1. Home
  2. EAT
  3. 肉を使わない、おいしいそぼろ。そら豆から作った次世代ミートって?

肉を使わない、おいしいそぼろ。そら豆から作った次世代ミートって?

奥田景子

HARKIS野菜のそぼろ

日本でも広まってきた植物性の肉代替食品。今度は、フィンランド産のそら豆からつくられた「HÄRKIS™(ハーキス)」が日本初上陸しました。

ヒュッゲリーなライフスタイルにならって開発された、新しい野菜の新素材「HÄRKIS™(ハーキス)」。HÄRKIS™は、大豆ミートやフェイクミートに続く次世代ミートといわれています。日本でも親しみやすいそぼろ状の素材で、ヘルシーで持続的な食生活への新提案です。

チーズにシーフードまで登場。植物性由来食は新時代へ

動物性食を減らしたいというアメリカのミレニアル世代の意向をうけ、アメリカから日本国内でも広がっているのが「Plant-Based Food(植物性由...

https://www.mylohas.net/2018/05/167078plant-based-food.html

そのまま調理できるミンチ状のフレーク

HARKIS野菜のそぼろ

ベジタリアンの食事などに使われている大豆ミートは、おもに乾燥タイプなので、お湯で戻す必要があります。HÄRKIS™は、そのまま調理できるミンチ状のフレークタイプ。炒めたり、こねてハンバーグにしたり、サラダにトッピングしたりと、いろいろなレシピに対応できるのです。

フィンランド産そら豆は、日本のものより小さくコーヒー豆くらいの大きさ。クセがなくタンパク質と食物繊維を豊富に含んでいます。フィンランドの澄んだ空気、美しい水、長い夏の陽など、豊かな自然環境に育まれたものです。

すべてグルテンフリー、糖質や脂質も控えめ

HÄRKIS™の魅力は、ミートフリー、乳製品を使用しないデイリーフリーなだけでなく、グルテンフリーアレルゲンフリー(※)という食のバリアフリーを叶えているところ。

野菜のそぼろ プレーン,野菜そぼろ メキシカン,野菜そぼろ エスニックカレー

野菜のそぼろ プレーン 130g 540円(税込)/野菜そぼろ メキシカン 130g 540円(税込)/野菜そぼろ エスニックカレー 130g 540円(税込)

ラインナップは、アイデア次第でいろいろな料理に使える「野菜のそぼろ プレーン」、クミン、オレガノ、トウガラシなどスパイスを利かせた「野菜そぼろ メキシカン」、カレーパウダーや生姜が香るアジアンな「野菜そぼろ エスニックカレー」の3タイプ。

すべてグルテンフリーで、糖質や脂質も抑えられています

肉の代わりになる食材、ソイフリーにも注目

野菜の肉詰め

おいしくて手軽なHÄRKIS™は、2016年フィンランドで誕生以来、野菜中心の食生活へとシフトチェンジする手助けにもなっているそう。

健康や思想の観点から、動物性食品を減らしたいという人が世界的に増えているという昨今。肉の代わりとなる食品は日本でも注目を集めつつあります

糖質制限の落とし穴って? 本当に体によい食品を見分けるには

炭水化物は健康に悪い? 赤い肉は健康によい? 巷には「〇〇が健康によい」という情報が溢れかえっています。流行に惑わされずに正しいものを取捨選択する基...

https://www.mylohas.net/2019/01/180991evidence.html

その代表食材ともいえる大豆は高い栄養面を誇る一方で、アレルギー源にもなり得る可能性が。欧米を中心に「ソイフリー」、つまり大豆不使用を指すジャンルが確立されつつあるそう。こういった観点からもそら豆を使ったHÄRKIS™には注目が集まりそうです。

※表示推奨品目含む、アレルギー物質27品目のいずれも使用をしていません(2018年12月現在)

タンパク質と上手に付き合おう!

不調やイライラ、タンパク質不足が原因かも。朝から摂る大きなメリット

今、3人に2人の女性が「“朝”のタンパク質不足」に陥っているといいます。指摘するのは、メディアでも知られる東大ママドクターこと伊藤明子先生。なぜ朝に...

https://www.mylohas.net/2019/02/184960protein.html

糖質が気になる小麦粉を置き換えて、ウエスト-5cmを目指せる食材とは?

我慢がつきものの糖質オフダイエットはハードルが高い? ダイエット外来医が自ら25kgの減量に成功したという、その画期的な方法とは?

https://www.mylohas.net/2019/03/185854book_okara.html

HÄRKIS™FINLAND

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ