1. Home
  2. MIND
  3. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

セックス学

3,146

MYLOHAS編集部

0321black-1

臨床心理士の西澤寿樹先生に聞く、「カップルカウンセリング」の基礎知識。前編に続き、後編ではセックスレスに悩む女性から寄せられた5つの質問について、西澤先生にアドバイスいただきます。

3つ目のお悩みは、「マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?」というもの。

【お悩み】
もともと性欲が低めの夫。結婚年数が長くなるにつれ、どんどんセックスが減って焦っています。夫はひとりでは処理しているようで、それにもイライラ。パートナーをその気にさせる有効な手立てはあるのでしょうか?

何が夫の“したくなさ”を形成しているのか、それを探ることがひとつのポイントになります。空気みたいな存在とか、家族になってしまったからできないとか、本質と異なることを言ってくる場合もあるでしょう。

これは、夫が自分の内面を隠している、自分のなかで何が起こっているかを見ようとしないときに、よく口に出す言葉でもあります。

0shutterstock_583827874

経験上すごく大胆な仮説を言うと、一見理由のないセックスレスの原因は、相手に対して怒っているか怯えているか無関心かの3つに1つ。どれかに当てはまると、相手を性の対象として見られなくなるようです。

お悩みに戻ると、その気がない相手を“その気にさせる”ということでいいのでしょうか? その方法が仮にできたとしても、相手には自分に対する性欲や愛情があるのだということを実感できないですよね。

人間って、興味あるものにはマンネリだとは感じません。そして人は毎日同じじゃないし、その時々で全然違います。

0shutterstock_1021844050

『今日は顔色悪いね』といえるだけの観察をしていることが愛情。それが失われると、自分を見てくれない、愛情を感じられないという気持ちになります。

自分が愛情を感じられていないのに継続的に相手には愛情を提供し続けるのは困難なので、一定の水準以下になったときに負のスパイラルを形成します。

願わくば、“興味関心をもって相手を見る”ことで、自分が何か嫌なことをされたときでさえ、“そうせざるを得ない相手の気持ちがピンとくる”というところまで持っていけると理想です。

そういうプロセスがずっと継続して行われていることがふたりの求心力であり、その一環がセックスである、と考えると、関係が変わってくるかもしれません」(西澤先生)

相手をその気にさせるよりもまず、関心をもって相手を見ることがポイント。初心に戻って、相手を見ることこそが、パートナーとのセックスレスを回避し良好な関係をキープする方法かもしれません。

西澤 寿樹先生

西澤先生

株式会社はあと・くりにっく代表取締役。戦略コンサルティング会社コンサルタント、金融機関企画部門・システム部門を経てセラピストになる。国際交流分析協会公認交流分析家(心理療法部門)、臨床心理士、公認心理師、厚生労働大臣認定産業カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。共著に『コメディカルARTマニュアル』(永井書店)、共訳に『交流分析による人格適応論』などがある。

@はあと・くりにっく

セックスレスと向き合うために

パートナーが「したがらない」のはなぜ? セックスセラピストが回答します

セックスレスは増えてきており、その悩みはなかなか相談できないもの。今回は男性が「したがらない」原因や解決法を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/186321sp_sex_pvn_partner.html

セックスがご無沙汰だと膣のうるおいと性欲は減るの? 産婦人科医に聞いた

セックスがご無沙汰になったら? 自分の膣の変化を知っておくと安心かもしれません。

https://www.mylohas.net/2019/02/186106sp_sex_pvn.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?