1. Home
  2. MIND
  3. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

セックス学

4,570

MYLOHAS編集部

0321black-1

臨床心理士の西澤寿樹先生に聞く、「カップルカウンセリング」の基礎知識。前編に続き、後編ではセックスレスに悩む女性から寄せられた5つの質問について、西澤先生にアドバイスいただきます。

3つ目のお悩みは、「マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?」というもの。

【お悩み】
もともと性欲が低めの夫。結婚年数が長くなるにつれ、どんどんセックスが減って焦っています。夫はひとりでは処理しているようで、それにもイライラ。パートナーをその気にさせる有効な手立てはあるのでしょうか?

何が夫の“したくなさ”を形成しているのか、それを探ることがひとつのポイントになります。空気みたいな存在とか、家族になってしまったからできないとか、本質と異なることを言ってくる場合もあるでしょう。

これは、夫が自分の内面を隠している、自分のなかで何が起こっているかを見ようとしないときに、よく口に出す言葉でもあります。

0shutterstock_583827874

経験上すごく大胆な仮説を言うと、一見理由のないセックスレスの原因は、相手に対して怒っているか怯えているか無関心かの3つに1つ。どれかに当てはまると、相手を性の対象として見られなくなるようです。

お悩みに戻ると、その気がない相手を“その気にさせる”ということでいいのでしょうか? その方法が仮にできたとしても、相手には自分に対する性欲や愛情があるのだということを実感できないですよね。

人間って、興味あるものにはマンネリだとは感じません。そして人は毎日同じじゃないし、その時々で全然違います。

0shutterstock_1021844050

『今日は顔色悪いね』といえるだけの観察をしていることが愛情。それが失われると、自分を見てくれない、愛情を感じられないという気持ちになります。

自分が愛情を感じられていないのに継続的に相手には愛情を提供し続けるのは困難なので、一定の水準以下になったときに負のスパイラルを形成します。

願わくば、“興味関心をもって相手を見る”ことで、自分が何か嫌なことをされたときでさえ、“そうせざるを得ない相手の気持ちがピンとくる”というところまで持っていけると理想です。

そういうプロセスがずっと継続して行われていることがふたりの求心力であり、その一環がセックスである、と考えると、関係が変わってくるかもしれません」(西澤先生)

相手をその気にさせるよりもまず、関心をもって相手を見ることがポイント。初心に戻って、相手を見ることこそが、パートナーとのセックスレスを回避し良好な関係をキープする方法かもしれません。

西澤 寿樹先生

西澤先生

株式会社はあと・くりにっく代表取締役。戦略コンサルティング会社コンサルタント、金融機関企画部門・システム部門を経てセラピストになる。国際交流分析協会公認交流分析家(心理療法部門)、臨床心理士、公認心理師、厚生労働大臣認定産業カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。共著に『コメディカルARTマニュアル』(永井書店)、共訳に『交流分析による人格適応論』などがある。

@はあと・くりにっく

セックスレスと向き合うために

パートナーが「したがらない」のはなぜ? セックスセラピストが回答します

セックスレスは増えてきており、その悩みはなかなか相談できないもの。今回は男性が「したがらない」原因や解決法を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/186321sp_sex_pvn_partner.html

セックスがご無沙汰だと膣のうるおいと性欲は減るの? 産婦人科医に聞いた

セックスがご無沙汰になったら? 自分の膣の変化を知っておくと安心かもしれません。

https://www.mylohas.net/2019/02/186106sp_sex_pvn.html

    Ranking

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    5. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    6. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    10. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    5. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    6. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    7. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    8. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    5. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら