1. Home
  2. MIND
  3. 「軽い運動でも記憶力アップ」と科学者。何の運動を、どのくらい?

「軽い運動でも記憶力アップ」と科学者。何の運動を、どのくらい?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,805

Maya A. Kishida(翻訳)

指

年をとっても記憶力をしっかり保つのは、思ったよりかなり単純かもしれません。

新しい研究によると、記憶力や思考能力を最大に引き上げるためにすべきことは、“とにかく動くこと”だそう。日常的な運動でもいいし、ただ家事をするだけでもかまいません

動いている人のほうが記憶力はいい

歩く女性

image via shutterstock

その研究は、米国神経学会の医学誌『Neurology』の2019年1月16日のデジタル版に掲載されたもの。研究者らは454人の身体的活動レベルを調査しました。

被験者は平均しておよそ2年後には亡くなっていますが、そのうち191人は認知症で、残りの263人はそうではありませんでした。被験者の死後、科学者たちは脳細胞を調べ、より身体を動かしていた人たちのほうが、なんらかの形で脳がより守られていたことを発見したのです。

「まったく動いていなかった人にくらべて、たくさん動いていた人のほうが思考能力や記憶力がよい状態にありました」と説明するのは、米国神経学会会員で研究の著者、シカゴのラッシュ大学医療センターのアーロン・S・バッチマン医学博士です。

「脳に認知症の兆しがみられる場合、動くことが本質的に思考力や記憶力の維持を助ける備えとなっていることがわかりました」

運動技能(動きやバランスを助ける能力)がいっそうすぐれている状態であることと、思考力・記憶力がよりよい状態にあることには相関関係があることも判明したのです。

運動には、脳を守る力があるのかもしれない

脳

image via shutterstock

この発見を受けて、バッチマン医学博士は人々に動くことを推奨しています。「運動はお金をかけずに健康を向上させる方法です。そして我々の研究では、運動には脳を守る効果がある可能性が示唆されました」と博士は話します。

しかし同時に、研究ではいかなる原因と結果も示されておらず、記憶や思考能力を失うにつれて身体活動も落ちていった可能性があることは、博士も指摘しています。

「動くことが、脳にとって本当にメリットがあるのかどうかを見極めるためにも、さらなる研究が必要なのです」とのこと。

動くことが、科学が推奨する記憶力を保つ唯一の方法ではありません。栄養や記憶力を高めるパズルやゲーム、適切な睡眠など、記憶力を鍛えるための科学的に裏付けられた方法はほかにもあります。

今日からできること

ウォーキング

image via shutterstock

ソファから立ち上がって動くためのモチベーションが必要な人へ。

1日たった30分歩くといったエクササイズでも、気分がアップして、想像力が高まり、体重が減って、糖尿病などの慢性の病気になる確率が下がり、さらに消化にもよいなど、健康によいことがたくさんありますよ!

脳のこともっと知りたい

納豆は認知症を予防できる?

さまざまな症状に納豆パワーはどのように働き、どう食べると効果的なのか? 10回連載で、納豆にまつわる疑問について、「ナットウキナーゼ」を発見した納豆...

https://www.mylohas.net/2019/02/184252sp_natto_quetion07.html

ぽっこりお腹の人は注意! アルツハイマーのリスクが研究で明らかに

太っていると認知症のリスクが高いことが研究で明らかに。健康的な食生活と運動、睡眠が予防のカギのようです。

https://www.mylohas.net/2019/02/185048pvn_bellyfat.html

Leah Groth/The Simple Key to Preserving Your Memory as You Age, According to Science
訳/Maya A. Kishida

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?