、健康全般の改善にもつながります。

とはいえ、特定の食品には、実際に性欲を高める力があると示唆する研究もいくつか存在します。

前戯に時間をかけるといった、確実に性欲を高める方法と同じような効果を期待することはできないかもしれませんが、それらの食品を食事のメニューに加えることで、夜の営みにプラスの効果をもたらすかもしれません。

では、さっそく、ベッドの中で熱いひとときを過ごすのによさそうな10の食品を紹介しましょう。

医学的にみた性欲アップにつながる10の食品(前編)は、こちらの記事で。

  1. ダークチョコレート
  2. カイエンペッパー
  3. 赤ワイン
  4. ピスタチオ
  5. バナナ
  6. アボカド
  7. ハチミツ
  8. アーモンド
  9. ビーツの根、葉野菜

1. ダークチョコレート

ダークチョコレート

ダークチョコレート(カカオ70%以上のもの)には、気分をよくするホルモンの放出を高める化合物が含まれていて、人と一緒にいたいという気持ちにさせる、と話すのはニューヨーク市のBZニュートリションの設立者で、栄養士のブリジット・ザイトリンさん。

ドライアプリコットと一緒にどうぞ。フルーツに含まれているアミノ酸がエネルギーをアップさせてくれるはず。

2. カイエンペッパー

カイエンペッパー

カイエンペッパーに含まれる主な化合物が、カプサイシン。このスパイスのピリッとしたアクセントである成分は性欲も高めてくれるはず。

なぜなら、ザイトリンさんいわく、血行をよくして血流を増やすから。熱い気分になるためにも、魚やチキン、牛肉などの味付けに少々のカイエンペッパーを。

3. 赤ワイン

ワイン

「赤ワインには、生殖器への血流などを含む血液循環を向上させる抗酸化物質レスベラトロルが含まれています」と話すのは、ニューヨーク州ウエストチェスターの産婦人科医アリッサ・ドウェック医学博士。

「ただし赤ワインは、ほどほどに嗜むこと。よいものをたくさん摂りすぎるのは、この場合はいいことではありません」

4. ピスタチオ

ピスタチオ

ピスタチオには血液の流れをよくして、勃起不全を改善するとされているヘルシーな脂肪が含まれています、とドウェック医師。

アプリコットとピスタチオのビスコッティを焼いてもいいし、あるいはピスタチオをバジルペーストに加えてみては?

5. バナナ

バナナ

バナナはカリウムが豊富で、血圧を健康的に保ち筋肉を強くしてくれます。

また、ドウェック医師によると、ときにベッドで困った問題となりがちな、足のこむら返りの予防にもよいそう。

冷凍バナナをワークアウト後のスムージーに加えてもいいし、自然の甘みとしてスライスしたバナナを夜食に添えても。

6. アボカド

アボカド

オメガ3脂肪酸たっぷりのアボカドには、ホルモン生成や性的衝動に不可欠な栄養素のビタミンEが豊富。

たった1/3のアボカドで、健康を全体的に向上させるのに欠かせない20のビタミンとミネラルが摂取できます。

アボカドトーストやワカモレはもちろんのこと、サラダやサンドウィッチに何切れか加えてみてもいいですね。

7. ハチミツ

はちみつ

ドウェック医師によると、ハチミツはエネルギーをアップさせて、性的なスタミナを強化するのによいかもしれないとのこと。

特にマヌカハニーには、ニキビの治療から腸の健康の向上にいたるまで、健康的なメリットがたくさんあります。

のどの痛みを和らげるために温かいお茶にハチミツを加えたり、バルサミコ酢の酸味を調和するために、手作りのサラダドレッシングに加えてみましょう。

8. アーモンド

アーモンド

アーモンドにはタンパク質とヘルシーな脂肪が含まれていますが、これらはロマンチックな夜のために、エネルギーをゆっくりと持続させてくれる栄養素ですね、と話すのはシカゴの認定栄養士クリスティ・ブリセットさん。

「アーモンドはマグネシウムだけでなく、ビタミンEの摂取に優れています。ビタミンEは血の流れを促進して血栓を予防する抗酸化物質。その気になるには、血液が正しい場所に流れることが欠かせないのでこれは重要なこと。またマグネシウムは、筋肉や神経の機能だけでなく血圧の調整を助けます。高血圧は勃起不全のよくある原因なんです」

9. 卵

卵

昔から、世界中の文化で生殖のシンボルとなっている卵。家族をつくりはじめたいなら、その気になるのにぴったりな食品かも。

大きめの卵2個で質のよいタンパク質12gに、リボフラビン、パントテン酸、セレンなど13の必須栄養素が摂取できる、とブリセットさん。リボフラビンはエネルギー生成で重要な役割を果たし、パントテン酸は性ホルモンの生成を調整、セレンは生殖を助けます。

10. ビーツの根、葉野菜

ビーツ

「血流を増やすなら、ビーツの根と葉野菜の摂取を増やすべきです。これらの食品は、酸化窒素(NO)の生成の向上によいのです」と言うのは、カリフォルニア州アーバインの産婦人科医フェリーチェ・ガーシュ医学博士。

「酸化窒素は動脈を拡張させるのを助け、血液の流れをよくします」。赤いビーツをたっぷり味わうなら、炭火でローストした野菜にビーツのスライスを添えて。ビーツとベリーを使ったマフィンをつくってもいいですね。

セックスの悩みあれこれ

最近、性交渉がない……。パートナーにどう切り出したらいい?

臨床心理士の西澤寿樹先生に聞く、「カップルカウンセリング」の基礎知識。後編では、セックスレスに悩む女性から寄せられた5つの質問について、西澤先生にア...

https://www.mylohas.net/2019/03/187015sp_sex_counseling02.html

性欲は強い? 弱い? 読者400人以上の「性事情」をリサーチ

マイロハス読者に聞いた「セックス」に関するアンケート結果(回答者数 441名)をもとに、人には話せないようなみんなのセックス事情をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/sp_sex_questionnaireresults.html

Markham Heid and Emilia Benton/20 Best Foods to Help Boost Your Sex Drive, According to Dietitians
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?