1. Home
  2. MIND
  3. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも……

【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも……

セックス学

3,376

MYLOHAS編集部

20190331_logo

臨床心理士の西澤寿樹先生に聞く、「カップルカウンセリング」の基礎知識。前編に続き、後編ではセックスレスに悩む女性から寄せられた5つの質問について、西澤先生にアドバイスいただきます。5つ目のお悩みは、「性欲がなくなってしまったのではないかと不安になる」というもの。

【お悩み】
出産後、本当にセックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったのではないかと不安になります。どうしたらいいのでしようか?

「産後どれくらいたっているかはお聞きしたいところですが、授乳中はしたくないとか、そういった体の問題もあるかもしれません。生理的な問題なら、それは気長に待つしかありません。

ただ、本当は性欲がないわけではないのに、性欲がないかのように振る舞っていて、そこに自分でも不安を感じているという可能性はないでしょうか。これは無意識でそうなっている場合もあります。

産後、セックスしたくなくなる女性は少なくありません。その理由は、出産するまで、あるいは子育て中に、夫が協力的でなかったから。

それで怒っていると言える女性はまだいいのですが、不満を言えずに、セックスを拒否するという形で無意識に夫を罰している場合があります。

0shutterstock_692071945

また、先ほど相手に恐れを感じると性欲を感じなくなると言いましたが、それは必ずしも暴言や暴力によるものではなく、ごくささいな物言いの積み重ねだったりします。

日常のささいなやり取りでも、人はこっそり傷つく。相手は脅かすつもりもないし、ごく普通に話しているだけかもしれないけれど、いつの間にか“自分を傷つける人、怖い人”という思いが形成されていることがあるのです。

それはすごくわかりにくいところなので、そういう側面がないかを問いかけてみることも必要だと思います」(西澤先生)

セックスレスの場合、相手が自分にまるで無関心のように思えて、どうしようもなく孤独を感じることがあります。でもほとんどの場合、相手も心の奥底では、お互いの関係性を大事にしたいと思っていることが多いのだそう。

「たとえ自分で気づいていなくても、そうなんです。自分が選んだ相手への興味関心は、本当は当然あるはずなのに、現代人はあまりにも雑事が多すぎる。上からいろんなものがかぶさってきて、見えなくなってしまうのです」(西澤先生)

西澤先生いわく、セックスは、夫婦がうまくいかないことの“最後のシワ寄せ”がくる部分。セックス以前の部分が解決しないと、そのシワはきれいに伸びません。

でも、わだかまりが解決すれば、自然に触れあえるようになる夫婦も多いとのこと。歩み寄れないときは問題を放置せず、ぜひカウンセリングを受けてほしいという先生の言葉に励まされました。

西澤 寿樹先生

西澤先生

株式会社はあと・くりにっく代表取締役。戦略コンサルティング会社コンサルタント、金融機関企画部門・システム部門を経てセラピストになる。国際交流分析協会公認交流分析家(心理療法部門)、臨床心理士、公認心理師、厚生労働大臣認定産業カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。共著に『コメディカルARTマニュアル』(永井書店)、共訳に『交流分析による人格適応論』などがある。

@はあと・くりにっく

セックスレスと向き合うために

私たち夫婦はセックスレス──セックスって必要?

私たちは一緒に暮らして十数年以上。20代なかばからつきあっているかな。早送りのような8年。その間、私たちはともに学校に戻りました。キャリアチェンジを...

https://www.mylohas.net/2018/04/165119sexless.html

奥手なの? パンダのセックスレス事情

世界のジャイアントパンダの生息数が少ないのも、セックスをしたいという欲望があまりにも薄いのが一因。中国では、パンダのセックスレス問題、かなり深刻のよ...

https://www.mylohas.net/2019/03/186197sp_sex_nyt_panda.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた