1. Home
  2. BODY
  3. 花粉症は鼻水・かゆみだけじゃない。のどの痛みを和らげる方法は?

花粉症は鼻水・かゆみだけじゃない。のどの痛みを和らげる方法は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,840

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

薬

花粉症に悩まされている方には、つらいシーズンの到来。鼻水、涙目、かゆみ……不愉快でつらい気分ですね。あ、それに、もしかするとのども痛い?

「ええ、それも実は、花粉症の症状のひとつ。いがらっぽいのどが花粉症に関係しているとは、あまり思わないでしょうが、とてもよくある症状です」と話すのは、カリフォルニアにあるプロビデンス・セント・ジョンズ・ヘルスセンター耳鼻咽喉科医のオミド・メディザデさん。

なぜアレルギーで、のどが痛くなるのでしょう。その理由と、軽減させる方法をみていきましょう。

なぜアレルギーで、のどが痛くなるのか

喉の痛み

image via shutterstock

まず、アレルギーのおさらいを。

何かのアレルギーという場合、身体がその何かに含まれるタンパク質を“異質な侵入者”と見なします。そして、風に舞ったほこりを吸い込んでしまったり、目の中に花粉が入ってきたりしてそのタンパク質が体内に入ると、身体を守ろうとして免疫系が炎症反応を起こすのです。

その炎症反応の一部として、粘液が余分に作られます。粘液はゴミを身体の外に出してくれますが、そのため鼻水や鼻づまりが起きることに。

それだけではありません。「耳、鼻、のどはすべて構造的につながっていますから、どれかに問題が起きると、ほかのところにも影響が出ます」と、ニューヨーク・プレスビタリアン病院のでアレルギー科ディレクターを務める医師のウィリアム・ライザッハさん。

その結果、余分な粘液が鼻水となり、のどの奥に流れてきて後鼻漏[こうびろう]と呼ばれます)、ヒリヒリした刺激を感じるのです。「アレルゲン(アレルギーの原因物質)のせいで、のどの奥の組織に炎症も起こるため、不快感が増すわけです」(メディザデさん)

風邪とアレルギーはどうやって見分ける?

鼻をかむ女性

image via shutterstock

アレルギーも風邪も、のどの痛み、鼻水、鼻づまりといった症状が共通しています。実際に何のせいでつらい思いをしなければならないのか、どう見分ければいいでしょう?

たいていは、症状がいつ始まったかが大きな決め手になります。米国アレルギー喘息免疫学会(AAAAI)によると、風邪は症状がゆっくり出始めますが、アレルギーの場合は、アレルゲンに接触すると間もなく急に現れます

たとえば、屋外でしばらく過ごした後でのどの奥がチクチク、ムズムズしたり、詰まったような感じになったりしたら、おそらくアレルギーです。

「ほかの手がかりとしては、のどの痛みが悪化したとか、ものが飲み込みにくくなった、あるいは熱、寒気、身体の痛みなどが起きたら、たいていは風邪か感染症でしょう」とメディザデさんは指摘します。アレルギーの薬が効かないなら、やはり風邪と思われるサイン

でも、困ったことに、「風邪とアレルギーが同時に起こることもあります」(ライザッハさん)。ですから、何が原因なのかわからないときは、医師に相談しましょう。

アレルギーが原因ののどの痛みを治すには

薬

image via shutterstock

「手始めとしては普通、アレルギー薬がベスト。抗ヒスタミン薬は、炎症をしずめ、全体的に症状を和らげてくれます」(メディザデさん)。イプラトロピウムのような点鼻スプレー、フルチカゾンのような点鼻ステロイド薬も、後鼻漏をやわらげるのに効果的。

自然療法も有効です。温かい塩水でうがいすると、刺激性の粘液を取り除く助けになりますし、水をたっぷり飲む、蒸気を吸い込むなども、チクチク感を和らげてくれます。

当然ながら、何といっても予防がいちばん。なるべくアレルゲンに接触しないようにすれば、症状も起きずに済みますし、のども痛くなりません。

食べ物からアレルギーを緩和したい

花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

真冬の寒い日にはうんざり。暖かくなるのを心待ちにしたいところですが、一難去ってまた一難。今度は花粉に振り回される日々が予想されます。毎年のことながら...

https://www.mylohas.net/2019/02/cure.html

花粉症シーズンに。アレルギー症状の原因を緩和するにんじんポタージュ

花粉症の症状が本格的に出てくる時期は、朝起きた瞬間から一日中、目や鼻がムズムズしたり、くしゃみが止まらなかったり……。 そんな辛い思いをしている方に...

https://www.mylohas.net/2019/03/186501carrotsoup.html

Marygrace Taylor/Is It Normal to Get a Sore Throat When You Have Spring Allergies?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析