1. Home
  2. BODY
  3. 信頼感と体幹も強くなる! ふたりでできる4つのヨガポーズ

信頼感と体幹も強くなる! ふたりでできる4つのヨガポーズ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,117

Seina Ozawa(翻訳)

ヨガ

image via shutterstock

結婚したり長く付き合ったりしていると、パートナーとの絆を深める新鮮なアイデアはなかなか思いつかないもの。もちろん、サプライズディナーやコンサートへのお出かけなど、愛を確かめ合う機会はあるでしょう。

でも、信頼関係や親密度を高めて、より深いところでつながるには、単に一緒に食事をするだけでは事足りません。そこでおすすめなのが、カップルヨガ

「どんなカップルヨガエクササイズを行う場合でも、重要なのはコミュニケーションです」とカリフォルニア州ロサンゼルスのヨガワークスで主任講師を務める、認定ヨガインストラクターのマヤ・マッケナさんは説明します。

ヨガプラクティスを通して、パートナーときちんとコミュニケーションを取ることで、開放感や自信につながり、お互いの理解を深めることができます。カップルヨガで一番重要なのは、「心を開いてお互いに正直になり、気軽に楽しむことです」とマッケナさんは言います。

マッケナさんおすすめのカップルヨガポーズを行って、パートナーとの絆を深めましょう。呼吸を意識しながら、ゆっくり自分のペースで行います。正しいポーズが取れているか、パートナーと会話をしながら進めてください。お互いがしっかりとストレッチを感じられるようにしましょう。

パートナーとの絆を深めるカップルヨガ1〜3は、こちらの記事で。

4. 座位の前屈/後屈のポーズ(パスチモッターナーサナ/マツヤアーサナ)

前向きバックベント

前屈&後屈のポーズでは、脚と背中をしっかりとストレッチしていきます。

このポーズは少し難しく、特にパートナーと柔軟性に差がある場合は、苦戦するかもしれません。怪我をしないためにも、しっかりとコミュニケーションを取りながら、ゆっくりと行うようにしてください

やり方:

  1. パートナーと背中を合わせて座ります。ひとりは脚を伸ばして、前に倒れます(太ももの裏側が硬い方や、腰に問題のある方は、少し膝を曲げてみてください)。もうひとりは膝を曲げて、両足を床につけます。パートナーに支えてもらいながら、背中を後ろに倒します。
  2. 5~6呼吸キープしたら、体を起こして逆になります。必ずパートナーと確認し合いながら進めてください。パートナーの反応を見ながら、より負荷をかけた方がいいのか、ゆるめた方がいいのか判断します。お互い相手に身を預けていくポーズなので、身体的なつながりを深める効果があります。

5. ダウンドッグ/チャイルドポーズ(アドムカシュヴァナーサナ/バラーサナ)

ダウンドック、チャイルドポーズ

ヨガで人気のボディストレッチふたつを組み合わせたポーズです。パートナーと一緒に取り組めば、お互いにサポートし合いながら、より深いストレッチができます

やり方:

  1. ひとりは膝を開いたチャイルドポーズになります。足の親指同士をつけて、膝を腰幅より広く開きます。腕は肩幅に開いて、しっかりと伸ばします。
  2. もうひとりはパートナーの方を向いて立ち、パートナーに足首をそれぞれの手でつかんでもらいます。立っている方が後ろに下がり、座っているパートナーの肘が床から離れたら止まります。座っている方は体の脇、肩、腕が伸びるのを感じてください。
  3. 立っている方は腰から前屈みになり、パートナーの骨盤の後ろに手を置きます(太ももの裏が硬い場合は、少し膝を曲げても構いません)。背骨ではなく、骨盤の肉の部分に手を置くようにしてください。手に体重をのせ、パートナーの骨盤の後ろにあるお肉を優しくマッサージしてあげましょう。

5~6呼吸キープしながら、お互いにフィードバックし合って親密度や信頼関係を高めましょう。ポーズを解くには、立っている方が膝を曲げて、体重をかかとにのせて立ち上がります。

6. ねじった椅子のポーズ(パリヴリッタウトゥカターサナ)

回転椅子

ねじった椅子のポーズでは、胸を開いて足をしっかりと地につけていきます。

パートナーと一緒に行うことで、より深いストレッチをすることができます。ひとつひとつの動きに合わせて呼吸をするように意識しましょう。

やり方:

  1. 向かい合って、腕の長さ分くらい離れて立ちます。右腕を左腕の上にクロスさせ、お互いの手を握り合います。足は腰幅に開いて平行にします。手を強く握りしめながら、ゆっくりと膝を曲げて、椅子に座るように腰を落としていきます。
  2. 両肩は腰の上でキープし、パートナーに支えてもらいながらバランスを保ちます。右手を握り合ったまま、左腕を後ろに回して肩の高さで伸ばし、体を左にねじっていきます。
  3. 3~5呼吸キープしたら、体を元の位置に戻し、今度は左手を握ったまま体を右にねじります。ポーズを解く際は、互いに両手をしっかり握り合い、足に力を入れて、パートナーと支え合いながら脚を伸ばしてください。

このポーズは背中合わせで行う椅子のポーズを、さらにレベルアップさせたものです。パートナーと手をつないだままツイストして体を離していくので、より深い信頼感と安心感が必要となります。

7. ダブルプランクポーズ(アドムカダンダアーサナ)

ダブルプランク

多くの人が、好きだけどツラいと感じているのが、プランク。パートナーと一緒に取り組めば、自信を持ってプランクをキープできるようになるかもしれません。

ダブルプランクポーズは、お互いに頼り合わないと力が入らず、ふたりとも倒れてしまうので、パートナーとの信頼関係を築くのに効果的です。少し高度なポーズですが、試して損はありません。

このカップルヨガポーズでは強い体幹が必要ですが、ぜひトライしてみてください! 床に近い低いところで行うので、失敗してもパートナーと笑い合いながら楽しめるでしょう。

やり方:

  1. 力のある方もしくは背の高い方が、まずプランクをします。手首を肩の下に置き、体幹を引き締めて、脚をまっすぐ伸ばして力を入れます。もうひとりはプランクをしているパートナーの足の方に顔を向け、相手の腰をまたいで立ちます。
  2. 立った状態から体を前に倒して、プランク中のパートナーの足首をつかみます。腕を伸ばして体幹に力を入れながら、片足を上げてパートナーの肩の後ろにのせます。
  3. 体が安定してから、もう一方の足を同じようにのせます。このとき、相手をしっかりとつかんだまま腕を曲げないようにしましょう。
  4. 3~5呼吸キープしたら、片足ずつ慎重に床に下ろします。コミュニケーション、信頼、筋力が必要なエクササイズですが、楽しもうという気持ちが大切です!

パートナーとの時間を大切に

専門家に聞く! 性の問題はカウンセリングで解決できるのか?

セックスレスなど、夫婦間のコミュニケーションに悩む人必見! 「@はあと・くりにっく」を運営する臨床心理士の西澤 寿樹先生から日本ではまだなじみが薄い...

https://www.mylohas.net/2019/03/186994sp_sex_counseling01.html

男性が夜の営みに無関心になる3つの理由

気になるセックスレスになる理由と解決法を専門家に聞いて、パートナーへの理解を深めて見ましょう。

https://www.mylohas.net/2019/03/186517sp_sex_pvn_partner2.html

Sara Shulman/7 Couples Yoga Poses to Strengthen Your Relationship With Your Partner
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由