1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ちょっとのケアで変わる。花粉による肌荒れを防ぐ5つの方法

ちょっとのケアで変わる。花粉による肌荒れを防ぐ5つの方法

3,437

佐々木彩子

花粉症の女性

花粉シーズンはまだまだ続きます。さまざまな対策グッズが発売されていることからも花粉に苦しむ人は年々増えていることがうかがえますが、事実、東京では花粉症の罹患者が40年前の約4倍(※1)にもなっているそう。

そして、くしゃみや鼻水といった症状だけでなく、“花粉による肌荒れ”で悩む女性が、昨年よりも24%も多くなっているのだとか(※2)。そこで今回は、花粉による肌荒れケアの簡単な方法5つをご紹介します。

※1:花粉症患者実態調査報告書(2016年、東京都福祉保健局)、※2:DECENCIA調べ

敏感肌の人はとくに注意が必要な花粉皮膚炎って?

花粉皮膚炎

八重洲形成外科・美容皮膚科の原かや院長によると、花粉による肌荒れは「花粉症皮膚炎」とも呼ばれ、花粉が肌に付着することによって起こる症状だそう。

まぶたや口の周りといった顔や、衣類と擦れる首などの部位に出やすいのが特徴で、かゆみや赤み、小さなプツプツとなって表れます。

また、敏感肌や乾燥肌などバリア機能が低下している肌への影響が大きいため、春はなんとなく肌の調子が悪いと感じていた人は、いかに“花粉を肌に付着させないか”を意識することがポイントです

日常生活のなかでできる花粉皮膚炎対策3つ

花粉対策

1. 肌を覆いましょう

まずは花粉が肌に触れないよう、メガネやマスク、帽子で肌をできるだけ覆うように心がけましょう。

日頃コンタクトの人は目の周りの皮膚を保護するために、この季節だけは花粉用のメガネをしてもいいかも。最近はデザインも違和感のない自然なものが増えています。髪の毛の長い人はしばってまとめておくと花粉の拡散をより防げそうです。

2. 皮膚を掻かないように

なんとなく肌がムズムズしても皮膚を掻かないように注意することも大切です。かゆみを感じると無意識に手が伸びてしまいがちですが、ぐっと我慢。

3. 家に入るタイミングに注意

基本的なことですが、家に入る前には服についた花粉をよく払い、家に着いてからもなるべく早めにメイクオフや洗顔をして、肌を清潔に保つようにしましょう。

スキンケアで心がけたい花粉皮膚炎対策

スキンケア

花粉皮膚炎対策として重要なのがスキンケア。先述したとおり、肌のバリア機能が低下していると症状が出やすくなるため、“保湿”が第一。そこでオススメしたいのが、「バリア塗り」です。

クリームなどの保湿用アイテムを、鼻、まぶた、首、耳など、普段のスキンケアでは見落としがちなところをバリアするように塗ることで、花粉の付着を最小限に防ぎます。鼻の下、首の後ろ、耳の周りまでしっかりと意識してケアしましょう。

また、バリア機能がある保湿クリームを選ぶと、より効果がアップします。肌はもともと衣類などとの摩擦によって静電気を帯びやすく、空中に浮遊する花粉などの微粒子を引き寄せてしまう性質が。しかし、ポーラ化成工業の研究によると、静電気を帯びにくい平らな紛体(板状粉体)で肌を覆うことで、花粉の付着を3分の1に抑えられることが明らかになったのです。

この板状粉体が採用されているディセンシアのクリームなど、花粉バリア能力に優れたアイテムを使ってバリア塗りをおこなえば、外部刺激や水分蒸発を未然に防ぎ、肌を花粉から守れるのです。

「ちょっと」の意識が、毎年のお悩みを軽減してくれるかもしれませんね。

原かや

東京女子医科大学医学部卒業後、同大学形成外科学室入局、同助教を経て2015年に八重洲形成外科・美容皮膚科を開院。形成外科専門医、レーザー専門医・指導医。

つらい花粉症、症状別に対策を

花粉症は鼻水・かゆみだけじゃない。のどの痛みを和らげる方法は?

春の「のどの痛み」は、風邪から? それとも花粉症などのアレルギー? 耳鼻咽喉科医が見分け方と対処法を説明します。

https://www.mylohas.net/2019/03/187268pvn_hayfever.html

花粉で抜け毛が進行? 花粉シーズンに頭皮トラブルを防ぐ6つの方法

今年もついに花粉のシーズンが到来しました。すでにあちこちでくしゃみの声が聞こえてきますが、実は花粉の症状は、目や鼻だけでないって知っていました...

https://www.mylohas.net/2019/03/186004hay_fever.html

[情報提供:DECENCIA ]

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析