1. Home
  2. MIND
  3. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

セックス学

2,029

0321black-1

臨床心理士の西澤寿樹先生に聞く、「カップルカウンセリング」の基礎知識。前編に続き、後編ではセックスレスに悩む女性から寄せられた5つの質問について、西澤先生にアドバイスいただきます。

3つ目のお悩みは、「マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?」というもの。

【お悩み】
もともと性欲が低めの夫。結婚年数が長くなるにつれ、どんどんセックスが減って焦っています。夫はひとりでは処理しているようで、それにもイライラ。パートナーをその気にさせる有効な手立てはあるのでしょうか?

何が夫の“したくなさ”を形成しているのか、それを探ることがひとつのポイントになります。空気みたいな存在とか、家族になってしまったからできないとか、本質と異なることを言ってくる場合もあるでしょう。

これは、夫が自分の内面を隠している、自分のなかで何が起こっているかを見ようとしないときに、よく口に出す言葉でもあります。

0shutterstock_583827874

経験上すごく大胆な仮説を言うと、一見理由のないセックスレスの原因は、相手に対して怒っているか怯えているか無関心かの3つに1つ。どれかに当てはまると、相手を性の対象として見られなくなるようです。

お悩みに戻ると、その気がない相手を“その気にさせる”ということでいいのでしょうか? その方法が仮にできたとしても、相手には自分に対する性欲や愛情があるのだということを実感できないですよね。

人間って、興味あるものにはマンネリだとは感じません。そして人は毎日同じじゃないし、その時々で全然違います。

0shutterstock_1021844050

『今日は顔色悪いね』といえるだけの観察をしていることが愛情。それが失われると、自分を見てくれない、愛情を感じられないという気持ちになります。

自分が愛情を感じられていないのに継続的に相手には愛情を提供し続けるのは困難なので、一定の水準以下になったときに負のスパイラルを形成します。

願わくば、“興味関心をもって相手を見る”ことで、自分が何か嫌なことをされたときでさえ、“そうせざるを得ない相手の気持ちがピンとくる”というところまで持っていけると理想です。

そういうプロセスがずっと継続して行われていることがふたりの求心力であり、その一環がセックスである、と考えると、関係が変わってくるかもしれません」(西澤先生)

相手をその気にさせるよりもまず、関心をもって相手を見ることがポイント。初心に戻って、相手を見ることこそが、パートナーとのセックスレスを回避し良好な関係をキープする方法かもしれません。

西澤 寿樹先生

西澤先生

株式会社はあと・くりにっく代表取締役。戦略コンサルティング会社コンサルタント、金融機関企画部門・システム部門を経てセラピストになる。国際交流分析協会公認交流分析家(心理療法部門)、臨床心理士、公認心理師、厚生労働大臣認定産業カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。共著に『コメディカルARTマニュアル』(永井書店)、共訳に『交流分析による人格適応論』などがある。

@はあと・くりにっく

セックスレスと向き合うために

パートナーが「したがらない」のはなぜ? セックスセラピストが回答します

セックスレスは増えてきており、その悩みはなかなか相談できないもの。今回は男性が「したがらない」原因や解決法を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/186321sp_sex_pvn_partner.html

セックスがご無沙汰だと膣のうるおいと性欲は減るの? 産婦人科医に聞いた

セックスがご無沙汰になったら? 自分の膣の変化を知っておくと安心かもしれません。

https://www.mylohas.net/2019/02/186106sp_sex_pvn.html

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって